晴耕雨読ときどき・・・

超初心者のガーデニング。北海道の山野草の庭。

薪棚

2016-10-18 19:25:39 | 薪仕事

おとつい塗装した2×4材を組んで薪棚を作った。

両側のフレームだけは家で組んで、あっちへ持っていった。

Homackでブロック4個を買った。

中間用に半切のブロックも2個買ったが、これは高さがちがうので役立たずだった。

ドリルで下孔をあけてからコーススレッドをねじ込む。

プロはそんな面倒なことはしないのかもしれないが、そこは素人初心者、基本に忠実に。

75mmのコーススレッドを使っているし、インパクトドリルがつかえて垂直に当てられない部分があったが、なんとかなった。

2×4材がけっこう反ったりねじれたりしているのがあった。

まあ、こんなものなのだろう。

ビクともしなくはなった。

薪を満載にしたり、下の段に薪が入っているときは良いが、上の段だけになったり、薪棚が空になると風に弱いと思う。

まあ、初めて作ってみて大きさや頑丈さのイメージもつかめたし、作業手順もわかった。

12ft材は運ぶのもたいへんだし、基礎もちゃんとしなければいけないので、とりあえずこのサイズの薪棚をいくつか作ることにしよう。

あとは屋根をつけなきゃ。

                        -

片方の栗が黄葉していた。もう1本はまだ緑。

栗の実は・・・・実はスカスカ。

モモ栗3年、カキ8年。って言うしね。再来年以降に期待だな。

『ガーデニング』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« シラカバ運びだし、薪棚資材... | トップ | 薪棚1号完成! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。