ISOな日々の合間に

土曜日は環境保護の最新の行政・業界動向、日曜は最新の技術動向を紹介。注目記事にURLを。審査の思い出、雑感なども掲載。

日本GTL技術研究組合は天然ガスから石油製品の製造技術にめど

2012年01月29日 | 週間ニュース:ピックアップ
注目ニュース:120122-120128

●(経1/28企業11) 国際石油開発帝石,日鉱日石エネルギーなど6社の日本GTL技術研究組合は天然ガスから石油製品の製造技術にめどと発表 (GTL;ガスの液化)
http://www.nippon-gtl.or.jp/pdf/nippongtl.pdf

◎(刊1/27科学技術27) 物質材料研究機構は油や有機溶媒を高速でろ過できるフィルターを開発,多孔性アルミナ基板にダイヤモンドライクカーボン
http://www.nims.go.jp/news/press/2012/01/p201201270.html

●(刊1/26表紙1) パナソニックは超音波センサーを使って異常を検出する製品音検査システムを開発,動作時発生音の周波数を解析し検知

◎(刊1/26素材13) 三菱マテリアルは結晶型シリコンの100分の1のシリコン使用量で塗布成膜可能な太陽電池電極用インクを開発

◎(環1/25表紙1) 環境新聞は雨水利用の熱交換システムが脚光,貯留槽や浸透施設から空調や給湯に利用する動きありと,古河電工を紹介
http://www.furukawa.co.jp/hydro/sprinkle_water/

◎(刊1/25表紙1) 日本原子力研究開発機構の研究グループは食品の増粘剤に使われるポリイオンを使い土壌中の放射性セシウムを9割除去に成功 (ポリイオン;水にとけて電荷をもつ高分子材料)

◎(刊1/25素材15) ユニチカは植物由来のポリ乳酸を8割以上使用しながら耐衝撃性と耐熱性に優れた射出成形用樹脂を開発,ABS並み
http://www.unitika.co.jp/news/high-polymer/120124-000455.html

◎(刊1/25素材15) 三菱マテリアルはセメントキルンでの塩素含有廃棄物の増処理を可能とする高性能塩素バイパスプローブを開発,実証済
http://www.mmc.co.jp/corporate/ja/01/01/12-0124.html

○(刊1/24科学技術27) 理化学研究所と埼玉大学は名古屋の黒金化成などと有機薄膜太陽電池の研究組合を設立へ,静電塗布法を15年実用化
http://www.saitama-u.ac.jp/announce/20120126--2.html

○(刊1/23素材11) 富士フイルムは銀配線向けにマイグレーション(樹枝状結晶成長)抑止表面処理剤を開発,銀の溶解を抑止
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

政府は東日本大震災関連の15会議のうち10会議で議事録なしと

2012年01月28日 | 週間ニュース:ピックアップ
環境ニュース120122-120128

◎(経1/28社会38) 原子力保安院は原発の耐震性評価ルールの見直しを決め,電力各社に再評価を指示,離れた断層の連動を考慮,東日本大震災で (環境施設もリスク管理のあり方で参考にする必要がある)

●(経1/27夕刊表紙1) 政府は東日本大震災関連の15会議のうち10会議で議事録なし,うち3会議は議事概要もなしと,事後的に記録作成要請と (忙しかったというが,それは優先順位の問題,何を優先したか明らかにすべき。忙しくても眠り食い帰宅し風呂に入っていたのかな)

◎(経1/27経済5) 政府は地熱発電の本格普及に民間事業者の調査や開発事業に140億円規模の補助制度を創設へ,予算と特別会計の両方で (買取制にすれば融資で済むのに)

◎(経1/27社会15) 東京都は都内に生息する貴重な動植物を守るための取り組みを強化へ,小笠原諸島外来種対策や多摩の里山など大規模生息調査

●(経1/26総合2) 政府の緊急災害対策本部は全19回分の議事録を作成していなかった (原子力災害対策本部も同様。故意に議事録を作成していなかったのではとのうわさあり。混乱で作成を忘れたとのうわさも)

◎(環1/25表紙1) 環境新聞は放射線量の測定が広く行われているが,気温等測定条件や測定方法,自然起因放射線や非原発起因など注意必要と (核種の同定不可欠と指摘)

●(経1/25企業12) シャープは台湾のメディアテックと共同で映像の暗い部分は消し明るい部分だけを点けるテレビ用LEDバックライトシステム

◎(経1/25夕刊社会17) 三陸の海を放射能から守る岩手の会は東電と経営陣3人(社長副社長)を公害犯罪処罰法違反で東京地検に刑事告発

○(経1/25首都圏35) 川崎市は市内企業の温暖化ガス削減への取り組みを評価する独自の手法を策定し13年度から運用,排出量から市外貢献量差引 <CO2の取引価格は低迷しているが、温暖化防止は喫緊の課題>

