ISOな日々の合間に

土曜日は環境保護の最新の行政・業界動向、日曜は最新の技術動向を紹介。注目記事にURLを。審査の思い出、雑感なども掲載。

佐桂枝廼社(さかえのやしろ)と福井市

2010年04月29日 | 旅先にて
今週日曜日の夕刻18時過ぎに福井入りして月曜と火曜日のISO14001の審査に備えました。逗留した「ホテルフジタ福井」に「佐桂枝廼社(さかえのやしろ)」が隣接していたので、夕食後境内を散歩してみました。

ホームページ(http://sakaenoyashiro.com/ )の由緒略誌欄に記述されているように、寛永5年(1628)に時の城主である松平秀康が徳川家康を祀って建立し、明治6年に藩祖としての松平秀康の偉業を称えて、春嶽により社名を佐佳枝廼社と命名されましたという。なかなかに由緒のある社です。

その前は、この地方を「北の庄」と呼んでいた。この社が近接する福井城の地にはかつて柴田勝家が築城した北の庄城があったという。1624年に福井藩第3代藩主松平忠昌によって、「北」の字が不吉であるとして「北ノ庄」のから「福居」に改名され、さらに後に「福井」と改名されたという。

福井市は歴史と由来のある町です。

ところで話はまったく飛びますが、写真は近々3歳を迎える孫の誕生祝に用意したものです。彼は車のデザインで殆どの国産車の車名を正確に言い当てるほどに車が大好き。誕生祝にプレゼントするのが今月の楽しみの一つです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新日鐵化学は耐熱性、透明性,光学特性に優れた紫外線熱硬化性樹脂を開発

2010年04月25日 | 週間ニュース:ピックアップ
注目技術・成果 10418-100424

◎(刊4/23中堅24) 鳥海工業は蛍光灯型LED照明を大学や企業から相次ぎ受注し納入
http://www.chokaikk.com/led_lamp_seihin.htm

●(刊4/23素材13) 新日鐵化学は耐熱性と透明性,光学特性に優れた紫外線熱硬化性樹脂を開発,ハンダリフロー工程に対応 (昔LED封止用に欲しかった!
http://www.nscc.co.jp/news/download/100422.pdf

◎(刊4/22環境11) 栗田工業は石炭火力発電所から発生する排水中のセレンを除去する新添加剤を開発,複合金属還元体で凝集回収,安価
http://www.kurita.co.jp/aboutus/press100422.html

◎(経4/22企業11) エルピーダメモリーは回路線幅40nmで4GdRAMを開発,2G組み合わせより消費出力3割削減,144G積層品出荷 (韓国サムスンが先行)

○(経4/21消費31) 森永乳業はレインフォレスト・アライアンスの認証を受けたブラジルのコーヒー豆100%使用のチルドカップ飲料を発売 (環境配慮製品と命名しているが,内容は包装での環境配慮だけのものがあり注意を要する)

●(刊4/21表紙1) 大阪大学とフルヤ金属の研究グループはモリブデンの摩擦撹拌接合に成功,イリジウムの強度を高め回転ツールに使用

◎(刊4/20素材10) 新日本製鐵エンジニアリングは食品廃棄物を原料にエタノール等を生産するプラントを開発,自治体等に発売,1日60tから (製造コスト不明)
http://www.nsc-eng.co.jp/news/detail/78

◎(経4/19科学技術11) 東北大学の研究グループは緑色LEDの明るさを3倍にする窒化ガリウム基板の製造技術を開発,素子数削減や偏光板不要に

◎(経4/19科学技術11) 京都大学と独アーヘン工大,科学技術振興機構の研究グループは二酸化炭素などの吸収剤の高品質製造技術を開発,吸収容易に
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

川の豊かな生活環境は法律上保護される利益に該当しない?

