ISOな日々の合間に

土曜日は環境保護の最新の行政・業界動向、日曜は最新の技術動向を紹介。注目記事にURLを。審査の思い出、雑感なども掲載。

住化は塗布印刷が可能な大型画面用高分子有機ELを12年初めから生産

2011年11月27日 | 週間ニュース:ピックアップ
注目ニュース:111120-111126

◎(刊11/25電機10) パナソニックは携帯端末向けマルチメディア放送の視聴機能を低消費電力で実現するLSIを開発,従来比6割削減

◎(経11/25企業11) スズキは現行のガソリン車で最高の燃費性能を持つ軽乗用車を12月中旬に発売,30.2km/L,アイドリングストップ等

●(経11/25企業13) 東芝は待機電力をゼロにできる32型ハイビジョン液晶テレビを12月中旬発売,電源系を自動切断,リモコン再起動や予約可

◎(経11/24夕刊表紙1) ファミリーマートは15年度までに世界中の店舗の平均電力消費量を10年度比で2割削減,LED照明など導入し方策を共有

◎(刊11/24機械5) 日本精工は自動車向けの長寿命玉軸受を開発,転動体に特殊熱処理で剥離耐性を,外輪を浸炭窒化処理で従来比2,3倍に
http://www.jp.nsk.com/company/presslounge/news/2011/press111124.html

●(刊11/24建設9) 清水建設は半導体工場向けに3次元のビルディングインフォメーションモデリングを開発,配管を効率化し稼働模擬も可能

◎(刊11/23自動車5) 静岡県富士のジャトコは燃費性能を従来比10%向上できる前輪駆動用CVTを東京モーターショーに出品 (CVT;自動変速機)
http://www.jatco.co.jp/NEWS/2011/111013.html

◎(刊11/22環境12) 日本電業工作は電波を電力に変換するレクテナ技術で2GHzで変換効率90%以上を達成,未利用電波の回生し消費電力低減 (宇宙太陽発電所に応用期待)
http://www.den-gyo.com/special01/01.html


◎(経11/22夕刊社会14) 京都大学の研究グループはカニやエビの殻を使い柔らかく透明なプラスチックの作製に成功,殻の繊維の特性を利用

●(経11/20表紙1) 住友化学は塗布印刷が可能な大型画面用高分子有機ELを12年初めから生産
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

CO2の世界平均濃度が10年に過去最高を更新し389ppm

2011年11月26日 | 週間ニュース:ピックアップ
環境ニュース111120-111126

●(経11/25表紙1) 日本経済新聞社は第21回日経地球環境技術賞の受賞者を決定,最優秀賞に製鉄法の神戸製鋼所,優秀賞にマツダなど4社(13ページに受賞企業と受賞技術を紹介)

◎(経11/25夕刊総合3) EUの欧州委員会はフカヒレを目的としたサメ漁を全面規制する案まとめ欧州議会とEU漁業相へ提案する

◎(経11/25企業11) 鉄鋼,化学など産業界の主要9業界団体は京都議定書の13年以降の延長に反対との提言書,反対理由は国内空洞化(不公平だからでしょ)

●(経11/25夕刊社会15) 横浜市消防局はJパワー磯子発電所で石炭運搬用ベルトコンベヤー付近から出火,石炭サイロで爆発、火災と(粉じん爆発なのかな)

◎(経11/25社会38) 文部科学省は愛知など4県で放射性セシウム沈着状況の地図を公表,東日本の汚染地図,地形との関係も公表,山脈が遮ったと
http://radioactivity.mext.go.jp/ja/

●(経11/24夕刊表紙1) 国際原子力機関は津波や洪水などの耐性強化に向けた安全基準を策定し,全加盟国に配布,実際に適合しているか点検も要求

◎(経11/24夕刊表紙1) 欧州員会は原子力発電所事故対応で域内共通安全基準や緊急時対応計画の作成や賠償の法整備の検討に入った(事故収束未了で対策後回しにしていないか)

●(経11/24夕刊社会16) NHKは17日に放送の放射線大丈夫?食卓調査でセシウム検出としていたが,再検証結果検出限界以下と判明し謝罪(大学の分析室に測定依頼,相違の調整不備とのこと,専門家が泣く,どうして民間の

分析専門機関に依頼しなかったのかな)

●(刊11/23表紙1) 経済産業省と環境省はスコープ3の策定団体(WRIほか)を予備業界団体と意見交換,提案者は課題を見つける宝の地図等と<原材料の採掘や部品加工、製品使用や廃棄・リサイクルといったサプライチェー

ンの川上と川下を含めたCO2排出量を算定する基準>(企業を比較する手法でないと主張するが)

●(経11/22社会38) 世界気象機関は温室効果ガスの世界平均濃度が10年に過去最高を更新,産業革命前と比較しCO2で39%増で389ppmhttp://www.wmo.int/pages/mediacentre/press_releases/pr_934_en.html

●(経11/21科学技術11) 日本環境衛生センターの研究グループは対流圏オゾンと黒色炭素/すすによる温暖化効果が二酸化炭素の45%の相当との結果

今週前半は岩見沢でISO審査。岩見沢は北海道でも名だたる豪雪地帯。吹雪にも見舞われました。岩見沢が積雪30-40センチ、路面凍結という状況でも車で1時間ほど南下した千歳では雪がありません。上空をジェット機が飛びかい、千歳に空港を建設した理由が実感できます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

RJC 今年のカーオブザイヤーに日産自動車の電気自動車リーフを選定

2011年11月20日 | 週間ニュース:ピックアップ
注目ニュース:111113-111119

●(刊11/18科学技術19) 東京工業大学など産学官の研究グループはゼオライト触媒をナノサイズ化することで触媒活性低下を抑制する石油化学工程開発 (有用成分の収率も1割向上)

●(刊11/17表紙1) JFEエンジニアリングは溶融亜鉛メッキ工場から出る廃酸に含まれる亜鉛のリサイクル事業を来年4月に開始,回収技術確立
http://www.jfe-eng.co.jp/release/news11/news_e11030.html


◎(刊11/17モノづくり4) キリン物流は同業他社のアサヒビールと物流で協業を推進,営業部門や資材などとも連携し廃棄損減少,混載率上昇や時短成果

●(経11/17企業11) 日本自動車研究者ジャーナリスト会議は今年のRJCカーオブザイヤーに日産自動車の電気自動車リーフを選定
http://www.npo-rjc.jp/


●(刊11/16機械9) 京都市のトクデンは変圧器の電磁誘導技術を利用した最高700度の超高温過熱水蒸気を生成する装置を発売

○(経11/16企業9) 日本経済新聞は12月2日に開幕の東京モーターショーの出展車両が環境車中心で新型ハイブリッドやプラグインハイブリッド

●(刊11/15自動車7) 三菱自動車は電気自動車派生型プラグインハイブリッド車システムを開発,走行状態で3方式から自動選択,電池の価格が課題 (低価格電池の開発が業界共通の課題ですね)

◎(刊11/15自動車7) トヨタ自動車はトヨタメディアサービスと共同で家庭での充電を支援するツールを開発,家庭の消費電力状況を確認しながら調整 (このようなきめ細かな技術支援が必要なのですね)
http://www2.toyota.co.jp/jp/news/11/11/nt11_1101.html

◎(刊11/15環境18) 日東電工はノルウェー国営電力会社と浸透膜発電の開発で契約締結,海水と淡水の塩分濃度差利用,逆浸透膜応用
http://www.nitto.co.jp/dpage/400.html


◎(刊11/15中堅25) 大阪市のオーエムジーは約700度の低温で成形加工できる紫外線透過ガラスを開発,12年度内に量産,石英ガラス比
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

