霊会話

霊は生きています。霊の心に触れてみましょう。

犬の心

2017-06-18 23:39:22 | 日記
もう、息も絶え絶えとなっていた。

最期に話をしておこうと思った。

一緒に散歩した河原の道。

沢山の小学生に頭を撫でてもらって輝いていた瞳。

お婆さんを見ると立ち止まって見つめていたこと。

食べちゃったお地蔵さんのお供え物。

いろいろな思い出話をしていたら、急に犬が前足を立てて立ち上がった。

そして、口を開けて上を仰いだ。

私の話に必死に応えようとしてくれていると思った。

また寝そべったので、鼻づらにそっとキスをした。

犬は、高速で瞬きをしていた。


心が繋がっていると、与えることしか思い浮かばないのだ。

心が繋がっているだけで満たされているから。

あの、犬の心はどこへ行ってしまったんだろう。

自分の心の中では死なないでいる犬の心が、まだどこかで生きているように思ってしまう。




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 心を大事にする子供 | トップ | 古い友達 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL