United Minds (Strikes Back)

2013年に解散した電子音楽ユニット、SpiSunのWeblog“United Minds”跡地

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

#6 Tetsuya Nishizono “Speak Like a Child” Part.2 〔by ラウド〕

2013-02-22 21:30:21 | Podcasting
2/2

音声はこちら。



〔今月の音楽〕

 今月もまだ新譜を買っていません。


Ogdens' Nut Gone Flake / The Small Faces


Merry Go Round Jailhouse / Serani Poji



〔今月のフットボール〕

 ちばぎんカップは後半だけ観ましたが、まさかの3-0での勝利。岡本の好守に助けられたり、柏のコンディションが万全でなかったのもありますが、シーズン初めに会心の勝利を見させてもらいました。
 開幕前は毎年期待を持っていますが、今年はいつもと一味違うな、と感じております。何としてもJ1昇格を果たしてほしいもの。



〔The Speaker's Notes〕

 突如発作的に思いついた今回の収録。以前から行ってみようと思っていた“楽器の繋げるカラオケ”ですが、音声ファイル制作のいいネタになるな、と一人で踏み込むことにしました。この番組がなければ、行くのはもっと遅くなっていたでしょう。
 2011年、2012年は殆どギターを弾いていなかった私。そのブランクの長さを思い知る結果となりました。ここまで弾けなくなっているとは…猛省しなければなりません。今回の収録は良いきっかけだったと思います。イメージトレーニングだけでは、ギターは上手くなりませんね。当たり前の話ですが。
 音声ファイル内で言い忘れましたが、チューナーはアテにならないので持参した方が良いでしょう。ギターのチューニングが終始甘いのはそのせいです。自分ではチューニングには厳しい人間だと思っているので、あの音は自分でも不本意ですね。勿論今回も持って行くつもりだったのですが、収録前日にKORGのチューナーを紛失していることに気が付きました…あまりのショックで、収録を中止しようかと思ったほど。
 音楽家の末席の人間として、今回の企画は必ずリベンジしようと思います。もう1回やります。

 引き続きゲスト出演してくださる方を募集中です。どうぞよろしくお願いします。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« #5 Tetsuya Nishizono “Speak... | トップ | #6 Tetsuya Nishizono “Speak... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。