◎(経1/22社会31) 千葉市のJFEスチール東日本製鉄所は作業員2人がアンモニア液を浴びて負傷と,配管工事の際に管のつなぎ目から漏出 (行政指導を受けたばかり)
http://www.jfe-steel.co.jp/information/58131326676887.pdf
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

環境省は事業者のためのCO2削減対策Navi(ウェブサイト)を開設

2012年01月22日 | 週間ニュース:ピックアップ
注目ニュース:120115-120121

◎(刊1/19科学技術25) 産業技術総合研究所は高温や毒性が高い薬品を使わずに酸化グラフェンからグラフェンを作る方法を模擬実証,パルスレーザー
http://www.aist.go.jp/aist_j/press_release/pr2012/pr20120118/pr20120118.html

◎(経1/18総合3) 国土交通省は環境配慮型の都市づくりを後押しするため12年度にも新法を制定する方針,商業や公共施設を集中し低炭素化

◎(刊1/18電機11) 村田製作所は山田照明と共同で無線通信技術を利用した照明システムを開発,LED手元照明の併用で天井照明を半減
http://www.murata.co.jp/new/news_release/2012/0117/index.html

◎(刊1/18素材15) 日清紡メカトロニクスは直感型LED照明向けに省エネ実装装置を開発,消費電力が,表面実装装置の2割,局所加熱で
http://www.nisshinbo.co.jp/news/news20120118_790.html

●(刊1/17モノづくり4) 大阪市の枚岡合金工具は顧客から寿命になった金型を回収し解体して分析,設計に生かす,独自のデータベースで長寿化実現

◎(刊1/17電機8) 桜井グラフィックシステムズは幅ピッチ共40マイクロmのスクリーン印刷回路形成技術を開発,シリンダー式で密着,30も

◎(刊1/17電機8) 古河電工は反射率100%のポリカーボネート樹脂製光反射板を開発,微細発泡技術
http://www.furukawa.co.jp/what/2012/ene_120116.htm


◎(経1/16科学技術11) 東北大学の研究グループは高純度ステンレスをステンレスと異種金属の間にはさみ強固な溶接を実現,放電加工

◎(経1/16科学技術11) 物質材料研究機構の研究グループはシリコン太陽電池の(面積当たりの)発電量を100倍にする新構造の電池を開発,剣山状

●(刊1/16環境15) 環境省は事業者のためのCO2削減対策Navi(ウェブサイト)を開設,業界平均との比較,お勧め対策,補助制度,事例等
http://co2-portal.env.go.jp/
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

原発耐性検査の検査基準に立地知事が異議

2012年01月21日 | 週間ニュース:ピックアップ
環境ニュース120115-120121

●(経1/20社会35) 福島県は公共工事用などの砕石に放射線量の基準がなく昨年5月に国に指針作りを要請したが検討中との繰り返しで放置と

●(経1/19表紙1) 原子力保安院は関西電力大飯原発耐性調査結果を審査し,安全性に十分な余裕があるとの関西電力の主張を妥当と判断した (国の評価基準(NOGO判定)に関する記事なし)

◎(経1/19総合3) 日本経済新聞は原発耐性検査の検査基準に立地知事が異議と,原発事故後,稼働基準の見直しが必要との地元に説得の難関と

◎(経1/19経済5) 原子力保安院は東京電力福島第一原子力発電所の老朽化が事故に与えた影響はなかったとの報告書案,腐食や劣化から解析 <責任逃れのための調査だけ?改善提案は何?>

●(経1/18企業11) 東芝,日立製作所,パナソニックなど国内電機大手7社は製品含有化学物質情報共有円滑化のため記載形式を完全共通化へ合意 (各社ともオプション要求をしない)

◎(経1/18夕刊社会15) 日本経済新聞は関係者の取材で放射能汚染石材が福島県二本松の小学校耐震工事や町道などの路盤材に使用されていたと (流通ルートの調査もよいが安全性の評価(結果)の記事なし)

●(経1/17表紙1) オリンパス損失隠し問題専門委員会は元現監査役5人に責任と損害額83億円を認定,監査法人の注意義務違反は認められずと (意図的に隠された監査法人に責任なしと。金融庁の態度に注目。新聞は責任に踏み込まずと指摘してるが根拠不明)

◎(経1/17表紙1) 東京電力は4月から実施予定の企業向け電気料金の引き上げで値上げ幅を平均10%台後半とする方針,火力発電燃料費負担増 (自由価格制という前提がないのに)