2010年04月24日 | 週間ニュース:ピックアップ
環境ニュース 100418-100424

●(経4/24企業11) 国際標準化機構(ISO)は製品の化学物質情報伝達システムの原案に日本のJAMPの仕組みを採用,ISO26000

◎(経4/23企業11) 日産自動車は今月開始の電気自動車「リーフ」の予約件数が3754台と,3週間で年度目標の半分を超過,64%個人 <ゼロエミッションを謳っているが、ある条件下で可能>

○(刊4/22東日本26) 東京都は都庁内での省エネ技術を本格導入と下水道局や水道局に大規模投資,N2O発生量が少ない汚泥焼却装置など

◎(経4/22夕刊表紙1) 電子情報技術産業協会(JEITA)は3月の薄型テレビの出荷台数が前年同月比の2.2倍と,省エネ基準変更で駈込み需要 (市民の環境行動は合理的か)

◎(経4/21夕刊生活9) 日本経済新聞はらいふプラス欄で環境で思わぬトラブルに,気を付けてと注意促す,まぶしい太陽光パネルや余る堆肥など

◎(環4/21土壌環境8) 環境新聞は改正土壌汚染対策法の地歴調査に必要な法に基づくASTMのような規格がなく,自治体が「恐れ」判断に不安の声

●(経4/21社会38) 東京地裁は東久留米市の落合川周辺住民が埋め立て工事でわき水や周辺環境が破壊すると提訴した裁判で訴えを全面的に退けた (川の豊かな生活環境は法律上保護される利益に該当しないとの判断)<?>

●(経4/21夕刊表紙1) 国土交通省は国土技術政策総合研究所で大手自動車や電機メーカーなどと連携して電気自動車の充電設備情報のカーナビ開発へ

◎(経4/20夕刊総合2) 日本経済新聞はニュースの理由欄でメコン川の(下流の)水位低下が深刻で国際問題化,下流国は中国のダムが原因と主張 (水問題はすでに国際上の大問題ですね)
参考 http://www.mekongwatch.org/env/yunnan/dams/index.html

●(刊4/19環境13) 日本適合性認定協会は温室効果ガスの排出量などを検証する機関の信頼性などを認定する事業を7月をめどに開始,ISO14065 (ISO14064,5;温室効果ガス排出量報告に関する国際規格
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

奈良へ向かう車窓の景色がR&D時代の思い出を

2010年04月23日 | 旅先にて
23日金曜日は7:20に「ホテル大阪ベイタワー」を立ち、法隆寺へ。法隆寺駅からさほど遠くないところにある顧客の奈良工場で8:30から11:00まで仕事に従事しました。その後大阪へ移動して12:30から15:00まで午後の審査があり、15:00からまとめ作業と最終会議がありました。

関西本線で奈良方面へ向かうのは今回が初めてです。新今宮で環状線から関西本線の奈良行き快速に乗り換え25分で法隆寺に着きます。

新今宮では混んでいましたが二駅ほどで席に座れ、流れ去る車窓をぼんやりを眺めていると、懐かしい社名が目の前を通り過ぎてゆきました。新田ゼラチンそして岡村製油。いつもよりも早く起きたので未だ60%程度の覚醒度でしたが、急に若かりし頃の開発テーマの記憶が蘇えってきました。

染料と感光材料を溶かしたゼラチン水溶液をPETフィルムに塗布・乾燥し、着色した感光性フィルムを開発していました。その頃、新田ゼラチンの技術者としばしばお会いしていました。その技術の特許も何件か出願しましたが、結局工業化に至らず開発を断念しました。しかし、その後5~6年ほどしてその技術が液晶のカラーフィルターに使える可能性があったことを知りましたが、その時には他社がほぼ技術を完成していて、残念な思いをしました。なまじ着手も断念も早すぎたのかもしれません。

その後、紫外線をあてると硬化する樹脂を開発している時期に「岡村製油㈱」の開発品を採用して、課題だった樹脂の硬化収縮によるヒズミが緩和されることが分かり新製品の完成に漕ぎ付けることができました。関連特許も成立し、この開発成功がその後の私の人生を明るいものにしてくれました。

ほんの一瞬目の前を流れすぎた懐かしい取引先の社名が、R&D時代を思い出させてくれました。

写真はベイタワーから見た6:30ころの大阪港方面
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

三日で六拠点審査

2010年04月21日 | 旅先にて
今週は、水曜日から金曜日までの三日間で6個所を飛び回ります。
最寄り駅で表すと、春日部、東鷲宮、静岡、掛川、奈良そして大阪の順に顧客の拠点を訪問し審査します。

今日は7時30分に家を出て、春日部、東鷲宮を経由し19時半に静岡のホテルにチェックインしました。その間の審査時間は計5時間ですので、移動時間が7時間ということになります。移動中に審査所見をまとめたりしますので、結構忙しい審査です。

夕食はホテルに近い伊勢丹・8Fで済ませ、ホテルに戻って入浴も終わったところで明日の審査の留意点の確認が終わりました。ようやく落ち着き、ブログでも書こうかという状況ですが、そろそろバッテリー切れに近いモチベーションになり、ここで筆を置くことにします。

中身のないブログになってしまいました。<(_ _)>
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

佐桂枝廼社(さかえのやしろ)と福井市

2010年04月19日 | 旅先にて
今週日曜日の夕刻18時過ぎに福井入りして月曜と火曜日のISO14001の審査に備えました。逗留した「ホテルフジタ福井」に「佐桂枝廼社(さかえのやしろ)」が隣接していたので、夕食後境内を散歩してみました。

ホームページ(http://sakaenoyashiro.com/ )の由緒略誌欄に記述されているように、寛永5年(1628)に時の城主である松平秀康が徳川家康を祀って建立し、明治6年に藩祖としての松平秀康の偉業を称えて、春嶽により社名を佐佳枝廼社と命名されましたという。なかなかに由緒のある社です。

この地方を「北の庄」と呼んでいた。この社が近接する福井城の地にはかつて柴田勝家が築城した北の庄城があったという。1624年に福井藩第3代藩主松平忠昌によって、「北」の字が不吉であるとして「北ノ庄」のから「福居」に改名され、さらに後に「福井」と改名されたという。

福井市は歴史と由来のある町です。

ところで話はまったく飛びますが、写真は近々3歳を迎える孫の誕生祝に用意したものです。彼は殆どの車名を正確に言い当てるほどに車が大好き。今月の楽しみの一つです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

近大クロマグロの国内出荷開始へ、これで供給不安払拭か

2010年04月18日 | 週間ニュース:ピックアップ
◎(経4/17企業11) 新日鐵化学はスギなどの間伐材から抽出したリグニンを製鉄原料にする実験を10年度中に開始,コークスの粘結材に

◎(刊4/16電機8) 日本AEパワーシステムズは絶縁体としてSF6の代替に乾燥空気を使った絶縁開閉装置を発売
http://www.jaeps.com/topics/2010/04/15.htm

○(経4/15企業9) 台湾積体電路(TSMC)は12年後半に回路線幅20nmのLSIを量産開始,EUV(極紫外)露光技術採用を検討

◎(刊4/15機械6) 日本精工は自動変速機向けのスラストニードル軸受のスラストレースを3倍に長寿命化,炭素と窒素の含浸処理で,小型軽量化
http://www.jp.nsk.com/company/presslounge/news/2010/press100416.html

○(経4/14新興17) 熊本県天草のブリミーは完全養殖したクロマグロの国内出荷開始へ,近畿大学から稚魚を購入,すでに米国に出荷

◎(環4/14特集企画10) 環境省は低コスト低負荷型ダイオキシン類汚染土壌浄化関連技術を調査した結果大成建設,東急建設など5社の技術を評価公表

◎(刊4/14素材10) JFEスチールは熱処理技術の改良などで寿命を10%伸ばした鉄道用ルールを米バーリントンノーザンサンタフェ鉄道に出荷
http://www.jfe-steel.co.jp/release/2010/04/100413.html

●(刊4/14環境11) アサヒビールは食品産業技術総合研究機構とエタノール生産に向くサトウキビの新種を開発,生産量5倍以上,大規模実証へ (記事にはバイオエタノールとあるが植物から生産されたエタノールに固有の分子構造やバイオのマークはない)

◎(経4/13夕刊総合3) ホンダは電動バイクを12月に発売,配達や個人事業主向けに国内でリース販売,将来は個人向けに発売,電池は東芝製 (バイクの騒音対策にも期待)

◎(刊4/13素材11) 東洋インキ製造はオフセット印刷向け紫外線硬化タイプの省エネインクでエコマーク認定を取得,従来の半分の所要エネルギー <UVインキを使うと電力消費量が大幅に増加するのが悩みだった>

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

都市の一人当たりCO2排出量比較可能に

2010年04月17日 | 週間ニュース:ピックアップ
環境ニュース 100411-100417

◎(経4/17経済4) 国土交通省は都道府県が認証する木材を使う住宅に最大120万円補助する制度を導入,農林水産省は新増設公共建物で検討中

◎(刊4/16商社13) 板硝子協会は09年度の新築住宅の複層ガラスの普及率を調査,戸建てで前年度比4P増の43%,共同で2P減の6%

●(経4/16夕刊表紙1) 国土交通大臣は温暖化対策強化のため新築住宅へ省エネ基準適合を義務付ける方針,現状の適合率15%を50%から100へ

●(刊4/16環境12) 環境省は08年度の温室効果ガス総排出量の確定値,90年度比で1.6%増の12.8億トンCO2,07年度比6.4%減<経済の落ち込みによる影響が大>

○(経4/16社会35) 島根県松江署は中国電力の島根原発点検漏れ問題の緊急対策本部の部長が自殺とみて調査中と発表

●(環4/14表紙1) 国連環境計画,世界銀行などは世界各地の都市の一人当たり年間二酸化炭素排出量を共通手法で算出,東京4.9tなど (米ニューヨーク10.5t,上海11.7t,フランクフルト13.7t)

◎(経4/13社会38) 水産庁は南極海で実施した調査捕鯨の捕獲頭数が目標値の56%の507頭と発表,環境団体による妨害活動で,調査公表へ (調査結果に興味,なぜ500頭では不足かなど判明を期待)

●(経4/13企業11) 日本照明器具工業会と日本電球工業会はLED(照明)の明るさの表示基準を統一する方針,11年度末までに

●(刊4/13金融19) 国際協力銀行は法改正で国際競争力維持向上の対象に地球環境保全業務が加わったことで受注前の出資保障可能で支援本格化 (実力は中堅企業が待っていました)<途上国での地球温暖化防止支援など海外進出を狙う企業には強力な支援策となりそう>

◎(経4/11サイエンス17) 日本経済新聞はネーチャークライシス,変わる都市の生態系(14)スズメで都市化に伴いえさも巣の場所もなく減少と

◎(経4/10夕刊社会8) 日本の南極地域観測隊は昨年2月から1年間で温暖化ガスが引き続き増え続けている結果,2-3ppm,オゾン濃度横ばい
http://www.nipr.ac.jp/jare/nankyoku/index.html

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

暖房費などエコワットによる測定

2010年04月16日 | 雑感
今週は過去の記録に並ぶほどの寒い陽気が続き、17日の明朝は雪がちらつく可能性もあるとか。昨日も四国・丸亀近郊でもとても寒く、コンサル時に会議室に灯油ストーブが持ち込まれるほどでした。ヒートテックの下着と暖かいウールのチョッキを持参して正解でした。

この寒さで思い出しました。冬真っ盛りの2月にエコワットで仕事場(約8m2)を暖房する時の電力使用量などを測っていたことを思い出しました。結果を紹介しようと思います。
但し、仕事の合間や、思いついたときに測ったので、外気温や室温などの測定条件は揃っていませんので、あくまでも参考データです。

寒い日に仕事をするときは、ひざ掛けを用い、暖かいスリッパを履くなどの防寒対策をしてなるべく暖房やエアコンを使わないようにしていました。それでも寒い場合は、ヒートポンプ式のエアコンを用い室温を20度に設定していました。

例1 エアコン 7.2時間 20円__2.8円/時間
例2 780W遠赤外ヒーター 1.15時間 7円__6円/時間
例3 80W座布団ヒーター 1.52時間 1円__0.7円/時間
例4 60Wあんか(就寝時) 6.47時間 1円__0.2円/時間
例5 ラジカセ待機(*) 39.2時間 8円__0.2円/時間

・ヒーター類は当然ながら定格にほぼ比例している。雰囲気暖房よりも局所暖房がお勧め。
・ヒートポンプ型エアコンは予想以上にエネルギー効率がよさそう。但し、時々使用するだけなので費用対効果のほどは不明です。
・あんかは保温性の良い布団の中で使用されること、しかもサーモスタットでon・offするためか非常に効率が良い。この事実を知ってから寒い夜はあんかを使うようにしている。
・意外だったのは、ラジカセの待機電力です。コンセントをさしたまま、本体のメインスイッチを切った状態でも、何となくハウリングのような音が聞こえるので測ってみました。何と、何も仕事をしていないのに「あんか」並に電力が消費されていました。驚きでした。これ以降、スイッチ付きコンセントを使用し元で切るようにしました。

個々のデーターの精度は高くありませんが、傾向が掴めただけでも有意義でした。やはり、何がしかのチェックをかけることが重要なのだと再認識した次第です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

香川県宇多津町へ

2010年04月14日 | 旅先にて
新たなコンサルのために香川県宇多津町に前泊中です。

今週の月曜と火曜日はエコアクション21の審査に初めて参加しました。
エコアクション21の審査人になって日も浅く、地域事務局での認知度が低く、実務的な貢献を何もしていない状況ですので、地域事務局からの審査依頼は当分望み薄の状況です。
今回は、ISOとEA21の両方の審査の先輩かつ指導者のような方からの幸運なお誘いによって実現した審査です。審査員二名で担当する審査で、もう一方の審査員のスケジュールが合わなかったので、お鉢が回ってきたのです。ようやく第一歩を踏み出すことができました。

今は、明日木曜日から始まるISO14001の構築支援のため宇多津に泊っています。新幹線で岡山へ。岡山から宇和島行き特急「しおかぜ21号」で宇多津へ。13:04に浦和を出発し、18:08宇多津着の長旅です。瀬戸大橋を8分ほどで渡った最初の駅が宇多津です。

この春の気温の上下は異常ですね。宇多津でも18時過ぎにはかなり肌寒く、チョッキがほしくなるほどです。桜も葉桜にはなりきっていない状況で、場所によってはまだまだ桜の花が十分咲いています。瀬戸内と言えども明日も肌寒くなりそうです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

水産総合研究センターはウナギの完全養殖に成功

2010年04月11日 | 週間ニュース:ピックアップ
注目技術・成果 100404-100410

●(経4/10首都圏31) 神奈川県大和のシコーは9割省電流の振動モーターを開発,マグネットとコイルに工夫

◎(経4/10企業11) パナソニックはフルハイビジョンの4倍の画素数の撮像素子を開発,好感度の緑を赤と青に分解し画像処理で映像暗化を防止

◎(経4/10企業9) 三井化学はコメの収穫量を5割高められる種子の生産量を拡大,10年に5割増,13年に2.5倍に,中国での販売も

●(経4/9社会39) 水産総合研究センターはウナギを孵化させ育て卵を取り出しさらに孵化させ育てる完全養殖に世界で初めて成功,供給と保護
http://www.fra.affrc.go.jp/pressrelease/pr22/2204082/220408besshi.pdf

●(刊4/8機械23) 日揮は天然ガスプラント等で発生する高圧二酸化炭素を高圧のまま吸収分離する技術を確立,対応する吸収剤をBASFと開発

◎(刊4/7科学技術11) 物質材料研究機構と大阪大学は共同でC60分子の薄膜で既存の千倍の記録密度の記録素子技術を開発,次世代素子に道

●(経4/6総合10) 日立製作所はリチウムイオン電池の寿命を2倍にできる材料を開発,電池容量半減までの寿命,マンガン主体の正極で
http://www.hitachi.co.jp/New/cnews/month/2010/04/0405a.html

◎(刊4/5環境8) 出光興産と知多LNGは愛知県知多コンビナートで冷水活用で連携,LNG気化器で使用した冷水を石油精製に活用
http://www.idemitsu.co.jp/company/information/news/2010/100402.html

◎(経4/4社会1) 大阪市の日本ボリグルは杭全神社の弁天池で水質浄化剤の公開実験を公開,納豆菌原料のポリグルタミン酸で固形状化し除去
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

グレートバリアリーフ汚染危機:中国船籍の石油運搬船が座礁

2010年04月10日 | 週間ニュース:ピックアップ
◎(経4/9企業13) 積水ハウスは新築住宅建設現場から出る廃棄物をICタグで管理するシステムを11末までに全国で導入,状況把握で1割削減

