United Minds (Strikes Back)

2013年に解散した電子音楽ユニット、SpiSunのWeblog“United Minds”跡地

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

SpiSun

2026-07-02 00:00:00 | SpiSun
 ここは音楽ユニットSpiSunの公式ブログです。

 SpiSunは2013年7月をもって解散しました。
 今まで本当にありがとうございました。



 メンバーの活動は、以下のウェブサイトにてご確認ください。


ジョニー馬論
 未定です。

ミカ・ラウド(西園哲也)
 (Revenge of the)United Minds
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Weblog移転について

2014-07-01 00:00:00 | SpiSun
 お久し振りです、ミカ・ラウドです。
 まさかこの旧United Mindsをもう一度更新するとは思いませんでしたが、想定外の事態が起きたため今一度記事を書きます。


 既にここを訪れた方ならご存知でしょうが、ぷららbroachがブログサービスを2014年6月30日をもって終了しました。よって、ぷららbroachのサービスを利用しているブログは全て閲覧不能になっており、当然我々のUnited Mindsも同様です。

 既に更新が停止したUnited Mindsですが、私の個人ブログ「(Revennge of the)United Minds」でも度々過去の記事にリンクを張っており、そうした利用法が出来なくなるのは非常に困ります。何より、我々スピサンが書いた記事が完全に消えてしまう事を放置するのは、全く本意ではありません。
 よって、新たな記事を書く可能性が非常に低いブログではありますが、以上のような理由から移転する事にしました。

 移転先に推奨されていたgooブログだけあって、概ねスムーズに移転作業が完了したようです。全ての記事を確認したわけではありませんが、これといった異常が見受けられないように思います。
 ただし、一つだけ留意点があります。それは、このブログ内でのリンクが機能していない事です。つまり、この「United Minds(Strikes Back)」の記事中から同ブログ内への記事リンクがあった場合、全て消滅済みのぷららbroachのURLに飛んでしまうという事です。
 私の個人ブログからこのブログへのリンクは全て修正しましたが、こちらを全てチェックする余裕がありません。どうかご了承下さい。
 消滅済みのリンク先に飛んでしまった場合は、かつてこのUnited Mindsがぷららbroachの地にあった事を思い出し、過ぎ去りし日々に思いを馳せていただければと思います。


 それでは、今は無きSpiSunの歴史を、引き続きこのブログで感じて下さい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今後の活動について 〔by ラウド〕

2013-07-01 23:50:51 | SpiSun
 今後の我々の活動について、私ミカ・ラウドがご報告させていただきます。
 音楽ユニットSpiSunは、2013年6月いっぱいをもって解散します。


・解散の理由

 音楽的な方向性に相違、というありがちなものではありません。私と馬論は、これほど音楽的趣味の面で共鳴しあえる人間をお互いに知りません。
 また、メンバー間の不仲でもありません。私にとって馬論は、人生で数少ない親友と呼べる人物ですし、それは今後も変わりません。
 あくまで、SpiSunとして音楽そのものを続けられる状況ではなくなってしまった事が原因です。

 活動の新たな方向性を見出すために開始したこのブログですが、それ以降から我々の活動がフェイドアウトしていったのは皮肉という他ありません。
 2008年に『Technicolour』を発表した後に我々が沈黙したのには、様々な要因があると思います。
 私は“音楽活動に集中していなかった”事、馬論は“『Technicolour』の完成で、ある程度電子音楽を作る事に達成感を感じてしまった事”が挙げられますが、最大の理由は“日々向かってくる現実に対処する方法を見出せなかった事”に尽きるのだと思っています。

 まだまだSpiSunとして表現したい事は山ほどあります。ここで解散するのは本意ではありませんが、我々の歩む道は分たれてしまった。今は進むべき未来へと、互いに歩き出すだけです。

 解散については、5月の時点で決まっていました。ですが、互いに様々な準備が不十分である事を理由に、発表の時期に関しては私に一任されました。
 ブログ開設日の7月1日が近い事、ユニットの正式な結成も7月だった事、そして何より我々の結成当初のコンセプトは「ハウスミュージックで夏の歌をやる」事だったので、夏に始まり夏に終わるのが道理ではないかと考え、このタイミングでの発表となりました。


