United Minds (Strikes Back)

2013年に解散した電子音楽ユニット、SpiSunのWeblog“United Minds”跡地

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

#1 Tetsuya Nishizono “Speak Like a Child” Part4~6 〔by ラウド〕

2012-10-04 20:30:18 | Podcasting
2/2

音声はこちら。

#1 Tetsuya Nishizono “Speak Like a Child” Part.4



3.Tumbleweed Wanderers (Again)
【ヤングなでしこ~国立霞ヶ丘競技場】

 大した写真がありません。



 久々の国立競技場。2009年以来の観戦。 第6節 F東京 vs 千葉 Is It Any Wonder? 〔by ラウド〕
 だけどホーム席に入るのは、何と2005年ナビスコカップ決勝以来。地理的には最寄のスタジアムのはずなのに、すっかり縁が遠くなってしまった。


 カテゴリー2は混み合うするという情報があったため。カテゴリー3を購入。
 どちらにせよ大混雑であった。当初の予定通りカテゴリー2で良かったように思います。


 最後までダレる事もなく、歌い続けたナイジェリアのサポーターたち。


 ヤングなでしこ、準決勝でドイツの前に完敗。スコア差以上に完成度の違いを実感させられた試合でした。しかし、この経験は必ず今後に活きるでしょう。
 この数日後の試合でナイジェリアと対戦した彼女達は、3位決定戦で勝利。堂々のブロンズメダルを獲得して大会を終えることになりました。



4.今月のフットボール

 ジェフが今年も昇格戦線の激しい争いの中で苦しんでいます。
 育てながら勝つのが難しいのはわかるのですが、それでもあまり気長に見てもいられないのではないでしょうか。我々サポーターがじっくり腰を据えてチームを育てるという覚悟が出来ても、スポンサーや気軽な気持ちでスタジアムを訪れてくれる方々が同じように考えてくれるかどうか…。



〔The Speaker's Notes〕

 最初に地元で録音した音声を編集していて、先行きがかなり不安になりました。
 自分では伝えたい事があって、それを順序立てて話しているつもりでも、後から聴いてみると話の内容があちこちに飛び回っていたり、話を理解してもらうために不可欠な要素を話し忘れていたり、不意のアクシデントなどで他の事に気を取られたり、録音状況や自分の滑舌の問題で聞き取り難かったり…。
 録音したものを客観的に判断すると、何を言っているのか、何を伝えたいのか、殆どわからないものになってしまいました。はっきり言って酷いです。申し訳ありません。
 国立競技場で録音したものは、基本的には目の前で起こっている事を伝えているだけなので、幾分地元でのものに比べればまともですが…。

 基本的には、二つの理由からゲストの存在が今後は不可欠だと感じました。
 まず、話が伝わりやすくなる。少なくとも二名以上で喋る事で、状況説明などを補完しあえる。
 そしてこっちは身も蓋もない話ですが、独り喋りの怪しい人物だと周囲から認識されないですむ。これに関しては電話をかける振りをして凌ぐ、などの対応策も考えましたが、やはりレポート口調で喋る事自体に周囲の人は強い違和感を覚えるようです。それが例えどれだけ声色を潜めたものであっても。
 特に国立競技場の帰り道、信濃町方面から市ヶ谷を目指す道すがらに感想を述べている時には、前を歩いていた初老の紳士が突然立ち止まり、心底不思議そうに私の顔を覗き込んできました。暗闇で独りごちる異常者だと思われたでしょうね…。

 というわけで、ゲストの方を大募集しております。メール、コメント、何でもいいので立候補していただけると幸いです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 新企画 〔by ラウド〕 | トップ | #1 Tetsuya Nishizono “Speak... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。