United Minds (Strikes Back)

2013年に解散した電子音楽ユニット、SpiSunのWeblog“United Minds”跡地

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

Madness,madness,they call it madness...(補足) 〔by ラウド〕

2006-09-12 22:39:39 | Music



前回アンコールの曲を解説できなかったので、補足として。

Madness(『One Step Beyond...』収録)
バンド名となったプリンス・バスターのカバー。ちなみにこのライブ・レポートのタイトルもこの曲の歌詞から取っている。
マッドネス自身が思い入れの強い曲だけに、アンコールに持ってきたのも納得。またしても暴走者が多数出る盛り上がり。
この曲の始めに、サグスがタイトルのスペルを手でジェスチャーするのだが、アンコール開始直後の混乱でオーディエンスは気付くのに時間が掛かったようだ。Fは慌ててサグスに続いたが、不完全燃焼。「いつもTVの前で合わせていたのに…」と後で悔しがっていた。

Night Boat to Cairo(『One Step Beyond...』収録)
バリトン・サックスの汽笛に導かれ、AXはマッドネスが操る船へ。会場全員でタイトルを叫べば、もう止まらない。4曲入りEPにも収められた名曲。
 この曲も大好きなのでもっと本能のままに盛り上がりたかったけど、実際は足を踏まれないように気を遣わなければならず、それに集中を削がれたのが残念。

In the City(シングル、ベスト・アルバム等編集盤のみ収録)
そしてついに、満を持して演奏された、日本で一番有名なマッドネスのナンバー。本人達出演のHONDA CITYのCMソングとして、当時一世を風靡した曲である。(ようつべで見られますよ)
アンコールの始めに「We need the “CITY”!!」と叫んだ人がいたけど、まさにオーディエンスの気持ちを代弁していたのであった。
(ちなみに、「Michael Caine!!」と言った人もいたようですな。確かに聴きたかった。僕も「Lovestruck」と叫べば良かったかな…)
さすがにやらないわけにはいかないでしょう、などという小癪な気持ちは、まさかやらないだろう…という素直な驚きの前に、いとも簡単に敗北するのであった。
マッドネスにしてみれば、極東のちっぽけな国で流行った単なるシングルB面曲に過ぎないのだろうけど、その国で待ち続けていた人達の事はしっかりとわかっていたのである。僕はこの曲をリアルタイムで聴いていたわけではないけれど、これを実際に目の前で聴くということに万感の思いを抱かないわけにはいかないのであった。
だから演奏の甘さを指摘する人も多かったけど、僕としてはそこには全く気付かなかったのである。



ライブはこのあと、『Absolutely』収録「Take it or Leave it」を流して締め。忘れえぬライブを体験して半ば放心状態の僕らであった。


(まだまだ続く…)
ジャンル:
ウェブログ
コメント (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« BELLE AND SEBASTIAN『Tigerm... | トップ | リアルタイムのあの懐かしき8... »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (cloud9)
2006-09-13 00:42:16
やっぱりライヴは観に行ってこそ体感できるものですね!私も一昨年の夏に観に行った”THE WHO”初来日公演の時は感動を通り越して泣きましたよ~ 追伸:しかしながらラウド氏が語る”Madness”は熱いなぁ~(爆)
Unknown (ミカ・ラウド)
2006-09-13 01:43:42
Cloud9氏のThe Whoへの想いも相当熱いですよw『Tommy』はありがとうございました。
ダーニが来日するようなことがあったら、是非ご一緒したいですね。
Unknown (cloud9)
2006-09-13 23:12:52
ダーニが来日したら是非一緒に観に行きましょう!と言うか我々のバンドとダーニとの共演ということでいかがでしょうか(笑)
Unknown (エドゥ)
2006-09-15 16:31:01
サグス???ライアン・ギグスの弟???
ミュージシャンだったんだ、へぇ~。
ギグスといえば、先日のセルティック戦の負傷で全治3週間。パクくん戦線離脱も重なり、早くもいや~な空気が充満しそうな気配が濃厚。
それはさておき「ライアン」で思い出したけど、
今後のオランダ代表を担うであろう逸材ライアン・バベル。オランダ好きを自称するあなたのような方々には是非とも覚えておいていただきたい期待の新星。それにしてもスナイデルやフンテラールといい、アヤックスにばっかり有望な若手が集まるのはなぜなんでしょう。
Unknown (ミカ・ラウド)
2006-09-18 23:16:56
>>cloud9さん
それはいいですね、ぜひぜひw

>>エドゥ・マランゴンさん
サッグスとギッグスは何の関係もありません。サッグスの本名はグレアム・マクファーソンです。
オランダはクライフとキットが好きなだけなので…アヤックスは育成システムが素晴らしいからでそ。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。