経産省は電力需給ひっ迫に対応し,省エネ法を抜本改正する方針

2011年11月19日 | 週間ニュース:ピックアップ
環境ニュース 111113-111119

◎(経11/19社会39) 政府は東京電力福島第一原子力発電所事故で警戒区域の除染に向けたモデル事業を開始,方法や費用を確認へ (日本経済新聞は土壌の処分,作業員の被ばく,再拡散,除染効果など課題山積と指摘)

●(経11/18社会43) 政府は福島県に福島市大波地区で生産したコメの出荷を停止するよう指示,放射性セシウムが暫定基準値超過を受けて

●(経11/17夕刊表紙1) 環境省は放射性物質汚染土壌などの除染研究強化のため国立環境研究所に研究センターを新設,福島市内に拠点,来年4月 (縦割りで文部科学省管轄だったのでこれまで対応しなかったのよね)

●(刊11/17深層断面24) WRIとWBCSDはサプライチェーン全体の二酸化炭素排出量算出ルール「スコープ3」を策定,格付調査機関が企業に質問 (WRI;世界資源研究所,WBCSD;持続可能開発のための世界経済人会議, ISO化の動きに注目)

●(環11/16総合2) 経済産業省は電力需給ひっ迫に対応し,省エネ法を抜本改正する方針,電力ピーク抑制対策などを新たに盛り込む,建材も対象

◎(経11/16社会38) 環境省は東日本大震災で発生した災害廃棄物で放射性セシウム濃度が100Bq/kg以下なら安全に再利用可能と指針案

○(経11/15表紙1) 日本経済新聞はエネルギーのベストミックス特集で,原発停止で温暖化ガスの削減目標に赤信号,増えるCO2に手詰まりと (削減目標達成へのリスク管理が不十分,民生や家庭部門の削減に余地,再生エネルギー拡大に余地なのに手詰まりとは驚きの認識)

◎(経11/15総合3) 原子力委安全保安院は耐性試験の意見聴取会へ四国電力の評価結果を報告したがテスト方法や位置づけに異論,今後公開審議 (評価基準がない審査とはこれいかに,審査会は合否の基準つくりからかな)

●(経11/15夕刊社会18) 名古屋大学の研究グループはカーボンナノチューブの太さと発がん性に強い関係があると動物実験結果,50nmで中皮腫など

◎(経11/14夕刊社会16) 農業食品産業技術総合研究機構は茶葉の比較実験の結果放射性セシウムが土壌を通しては殆ど吸収されないことが分かった

●(経11/12夕刊社会8) 東北大学の研究グループは原発事故の警戒区域で野生化した牛の内部被ばくの調査結果,セシウムが筋肉に蓄積等,核種で特有
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

岩通計測は放射線量モニターを発売,年間換算量を表示し実用的

2011年11月13日 | 週間ニュース:ピックアップ
注目ニュース:111106-111112

●(経11/12企業10) 富士フイルムはCD・DVDを回収して原料をリサイクルし再びCD・DVDに戻す事業を開始,CO2排出量45%削減

●(刊11/11機械7) 岩通計測は日本原子力研究開発機構の特許の許諾を受け放射線量モニターを発売,年間換算量を表示し比較可能 (実用的)http://www.iti.iwatsu.co.jp/ja/release/20111111/20111111.html

●(刊11/11大学23) お茶ノ水女子大のグループは企業の化学物質総合管理の評価手法を確立し欧州委員会の公式推奨を得た,評価結果1位住友化学 (2位シャープ、住友化学は昔から化学物質管理に定評がある)

●(経11/10企業10) ダイキン工業は体感温度を設定温度より5度あげることができる家庭用エアコンを12年2月発売,3割節電,加湿とセンサーhttp://www.daikin.co.jp/press/2011/111109/index.html