・メンバーの今後の活動について

 ジョニー馬論は、ひとまず音楽活動から引退します。曲作り、演奏活動は部分的には続けるかもしれませんが、本格的に復帰する見通しは全く立っていません。その可能性があるとしても、かなり先の事になるでしょう。

 ミカ・ラウドは、今後も活動を続けていきます。ひとまずはソロでの音源制作が目標になりますが、ユニットやバンドに興味があります。詳しくは新ブログで告知させて頂きます。


・今後のブログについて

 United MindsはあくまでSpiSun名義のブログです。私一人で更新するつもりはありません。
 2007年1月以降、馬論は記事を書いていません。確かに、それ以降は私が一人で更新してきたのは事実です。しかし、記事タイトルには必ず「〔by ラウド〕」と付けてメンバーの一人である事を強調してきました。
 ここをそのまま私の個人ブログに移行するというのも一つの手段ではありますが、ここまでの私のこだわりを無に帰すような事はしません。我々二人で始めたブログですから、あくまで二人名義のままで終わらせます。
 ブログ自体は消去せずに残します。それなりに苦労して書いてきたものですし、思い出も詰まっています。何よりきっと、過去の記事を今後も引用したり参照したりする機会も多いはずです。

 ミカ・ラウドは、新たな個人ブログを開設しました。
 今後もお付き合いくださる方は、こちらをよろしくお願いいたします。


 今まで本当にありがとうございました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

#10 Tetsuya Nishizono “Speak Like a Child” Part.1 〔by ラウド〕

2013-06-30 11:11:56 | Podcasting
1/2

音声はこちら。



〔Tumbleweed Wanderers〕
【池袋】


JR池袋駅東口を出たところにあるグリーン大通り。ここから練習スタジオに向かって歩いていきます。


我々のバンドが本拠地にしていたスタジオペンタ。


我々がここに通っている頃、このスタジオの隣はコンビニで、飲み物などを買ったりしていたのですが、現在は大学のキャンパスになっているようです。通りで若者の行き来が激しいわけだ…。


スタジオ内部に侵入。10年以上ぶりにスタジオの中を見ることが出来ました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

#10 Tetsuya Nishizono “Speak Like a Child” Part.2 〔by ラウド〕

2013-06-29 23:10:22 | Podcasting
2/2

音声はこちら。
#10 Tetsuya Nishizono “Speak Like a Child” Part.2



〔Tumbleweed Wanderers〕


バンド練習後、ほぼ毎回のように通っていたラーメン店“屯ちん”さん。あの頃と変わらず旨かったです。


21世紀に入ってからオープンし、我々スピサンに衝撃を与えたディスクユニオン池袋店。我々のCDコレクター歴はこの店から始まったといっても過言ではありません。


池袋駅東口前も、あの頃とは変わっていないようで相違点が結構あります。時代は流れる。


駅ビルに入っているこのパルコ、そして隣にあるP'パルコにもよく通ったのですが、あの頃とは入っているテナントがまるっきり違うので、今回は寄りませんでした。



〔今月の音楽〕


Magnetized / Johnny Hates Jazz


Be / Beady Eye



〔The Speaker's Notes〕

 6月も終わりかけていますが、ギリギリで何とか間に合いました。
 今回は、今から10年前に解散した我がバンドの思い出を振り返り、当時の練習日の様子を一人で再現してきました。時代が近い分、幼少時の思い出を振り返る回以上に後ろ向きな企画でしたね。
 ただ、個人的には夏に入る前にどうしてもやっておきたい事でした。過去を再確認し、清算する。来月から改めて前に向かうには、どうしても必要な作業でした。いつも以上にパーソナルな回ですが、だからこそ今月中に間に合って良かったと思っています。

引き続き出演して下さる方を募集しております。どうぞよろしくお願いします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加