●(経4/8夕刊総合3) 経済産業省は次世代送電網の大規模国内実証実験を今年度から横浜,豊田,北九州など4か所で開始と正式発表,1千億円規模

◎(経4/8企業11) ソニーは製品重量を15年度に08年度比10%削減する目標を公表,生物多様性の中期目標も設定,長期目標ではCO2ゼロ

◎(刊4/8環境17) 竹中工務店は日建ハウジングシステムと共同設計し建設した赤坂タワーレジデンスが建築環境総合評価システムで最高ランクS (評価基準が長期的にみて甘いことはないでしょうね)
http://www.ibec.or.jp/CASBEE/about_cas.htm


○(経4/8首都圏35) 横浜市は住宅用太陽光発電装置や太陽熱利用システムの導入費用の一部助成補助金を拡充した,2000件,出力1kW2万円 (県助成と合わせると4万円,最大15万円)

◎(刊4/7環境12) 九州電力は10年度の環境活動計画を発表,原子力利用率を10年度79.6%,11年度83.3%など (電力会社が原子力に言及するのは珍しい)

●(経4/6表紙1) セブンイレブンジャパンは環境配慮型店舗を国内外で展開,国際標準店舗を開発,5年間に約2万店舗に導入,電力を3割削減

◎(刊4/6表紙1) 経済産業省は特定テーマの研究に複数分野の企業が参加するオープンイノベーション集中研究方式で太陽電池開発支援開始

◎(経4/5夕刊社会14)オーストラリアの海事当局は航行禁止水域に入ってきた中国船籍の石油運搬船が座礁し重油流出,グレートバリアリーフ汚染危機

●(経4/4表紙1) 農林水産省はマグロの密漁・乱獲防止策の検討に入った,漁獲証明書の対象を全マグロ類に拡大や巡視船の共同派遣など
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

栃木の桜名所

2010年04月07日 | 旅先にて
昨日は栃木へ出張しました。JR大宮8時発の特急日光号に乗り、8時47分に東武栃木着。9時30分の開始時間までに多少時間があったので、桜の季節でもあり、車での迎えを断ってのんびりと寄り道しながら顧客先まで散策。

例弊使街道を北に向かい、一本西裏手の道を行くと歴史を感じさせる神社やお寺が点在している。道沿いに第二公園があり、池の中央に分厚く苔むした岩からたっぷりの噴水が吹き出し、池の周りに立ち姿の立派な桜の古木が数本ありほぼ満開でした。公園内には子供の遊び場もあり、地元では幼少時の代表的な遊び場とか。(写真をクリックすると拡大します。左側の写真)

この公園は、栃木のお伊勢さまと言われる神明宮(http://www.jinja.rpr.jp/)の一部であり、この神明宮の屋根ぐしの千木(ちぎ)が10本あり、それが栃木の地名の由来だとも言われている。同社に残る応永10年(1403)、天正17年(1589)、文禄2年(1593)の神明宮棟札(むねふだ)は市指定文化財(歴史資料)とのこと。

帰りの特急まで1時間ほど早い午後4時に仕事が終わり、顧客の計らいで、運転手兼地元ガイド役の社員の案内で桜の名所である太平山(おおひらさん)周辺の観光に。この春はずいぶん寒い日が続いたので今が桜見物のベストタイミングです。桜のトンネルを通り大平山神社、山本有三文学碑を過ぎ、遊覧道路をほぼ一周すると枝垂れ桜で有名な太山寺にでる。ここで枝垂れ桜を数枚カメラに収める。そのうちの1枚が右側の写真です。

土曜・日曜日は2kmの遊覧道路が一方通行になり、太平山山頂まで渋滞で2時間かかるようです。なるべく平日に来るのが望ましいでしょう。太平山周辺は他にもアジサイやぶどう狩りでも有名とのこと。先週金曜日夜のTV番組「ぴったんこ カンカン」でも栃木を紹介していましたが、太平山は紹介していませんでした。収録時は桜の時期でなかったからでしょうね。

顧客の好意とベストシーズンの幸運に恵まれました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

コンセント単位で電力が“見える”化に:個別管理が可能に

2010年04月04日 | 週間ニュース:ピックアップ
注目技術・成果 100328-100403

◎(刊4/2電機10) 富士ゼロックスは省エネ型トナーを採用したカラープリンターを発売,20度C以上で定着,加熱容易なローラー,65%省

◎(刊4/2自動車7) 名古屋の大同特殊鋼は自社製の真空浸炭炉が二酸化炭素排出量を半減,生産性3倍を実証

◎(刊4/1科学技術22) 富士通研究所は電力センサー内蔵の小型の電源タップを開発,コンセントごとに可視化
http://pr.fujitsu.com/jp/news/2010/03/31-3.htm