◎(経1/17社会34) 東京電力は福島原発事故を巡る新旧経営陣60人に責任は認められないと株主42人のグループに回答,同グループは訴訟へ

●(経1/16社会39) 福島県二本松市は昨年7月完成のマンション1階の室内で毎時1マイクロシーベルトと屋外より高い放射線量と,汚染原因調査へ (使用砕石の放射性物質基準なく,またもや想定外と感性の問題)

今朝の王子駅近くでの火災によるJR宇都宮線運休の影響を受け、矢板市での午前のコンサルを中止し、東武線を利用して午後の栃木でのコンサルだけは終えることができました。待ち時間の多い、寒い1日でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

音で発電して駆動する人工内耳の基礎技術を開発,圧電素子で電池不要に

2012年01月15日 | 週間ニュース:ピックアップ
注目ニュース:120108-120114

◎(経3/31企業12) 住友電工は超硬工具原料のタングステンを全量リサイクルで賄う,使用済み刃先から95%以上効率的に回収する技術を確立

●(刊3/31素材10) 三菱マテリアルはノリタケ,東大阪のDNAメタル,同帝国イオンの4社は非晶質クロムメッキ技術を開発,耐食性向上 <半導体ウエハー研磨用(化学機械研磨)コンディショナーのダイヤモンド粒子固定用メッキに採用>

●(刊3/31環境11) 富士フイルムは11年末までに国内のほとんどの拠点で環境や品質などのマネジメントシステムの統合を終えた,業務改善迅速

○(刊3/31情報通信9) 富士通は運送会社の協力を得て全国の商用車から得られるデータをもとに運転の環境対応等を支援するサービスの有効性検証へ
http://pr.fujitsu.com/jp/news/2012/01/11.html#footnote1

●(刊3/31科学技術19) 神奈川県産業技術センターと慶應義塾大学,積水化学の研究グループは大気圧下80度Cで酸化ケイ素ガラス膜の成膜技術開発 (クリンネスも鍵に)

●(刊3/31表紙1) クボタは3月に水処理膜を使った下水処理で消費エネルギーを4割削減する設備の実証試験を実施,膜と空気量調節技術開発で

◎(刊3/31環境11) 東京ガスはエネルギーの高度利用を促すスマートエネルギーネットワークの構築支援業務に乗り出した,第一弾埼玉の病院
http://www.tokyo-gas.co.jp/Press/20120106-01.html

◎(刊3/31素材9) 東レは耐薬品性や耐熱性を持ちながら170度Cの低温硬化ができるポジ型感光性ポリイミドを開発,低応力で半導体向け (一般的には200度C以上)

●(経3/31科学技術11) 京都大学や大阪大学の研究グループは音で発電して駆動する人工内耳の基礎技術を開発,圧電素子で電池不要に,実用化へ (生涯に必要な膨大なボタン電池が不要なら装着者に福音)

●(経3/31科学技術11) 住友化学,JSR,ソニー,産業技術総合研究所などの研究グループは省エネ性能に優れる大型有機ELの量産要素技術を開発 (日本のセットメーカーは事業化に消極的らしいがよいのでしょうか)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

11年度国内稼働新規発電設備の能力が前年度比68%減と予測

2012年01月14日 | 週間ニュース:ピックアップ
環境ニュース120107-120114

◎(経1/14表紙1) 原子力安全保安院は福井県の関西電力大飯原発3,4号機の耐性検査結果を妥当とする方針,専門家の意見聴取会に提示へ (検査結果の妥当性と安全性評価とは異なる,安全面での評価結果は示されていない,不思議ですね)

◎(刊1/13総合3) 日本照明器具工業会と日本電球工業会はLEDの規格制定などを加速のため統合する方針,13年4月めど (器具とランプは独立でないので)

○(経1/12国際6) 国際原子力機関は11年末時点で世界の原子力発電所の運転年数が平均26年,40年以上のものが24基,5月安全対策討議

○(刊1/12環境11) ロシア政府はJX日鉱と三菱商事,ロシアガスプロムネフチによる油田随伴ガス回収有効利用で75万トン分の排出量発行認定

○(経1/11夕刊総合3) 自動車業界団体は11年の新車販売ランキングを発表,トヨタのハイブリッド車プイウスが3年連続首位,軽自動車が上位に (ハイブリッド車の市場シェアが1割超えたとも。2位のホンダフィットもハイブリッド車種含む)

○(経1/11総合3) 防衛省は原子力災害への対応能力を強化,放射性物質漏えいに伴う拡散区域の予測システムを自前で構築,測定車導入など

○(環1/11循環型社会4) 東京都は優良産業廃棄物処理業者を決定,エキスパート116社,プロフェッショナル52社計168社 (総数は1万社にのぼるはず)

●(経1/11企業9) 日本風力発電協会は11年度国内稼働新規発電設備の能力が補助金打ち切りなどで前年度比68%減と予測 (再生エネルギーをとの声が高いが実力はこんなもの)

