「住宅リフォーム」「建築塗装」に特化したコンサルティング

訪販会社は工事部を持ち塗装業者は営業部を持つという自社完成型を目指す営業指導。

教えましょう「永遠に勝ち続ける方法」をⅡ(訪販会社編)

2017-07-31 10:38:55 | ニュース
住宅リフォーム(訪販会社)
そのやり方は間違っています

教えましょう「永遠に勝ち続ける方法」をⅡ

営業マン教育(個人指導、実践)
顧問サポート料、20名迄、月々5万円

これからの訪販会社に求められるのは差別化です、大手を筆頭にライバル会社が多くとても今までの販売方法では太刀打ち出来ません、だからと言って従来通りの販売方法では、悪い噂が広がり最終的には会社の消滅を免れる事は不可能でしょう。

指導力のない上層部が、昔ながらの精神論で常に営業マンにプレッシャーを掛け続ければ定着率も悪く絶えず募集をしている状態になり会社の発展は望めません、確かに実働ゼロなら朝礼で吊し上げ自分から辞めて行く方法に舵取するのは営業マンは実力の世界であり「実力のない人は去れ」と言う方針もあるでしょう。

でも、その締め付けが無理な契約に結び付き消費者センターの相談件数に加担する原因となり、それは不名誉なことである「悪徳業者」と言う汚名を被る事になるのです。

訪販会社と言うのはどんな方法でも契約を取ればスターです社長でも機嫌を取ってきます、その反面契約が全てであり落ちこぼれた人は悲惨な状態に置かれます、これでは浮かばれません、そして、会社内では個人戦だとしてもライバル会社との戦いは団体戦なのです、この団体戦に勝たなければテリトリ失う破目になり会社の存続に影響を与えます。

だから大事なのは会社内の戦いではなく外に目を向ける必要があるのです、大手ならネームバリューもあるでしょう、でも大手が必ずしも勝つと言う事はありません、大手が常に勝つのであれば零細企業はいらない筈です、所がどうですか住宅リフォームに限らずどんな業種でも零細企業は生き残っています、それは何故でしょうか?

郊外に広い駐車場を持ち何でも揃う大型ショッピングセンターなら1週間分の食料等まとめ買いするのには便利だとしても、洗剤がない洗濯が出来ない時には近くのスーパーを利用する筈ですそれと同じです、大手リフォーム会社だけでなく貴方の会社も必要性があるのです。

それは地域に蜜着した営業活動となり、先ずテリトリ内全てを自社の顧客とするのです、その為にはどうしたなら良いのでしょう、私なら建築設計事務所、パースを描くデザイン事務所、ファイナンシャルプランナーと提携しますが如何でしょうか?

詳しくは下記にお問い合わせください
assistforattain@gmail.com
082- 824- 8560

営業プロ集団「Club big1 status」
広島県広島市安芸区矢野東4丁目37‐13‐7
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 教えましょう「永遠に勝ち続... | トップ | 教えましょう「永遠に勝ち続... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。