「住宅リフォーム」「建築塗装」に特化したコンサルティング

訪販会社は工事部を持ち塗装業者は営業部を持つという自社完成型を目指す営業指導。

訪販会社「質問&回答」コーナー

2017-08-10 18:38:03 | 創業、営業、経営
住宅リフォーム、建築塗装
訪販会社「質問&回答」コーナー

一発で契約を取る方法
いいですか、塗装の必要な所は築15年~18年でしょ、自己所有の家を持っている人は100万位誰でも持っています、それと15年~18年間住宅ローンを滞りなく支払ってきたのです。

1度でも支払いを遅滞すればすぐに銀行は競売にかけます、つまり、信用があるという事です。

では、何故工事を躊躇うのかと言えば、天秤を思い浮かべてください、例えば100万円の工事=100万円のお金、これで均等がとれているのです。

人がものを買う時と言うのは必要性と欲求です、必要であればお客様は探しても買うのです、だから営業マンはいらないのですが、欲求は営業マンのトークスクリプトの組み立てです。

だから、欲しいと思わせなければならないのです、その二つで契約は決まる筈ですが、もっと強力な方法があります、それは「恐怖」です、この言葉はビジネスにおいては何も恐ろしがらせるものではありません。
 
ここで気付いた人は優秀です、その通りです、お金が100万円無くなる事に「何かあった時には困る」とお客様は考えるのです、だから断るのです。

その点を解決してあげればお客様は誰でも契約はするのです、考えて見てください、私が今まで順序良く投稿しています、そうです、「金利が安くなる方法」と「税金が安くなる方法」です。

私が今から22年前に住宅リフォームを資金ゼロで創業し、初年度4,000万円を売上、2年後には6,000万円年間売上げたのは「借換」を考え実行した結果、借換で200万円の返金があり、壁瓦塗装130万円で残りの70万円で車を買換えた人もいます。

今でこそ銀行は借換を勧めていますが当時は誰一人そのような事を考える人はいなく、銀行も驚いていた位です。

話を戻しますが、100均で買ったフアイルに私が以前投稿していた病気などのニュースを8枚にして後の2枚がセールスをするのです、それは先程述べましたが、「税金」と「金利」です。工事をすれば「所得税」「相続税」「贈与税」等が控除されるのです、また、65歳以上の人を雇用すれば「助成金」が出ます。

どうですか?これで天秤の傾きは100万円が下まで下がらず、お客様の負担は他社にお願いするより軽滅されるのです。結果ポータルサイトで施工した人は「何で教えてくれなかったの」と感謝が薄れます。

その方法は、此処のブログで紹介しています、天秤のイラストが載っていますので直ぐに判ります。もっと詳しく知りたい「訪販会社」の営業マン、現在「質問&解答集」で無料で受付けています、お盆迄ですので早めの行動をするべきです。

質問は
assistforattain@gmail.com
即「回答」します。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Partners of Progress会員募集。 | トップ | マーケティング・定量分析 »

コメントを投稿

創業、営業、経営」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。