○(経1/10社会31) 山階鳥類研究所は原発事故の生態系影響を調査するため全国からツバメの巣を収集中,測定は国立環境研究所

○(経1/9科学技術11) 日本経済新聞は原発の寿命を40年にする政府の方針に明確な根拠なしと,老朽化でトラブル増加の傾向はあるが (政府はなぜ品質工学の知識を活用しないのかな,非科学的な理由はポピュリズムのなせる業かな)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

エコ車の脱レアアース化進む:三菱電機がモーター、TDKは磁石開発

2012年01月08日 | 週間ニュース:ピックアップ
注目ニュース:120101-1201017

◎(経1/7企業9) GfKジャパン(調査)は昨年12月のシーリングライトの販売数量に占めるLEDの割合が47%に急伸,節電思考と低価で

◎(経1/7社会34) 物質材料研究機構は水から有毒なヒ素を簡単に除去できる材料を開発発泡アルミナの穴の内壁に吸着化合物 (詳細不明)<高秩序メゾポーラス構造による>
http://www.nims.go.jp/news/press/2012/01/p201201060.html
<メソポーラス材料については、例えば、以下を参照
http://www.domen.t.u-tokyo.ac.jp/research/mesoporous.html >

◎(刊1/6自動車6) 愛知県小牧の東海ゴムは耐久性を従来の2倍に高めた自動車用防振ゴムを開発,30%軽量化も,ポリマーと補強材を強固結合

◎(刊1/5モノづくり4) 京都市のトランザップジャパン(大日本スクリーン系)は段ボールとアルミのジョイント組立式簡易包装で廃棄物など削減
http://www.transup.co.jp/sp-a/index.html


◎(刊1/5電機10) 富士電機リテイルシステムズは国内市場向けに従来比4割節電を達成した自販機の新機種を本格投入,冷却と加熱の熱移動最適
http://www.fujielectric.co.jp/about/news/11103101/index.html


●(経1/1表紙1) 三菱電機は新エネルギー産業技術総合開発機構(NEDO)と共同でレアアースを使用しないモーターを開発

◎(経1/1表紙1) TDKはジスプロシウムを使わない駆動モーター用磁石の実用化にめど,永久磁石,材料の分子を細かく均一に加工 (分子ですか,粒子ではないでしょうね)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

原発を40年で原則廃炉や過酷事故対策の義務化等の法改正案を発表

2012年01月07日 | 週間ニュース:ピックアップ
環境ニュース120101-120106

原発を40年で原則廃炉や過酷事故対策の義務化等の法改正案を発表

◎(経1/7経済5) 原発事故担当相は原子炉等規制法などの改正案の概要を発表,原発を40年で原則廃炉や過酷事故対策の義務化等 (例外基準は不明)

●(経1/6 表紙1) 経済産業省は電力制度改革の柱として発電,送配電,小売など事業ごとの免許を導入する検討に入った,新規参入促進

●(経1/6経済5) 政府は原発の最新安全技術を既存原発へ反映する仕組み,バックフィット制度を導入する方針,法的に義務化,改正案提出へ

◎(経1/6経済5) 経済産業省は今夏をめどに蓄電池の普及に向けた戦略を策定,再生エネルギー普及のカギ,昼間の省エネ推進にもと

●(経1/5国際7) 日本経済新聞は世界の再生可能エネルギー業界が割高な太陽電池から安価な風力発電に投資を移す動きとBPやオーエン等紹介

◎(環1/1温暖化3) 山本良一東大名誉教授は国際政治に倫理,哲学,宗教の部分が弱くて低炭素に動けずと国連にエコ文明の倫理パネル設置を提案 (欲望満足に応えられなければ少数意見のままで終わるかもしれません)

○(経1/1特集17) 日本経済新聞は新年に考える特集で,原発にどう道筋つけるか,全基停止が目前に,審査体制の再編急務,汚染土貯蔵難題と

◎(経1/1社会46) 放射性物質汚染対処特別措置法が1日全面施行,国負担の除染が本格化,環境省は福島環境再生事務所を福島市に開設 <福島環境再生事務所,60人態勢で市町村支援>

◎(経1/1社会47) 原子力安全保安院は全国の原発の運転状況監視システムが丸1日以上故障し監視不能に,回復済,回復公表せず

新年おめでとうございます。
今年も引き続き週刊環境ニユースをお届けします。

*******************************************************************
NPO法人JEMASが配信する「EM新聞編」から先週の記事から気になる記事を独断で
ピックアップ。追加コメントがあれば<>で付記。適宜URLも追加。
記事中の「刊」は日刊工業新聞、「日経」は日経新聞、「環」は環境新聞の略。
*******************************************************************
コメント
この記事をはてなブックマークに追加