United Minds (Strikes Back)

2013年に解散した電子音楽ユニット、SpiSunのWeblog“United Minds”跡地

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

#4 Tetsuya Nishizono “Speak Like a Child” Part.1 〔by ラウド〕

2013-01-31 22:50:07 | Podcasting
1/3

音声はこちら。



〔Tumbleweed Wanderers〕

【江戸川橋~椿山荘】


 途中立ち寄った商店街にあった、昔ながらの玩具店。随分と懐かしい品が残っていました。


 こちらも大物、携帯用麻雀セット。マットと牌が同梱されている品らしい。そこまでして麻雀したいか。


 訪れた時はちょうど閉店セールの真っ最中。また昭和の香りを残した商店が消えてしまうようです。


 店の中には、スターウォーズのフィギュアも国内版が新品でラインナップ。喜び勇んで購入しました。思いっきり地味な面子ですが。


 おかげさまで、我が部屋の“スターウォーズの壁”も一応の完成を見ました。


 この日の夕食はこの店で。狭い店内で啜る、気合の入ったニラ炒めラーメンが美味い。出版業界では意外と有名なお店らしいです。


 写真が暗くて心霊写真のようですが、徳川慶喜邸跡地。今回はこのように暗くて使えない写真ばかりです。ご了承ください。


 跡地は現在このような大学に姿を変えています。しかし暗い。


 坂の下に一直線に伸びる道。


 こんな名前の坂でした。暗すぎて全く読めません。


 途中立ち寄った神社。綺麗に掃除が行き届いていました。


 目白の伝統的な大学生寮、和敬塾。一時期村上春樹も入寮したらしい。もはや暗すぎて何の写真だかわかりませんね。


 約10年前、この散歩コースを歩いている当時から我々の話題の的であった謎の洋館。これまた暗すぎて何がなにやらですが、これはカット出来ませんでした。


 『ブラタモリ』でも取り上げられた胸突坂。暗いなりに風情はありますね。ボケてますが。


 看板。ごみ集積場になっているようです。


 最終目的地である椿山荘。山縣有朋に想いを馳せつつ、今回の旅は終わりました。


 あまりにも使える写真が少なかったので、後日撮影してきました。


 神楽坂近くの横寺町(よこてらまち)、細い路地に日本家屋が醸す時代の香り。マンション建設反対運動などがあったのも頷けます。


 一角ではコーヒーを売る人もいたり、お洒落カップルが訪れたりで、静かな人気スポットのようです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« #4 Tetsuya Nishizono “Speak... | トップ | #5 Tetsuya Nishizono “Speak... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。