「住宅リフォーム」「建築塗装」に特化したコンサルティング

訪販会社は工事部を持ち塗装業者は営業部を持つという自社完成型を目指す営業指導。

貴方でもなれますSuperstar 超簡単住宅リフォームの稼ぎ方Ⅲ

2016-11-12 11:18:52 | 創業、営業、経営
貴方がお金を稼ぎたいと思った時に、どのような方法でその思いを叶えますか?貴方の考えている事が確実に成功するという判断基準は何ですか?全ての人が成功する事はありません、山の頂点に立つ人は一人です、その裾野に広がる数多くの失敗者のお蔭で頂点に立つ事が出来るのです。


私も現在6か所のブログで記事を投稿していますが、見る人は多いです、それは興味があるからであって、例え「良い事を知った」としてもそれを実施してみなければ結果は判りません、「見るだけ」の人は無料で知識を得たというだけで負担がなく、それに伴い被害もありません。


だから何時まで経っても「見ているだけ」で効果を発揮できないのです、それは例え貴方が一流と言われる人の講義を受講したとしても、それは授業であり、講師になるのであればともかく、それ以外には効果はありません。


効果を得る為には実践と言う行動がなければ結果は出現しません、しかし、行動を起こせば経費という負の部分が付き纏います、例え経費が掛からないネット関連だとしても収益が発生しなければ、その間マイナスとなり生活も出来なくなる、と言う事です。


この点を考えていない人がどれだけ多い事か、その人達が頂点に立つ一人の成功者を支えているのです、それもその事を実施しても必ずしも良い効果が表れるという保証はないのです。


そこで、必ず成功するという確実性のある方法は何か?と言う事になりますが、それは、「お客様ファースト」これなしでは成功する事はありません、逆に言えばお客様の為になる事を一番に考えていれば良いのです、この事がどんな業種でも大事な判断基準ですので、その事を忠実に守っていれば失敗する事はありません。


もし、貴方がネット関連の仕事をする場合例え経費が掛からないとしても、上記の述べた様に収益が上がらなければ生活費と言うマイナスが発生し、その穴埋めに借金と言う補うものが必要となるのです「やらなければ良かった、普通通り会社勤めをしていれば良かった」と「後悔」と言う恐怖のシナリオが待ち受けているのです。


これは何もネット関連に限らず、どんな事業でも中小企業の生存率は5年で約14社、10年で倒産確率90%となっています。


「経費を掛けない」のが起業の鉄則だとしてもそれも駄目だとしたなら、この解決策はどうしたなら良いのでしょうか?それは早急に売上を上げればその収入から月々の生活費や諸経費を支払う事が出来るのです。


そこで、その解答である「お客様ファースト」の方法となりますが、今から述べる方法に該当しない業種は危険度が強いという事ですので気を付ける必要があります。


先ず「お客様ファースト」と考えた場合、例えば瓦壁塗装だとしたなら100万円位しますので、その何年も掛かって100万円貯めた、その期間と工事後の見栄えのする我が家を比較してその価値が上なら無くなったお金が惜しいという気持ちは遠ざかります。


でも、それは工事後でないと判明しません、その為には工事前、即ち契約時にお金がなくなる恐怖を取り除かなければなりません、つまり、「支出を少なくして収入を増やす」それが「お客様ファースト」ですから、支出を少なくする為には住宅ローンの借換えをすればその金利の差で無償で工事は出来るとしても、殆どの人が今では借換え済みだと思います。


住宅リフォームならば税金の控除や優遇税制があるとしても、瓦壁塗装ではそれに該当しないので、ここでは収益の方を考えます、それは「顧客紹介システム」で一人、知合いや親族の方を紹介して貰えばその工事金額の10%の収益が発生しますの、工事金額が100万円の場合10万円の値引きと同様になります。


それに加え業者にはキャンペーン期間と言う事で「お米家族1年分プレゼント」74,000円と言う事にしていますのでお買得となります。


私ならこのような提案をしますが如何でしょうか?まだまだ、方法はいくらでもありますので次回にその方法を披露します。


お問い合わせは
assistforattain@gmail.com
082‐824‐8560
Consultancy Shirasaka

「下流老人をなくす会」
広島県広島市安芸区4丁目37-13-7
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 人生の目的は「仕事を続ける... | トップ | ☆高齢者向けサービスの問題(... »

コメントを投稿

創業、営業、経営」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。