◎(経11/10企業10) イオンは店頭の冷蔵・冷凍機器の冷媒をフロンから二酸化炭素へ切り替える,来年度から新店の100店以上に設置,将来全て

●(経11/10企業11) 三菱自動車は燃費60km以上で800km走行距離のプラグインハイブリッド車を試作,ショーに出展,トヨタは来年発売

●(刊11/9表紙1) eBASEは三菱化学など21社と情報をREACHに対応して暗号化した化学物質情報システム(オーリス)を開発,稼働へ

●(刊11/9環境15) 神鋼建材工業は微細な穴を多数開けポリカーボネートによる吸音構造を備えた防音壁を商品化,透明性や景観性,視認性に優れ

●(刊11/9科学技術21) NECは個人の価値観に対応して表示するコンテンツが変わる家庭向け節電サービスを開発,価値観を節約や社会貢献など6種
http://www.nec.co.jp/press/ja/1111/0902.html


●(刊11/8表紙1) パナソニックは12年度にグループの社員が省エネ改善の技術や知識を競う世界大会を開催,事業部門ごとに選考会

◎(刊11/8機械6) 名古屋の産機は電磁石の代わりに圧電素子を採用した小型部品供給装置,消費電力7割削減,振動が細かく発熱も抑制
http://www.sanki-web.co.jp/partsfeeder/case/index.html

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

タイの洪水が慣らす警鐘,輸出に森林を伐採し保水力低下,隣国も

2011年11月12日 | 週間ニュース:ピックアップ
環境ニュース 111106-111112

◎(刊11/11環境14) 環境省は省エネ機器のリース料を補助する制度で岩手など東北被災3県での補助率を3%から10%に引き上げた

◎(経11/10経済4) 国際エネルギー機関は11年版世界エネルギー見通しを発表,35年には10年比で原発7割増,新興国で推進,安保に課題と

◎(刊11/10環境15) スチール缶リサイクル協会は10年度のリサイクル率が89.4%と過去最高を達成と,離島や山間部の実態調査,課題は運搬

◎(環11/9表紙1) 環境新聞は日本の風力発電能力が10年度世界12位で,その理由を初期コスト,開発時間,景観や強度等規制,適地の偏在と

◎(経11/9経済5) 原子力委員会の小委員会は原発事故を踏まえ将来の原発事故によるコストを1kWあたり最大1.6円と試算,損害額5兆円 (放射能汚染関連費用の上乗せがありうるとも)

◎(刊11/8表紙1) 経済産業省は11年度第3次補正予算で300億円の基金を設け,住宅1万戸,ビル2万棟に次世代電力計を導入,節電支援

◎(経11/8企業9) 東京電力は10年度の二酸化炭素排出量が09年比で21%増の1.097億トン,火力増と排出枠の相殺分減でと

●(経11/7表紙1) 経済産業省はスマトハウス標準化検討会を開催し,次世代電力計の新規格を電力会社と利用者の双方に情報を送り方式に統一へ (従来の構想がそうでなかったことに驚き)

●(刊11/7表紙1) パナソニック,東芝,東京電力,関西電力は家庭用エネルギー管理システムと通信機能付き電力計の標準化組織を設立

◎(経11/6日曜に考える10) 日本経済新聞は中外時評欄でアジアの森林は大丈夫か,タイの洪水が慣らす警鐘と,輸出に森林を伐採し保水力低下,隣国も

土曜日といえどもEA21の審査があり、アップが遅れました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東京大学の研究グループは縮合剤を用いないα-ペプチド合成法を開発

2011年11月06日 | 週間ニュース:ピックアップ
注目ニュース:111030-111105

◎(経11/5企業10) 富士通は二酸化炭素排出量や電力消費量など環境関連データを一元的に管理できるシステムを開発,拠点動向を即時把握 (把握システムはあるが管理(統御)システムは珍しい,組織の権限と責任の体制も同時に見直しが必要だから)

○(経11/4企業11) 日経BPは第10回日本イノベーター大賞の受賞者に緩まないナットの開発者でハードロック工業の若林克彦社長を選んだ
参考 http://www.hardlock.co.jp/pdf/anime.pdf