◎(刊4/1環境14) フジタは使用時のエネルギー使用量を半減する中規模オフィスビルを開発,壁面緑化,地中熱利用,人感センサーなど
http://www.fujita.co.jp/information/news/001266.html

◎(刊4/1機械8) 山形県新庄の山形東亜DKKは山形大学と共同でUSB変換器を用いた溶存酸素計を開発,コントローラーも電源も不要

http://www.y-dkk.com/spec_yusb01vt.shtml

○(刊4/1中堅25) 名古屋のエイチアイシーは鉛バッテリーの電極再生事業の全国展開を開始,充電と強制放電を繰り返し付着結晶を9割以上除去

○(刊4/1機械8) 三井造船はNOXの排出を80%削減するハイブリッド型舶用エンジンを開発へ,11年にも実証試験,高低温ガス分離し

●(経3/31夕刊表紙1) 日本経済新聞はオフィスビルや商業施設の空調システムに地中熱を利用する機運とJFEエンジニアリングや大林組など紹介

●(刊3/31表紙1) 産業技術総合研究所は家庭毎の電気温水器を制御して風力発電機の夜間電力を効率よく使う制御技術を開発,次世代電力網の一要素
<需要が少ない時間帯の発電や気候状況で起きる出力変動を制御>

◎(経3/29科学13) 筑波大学の研究グループは家庭内省エネシステムを開発,家電の消費電力を計測できる電源コンセントとセンサーで自動切断等
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

120年に1回だけの広告:一般白熱電球製造中止

2010年04月03日 | 週間ニュース:ピックアップ
環境ニュース 100328-100403

●(経4/3表紙1) 総務副大臣は携帯電話端末を特定の通信会社でしか使えないようにしている制限の解除を携帯各社に要請へ,指針策定し実施へ

◇(経4/2企業13) 日本経済新聞はQ&A欄でCO2削減規制が2つスタートしたが違いを解説,省エネ法は効率改善努力,都条例は絶対量削減

●(刊4/1総合2) 経済産業省は太陽光発電施設を環境施設と位置付け工業立地法の規制を緩和で,今夏までに省令改正目指す

●(経4/1経済5) 公正取引委員会は政府が検討中の国内排出量取引制度で競争上の課題をまとめた,エネルギー効率が低い企業に優遇の恐れ等と

◎(経4/1総合3) 日本経済新聞は東京都の地球温暖化対策で4割の事業者が今後5年間に3億円以上を投資,3割が排出量取引活用との調査結果

◎(経3/31社会43) 中国電力は島根原子力発電所で過去の点検での不備は123件判明し自主点検のため運転中の1号機を手動停止,57件最重要 (非難は簡単,気付いて再点検,是正へを評価)
http://www.energia.co.jp/atom/press09/p100330-3.html

○(経3/31全面広告22) 東芝は120年間おつかれさまでした,そしてありがとうございました,2010年3月一般白熱電球製造中止などと全面広告 (120年に1回だけの広告)

◎(経3/30企業11) 双日は5月に国内で売買される様々な種類の二酸化炭素排出枠(クレジット)を網羅的に扱う電子商取引市場を開設

◎(経3/29法務19) 日本経済新聞は法務インサイド欄で東京都の排出量取引制度で対象企業が戦々恐々と,進まぬ法整備,見えぬ売買リスクなどと

●(経3/29夕刊社会14) 生物多様性条約の作業部会は遺伝資源で得られた医薬品などの利益を公平に配分するための議定書原案を採択,対象など細部溝

**************************************
加入しているNPO法人JEMASが配信する「EM新聞編」から先週の記事で気になるニュースを抜粋。
記事中の「刊」は日刊工業新聞、「日経」は日経新聞、「環」は環境新聞の略。
なお、追加のコメントは<>で付記。適宜URLも追加。
**************************************
コメント
この記事をはてなブックマークに追加