晴耕雨読ときどき・・・

超初心者のガーデニング。北海道の山野草の庭。

雨水タンク設置、雨樋アレンジ、ムクゲの土壌pHが・・・

2017-07-29 20:25:22 | 花木

きのうはかなり雨が降った。

きょうは水やりの必要はない。

草刈りもそう切羽詰っているわけでもない。

枕木にまともに水がかかるようになっていた裏の雨樋を角度を変えて、延長して、砂利に流れるようにした。

土砂も土が出るまで掘り起こして、砂利に入れ替えた。

                         -

酒樽型雨水タンクを、家の正面に置いて見たら、やっぱり不細工。

それで、東側の側面に置くことにした。

雨樋にビニルテープを巻いて、パイプカット用のノコで切断した。

取水装置を取り付けた。

タンクがいっぱいになると、それ以上水はタンクに流れ込まず、下に排水される。

冬は取水装置ごと取り外しておいた方が良さそうだ。

そのとき雨樋を接続しなおす部品はHomacに売っていた。

                        -

おとつい植えたムクゲの中の大きな苗が元気がない。

土壌PHを測ってみたら、4以下とかなりの酸性。

貝殻由来の有機石灰を追肥したのだが、この有機石灰もひどい酸性。

どうなってる?

どうやらピートモスが入った「畑の土」がPH4と、強酸性だったようだ。

なんとか中和した方が良さそうだ。

しかし、自家製堆肥もPH5程度。

苦土石灰を買って来た。

今度、様子を観て撒いてみる。

『ガーデニング』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 石・堆肥運び、ロックガーデ... | トップ | カーテン確認、水やり、町保... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

花木」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。