●(刊11/3商社9) 資生堂は化粧品容器の素材を環境対応型に切り替える動きを加速,20年までにポリエチレン容器の7割以上を植物由来になど

◎(経11/1企業13) イオンは傘下の全スーパー約1200店の店内照明を12年中をめどにLED照明に切り替える,年間電力量を15%削減

◎(経11/1企業13) 全国清涼飲料工業会は今冬も自販機の節電に取り組む,12月中旬以降冷却機能の一時停止や夜間照明の消灯を実施,24%減
http://www.j-sda.or.jp/111031.html


○(刊11/1環境13) 東京都は独自導入の温室効果ガス排出量取引制度で利用できるクレジットとしてCO2換算で22万トンが生みだされる見通しと

◎(刊11/1新製品15) エココスモは船底塗料の塗り替え時に用いる塗膜剥離剤を発売,植物由来で安全無害に剥離可能,オレンジオイルなどの成分
http://www.eco-cosmo.com/mer-maid-no-oshigoto/index.html


●(経10/31科学技術11) 山梨大学の研究グループは氷点下30度Cでも働く有機分子電解質を開発,水に溶かさないため氷点下でも凍結しない

◎(経10/31科学技術11) 三井造船,三菱重工鉄鋼エンジニアリング,神戸のジャイロダイナミックスはそれぞれ新方式の波力発電技術開発に乗り出す (ブイ,振動水柱,ジャイロの各技術)
参考 http://taiyoukou001.web.fc2.com/03/025.html

●(刊10/31科学技術18) 東京大学の研究グループはアミド化合物を縮合剤を使わずに9割以上の収率で合成する方法を開発,アルコールとアミン,触媒
http://www.f.u-tokyo.ac.jp/~kanai/jisedai2011/abst/2-04.pdf
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2010年の世界のCO2排出量が09年比で18.8億トン増加,日本は6.8%増

2011年11月05日 | 週間ニュース:ピックアップ
環境ニュース 111030-111105

●(経11/5国際7) 米エネルギー省は10年の世界の二酸化炭素排出量が09年比で18.8億トン増加,日本は6.8%増,今世紀末に4度上昇 (電力ピーク対策ばかりで温暖化対策を忘れたツケかな)

◎(経11/4社会34) 東京電力は福島第一原子力発電所2号機から放射性キセノンが検出された問題で,問題解析の結果臨界でなく自発核分裂と発表 (精密測定機器の装着で検出されたもの)

◎(経11/3経済4) 原子力安全委員会は安全設計審査指針の見直しで全電源喪失への対策骨子をまとめた,外部や代替電源の強化,連鎖防止など (原子力に限らず環境施設などについても参考に)

◎(経11/3社会38) 千葉県は市原エコセメントの工場廃水から国の目安を超える放射性セシウムを検出し,立ち入り検査し排水停止を要請
http://www.ichiharaeco.co.jp/

◎(環11/2表紙1) 環境新聞は公共関与の最終処分場で遮水シートの不具合続出と,地下水ピットで電気伝導度上昇,放射性廃棄物二重梱包要と

●(環11/2総合2) 経済産業省は大規模エネルギー消費工場の電気使用量を非開示から開示へ検討中,情報公開法7条運用で可能性,公益上必要か

●(経11/1夕刊表紙1) 経済産業省は省エネ規制を抜本的に見直す,総使用量からピーク時の使用量抑制に軸足を移す,自家発電や蓄電池活用,建材

●(経11/1夕刊表紙1) 政府はエネルギー・環境会議で今冬関西電力管内で最大使用電力10%以上,九州電力管内で5%以上の節電要請を正式決定

◎(経11/1経済4) 国土交通省は関係省庁と協議し建築物の省エネ化で中間まとめ案,断熱材などの省エネ基準を満たすことを20年までに義務化

●(経10/31夕刊表紙1) 日本経済新聞は今冬の節電で石油ストーブが品薄にと,5割増産しても追い付かず,9月の販売数量が前年同月比の16倍 (異常気象が続く中温暖化対策は忘れたのかな,政府も識者も沈黙の怪)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加