「住宅リフォーム」「建築塗装」に特化したコンサルティング

訪販会社は工事部を持ち塗装業者は営業部を持つという自社完成型を目指す営業指導。

健康診断「B判定」が一番危ない! ひそかに病気が進行? 血清脂質、血圧、血糖値がB判定でも心臓病の危険が31倍に!?

2016-11-08 11:50:51 | ニュース
ダ・ヴィンチニュース 11/8(火) 6:30配信

 読者は健康診断をきちんと受けているだろうか。『健康診断 その「B判定」は見逃すと怖い』(奥田昌子/青春出版社)によると、健康診断でB判定をもらった人こそ、普段の生活習慣を見直し、自身の健康と向き合ってほしいという。B判定は経過観察という意味だが、この経過観察は「現状維持で良い」という意味では全くない。

B判定には「隠れ糖尿病」「隠れ高血圧」などの予備群がまぎれこんでおり、数年後には、B判定のうち4人に1人が糖尿病に、2人に1人が治療を必要とする高血圧に移行しているのだ。B判定とは、病気のベルトコンベアに乗った状態であり、そのまま「現状維持」してしまうと、どんどんベルトコンベアの奥深くへ進み、病気になってしまう。

本書は、健診医として20年間で20万人以上診てきた京都大学医学博士の奥田昌子氏が、B判定の恐ろしさと健康になるための方法を紹介している1冊である。

 メタボリックシンドロームを知らない方は少ないだろう。病気の総合デパートになってしまう不健康な体のことだ。メタボの診断基準は「内臓脂肪の蓄積に加えて、高血糖、脂質異常症、高血圧のうち、2つ以上あてはまる状態」だそうだ。上記の3つは、ちょっとばかり基準値を超える程度なら、経過観察ということでB判定が出る。

つまり、血糖値と血圧がB判定であり、内臓脂肪が蓄積されていたら立派なメタボなのに、B判定という安心にも似た診断結果によって、メタボという事実が薄れてしまう。「内臓脂肪の蓄積なし&全てA判定の人」と「内臓脂肪の蓄積あり&3つ全てB判定」の人を比べると、心臓病の危険が31倍にふくれあがるという。B判定の恐ろしさが伝わっただろうか。

 心電図がB判定の人も注意した方がいい。まず、心肥大と高血圧の人だ。心肥大とは、心臓の壁が分厚く硬くなった状態を指す。確かに心肥大は高血圧が引き金となるが、血圧がB判定程度で心肥大になるのは考えにくいそうだ。別の心臓病の可能性か、もしくは「仮面高血圧」かもしれないという。

「仮面高血圧」とは、起床したときだけ異常に高血圧になったり、仕事やストレスを感じた瞬間だけ異常に高血圧になったり、健康診断だけでは測れない高血圧の症状のことだ。「仮面高血圧」なら心肥大になる可能性も十分考えられる。このB判定を放っておくと、悲しい人生の結末を迎えることになる。

また、頻脈と貧血の人も注意すべきだ。貧血をなめている人が多いが、心臓は酸素不足を補うために必死になって拍動を増やし、酸素を全身に送り届けようとしている。頻脈であり、貧血の状態を続けると、やがて不整脈や動悸が起こるようになり、心臓の機能が低下して、最悪の場合、死に至る。貧血は、ありふれていながら正しい知識が広まっていない病気である。

 本書では、まだまだ恐ろしいB判定の事例を述べているが、キリがないので、今回はここまでとさせていただく。健康診断でB判定をもらった方は、ぜひ本書を手にした方がいい。もっと言うなら、健康診断すら行けていない人は、今すぐ受けに行った方がいい。医学を持たない素人が考える健康とは、とてもあいまいなもので、失わないと気づけないからだそうだ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「相続対策」=もめないため... | トップ | <18歳成人案>パブコメ「... »

コメントを投稿

ニュース」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。