霊会話

霊は生きています。霊の心に触れてみましょう。

真・善・美

2017-04-20 00:44:36 | 日記
顔の美しい人には、2通りのタイプに大別されているように思う。

人に美しいと思われていることを感じ取り、中身が伴っていないと言われないように沢山努力する人と
美しいと思われていることを、自分の欲得のために利用する人である。

前者の人は、普通にしていても、「美しいからって思い上がっている」と言われかねないのを知っていて、
謙虚で、人の気持ちに気を付けていることが、一層容姿を美しくしている。
そして、結局、中身で人に評価されている。

スポーツ選手でも、素晴らしいプレイ(技術)を目にすると、
「なんて美しいのだろう」と思うことがある。
やはり、努力に裏打ちされた精妙な姿というものは、心を打つほど美しいものなのではないだろうか。

芸術家や職人の、モノを創り出そうとする気持ちも、
自分に対する厳しさから、より素晴らしいモノが創造されているのだろう。

これは、どんな職業にも通じるものだと思う。

一見、そうと見えなくても、上手く行っているのであれば、必ず隠された努力が伴っていると思う。
そして、人知れず耐え忍び、人のために役立っていることをしているのだと思う。

真・善・美とは、みな同じものなのかもしれない。




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ドラゴンテイル・ドラゴンヘ... | トップ | 毎日が輪廻 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL