ISOな日々の合間に

土曜日は環境保護の最新の行政・業界動向、日曜は最新の技術動向を紹介。注目記事にURLを。審査の思い出、雑感なども掲載。

40年ぶり、いっときの函館訪問

2006年01月31日 | 旅先にて
 今週は2日間の審査で函館へ行って来ました。審査やコンサルで様々な都市を訪問していますが、私にとって函館訪問は特別な意味があります。
 高校まで函館で育ち、大学卒業後は東京に根付いて以来、かれこれ40年振りの訪問だからです。その間、家族や高校同期の仲間の殆どが東京周辺に引っ越し、もはや函館を尋ねる理由を失っていました。今回、幸いなことに審査で訪問する機会が出来たという訳です。
 今回の審査では、前日、空路にて函館に入り、翌日と翌々日の2日間審査に当るスケジュールです。
 折角のチャンスなので、審査の二日前か前日の午前に現地に入リ、一日か半日間観光のための時間を作る計画がベストです。でも、他の仕事の都合で一日前に訪問することは出来ませんでした。午前に着く案も函館の滑走路が積雪や凍結のため便が欠航する可能性が高く好ましくない、と言うわけです。
 しかし、今回の審査での役割はチームメンバーです。審査報告書を審査中に完成しなければならないチームリーダーと異なり、時間的にも精神的にも余裕が有り、行動の自由度が幾分高いという訳です。
 夕食後、19:30ホテル前で定期観光バスにて「函館夜景ロマンコース」(1800)に参加しました。ホテルとロープウエー間の往復に約1時間、待ち時間を含めロープウエー往復に約30分、そして展望台での夜景堪能に約30分というスケジュールでした。
 幸い晴天に恵まれ、済んだ冬の空気に夜景はきらめき、懐かしく、美しい夜景にしばし見とれていました。
 頂上から見る夜景では、40年間の町の変貌はあまり目立ちませんが、バスの車窓から見た市内の町並みや建物には過去を偲ばせるものは余りなく、今更ながら40年という歳月の長さに沈黙するばかりでした。唯一つ、大森海岸沿いの新川中学校、その向かいにあって、通学途中によく遊んだ慰霊堂がほぼ嘗ての姿のままだったことが、取り分け懐かしく、その一瞬だけ今浦島を忘れさせてくれました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ゴルフ用具一式を処分

2006年01月24日 | 出来事

 約10年間も室内の片隅で埃をかぶっていたゴルフバッグ一式を市の廃棄物処分場に持ち込み処分してもらいました。


 嘗ては社員同士の交流や接待に活躍した道具でしたが、独立を決意し技術士を目指して毎朝4時起きで受験勉強するようになってからはすっかりゴルフから遠ざかってしまいました。今でも暇が出来たらゴルフしたいと思うこともありますが、趣味である仕事が忙しく、道具もすっかり古くなって錆も出てきたため処分することにしました。


 ゴルフには健康・体力維持という利点があったので、これからも意識して健康管理に努める必要があります。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

産業環境管理協会はRoHSへの対応を支援

2006年01月23日 | 法改正など

題して「EU等化学物質規制対応支援事業」。


HPには次のように記述されている。


「WEEE/RoHS指令に象徴されるEU等化学物質規制対応への技術相談コンサルティング並びにセミナー開催等を通じて企業の皆様をサポートをすべく「EU等化学物質規制対応支援事業」を開始いたしました。皆様のご利用をお待ちしております。」


http://www.jemai.or.jp/CACHE/index_details_detailobj2071.cfm

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

保育園でお仕事?

2006年01月22日 | Granddaughter
 今週の月曜、火曜は幸い出張の予定がないので、1年2ヶ月になる可愛い孫娘に会いたい。家は電車で片道1時間程度の距離。正月には娘夫婦と孫が一泊したので、どうやらなついてくれた。今のうちに会っておけばもっと覚えてくれるはず。
 ところが、最近母親が仕事に復帰したので、保育園に通っている。なので、こちらに時間が出来ても、あちらはお忙しいらしい。
そう言えば、母親になった娘が小学校に行っていた頃、「学校へ行くのが私のお仕事」等と言っていたっけ・・・。さしずめ、孫娘もお仕事中という訳か。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

雪の札幌へ

2006年01月22日 | 旅先にて
先週末、マイナス5度から10度の札幌で審査してきました。午後スタート、一日半の審査なので午前中に移動。ところが、千歳の天候が悪く羽田を飛び立てそうもなかったりして、はらはらする移動スケジュールでした。例年にない大雪のため市内でも道路わきには1-2m近くも除雪した雪が積み上げられていました。
 「今年の雪祭りは雪集めに苦労はないし、何時もより冷え込み、雪が解けにくいので会期を延ばしてもよさそう」とはタクシーの運転手談。一昨年は幸いなことに審査日と雪祭りが重なり楽しめましたが、お客とのスケジュールの都合もあり、ホテルも混むのでなかなか思うようには行きません。
その一方、市中心部の歩道や橋手前の坂道などではロードヒーティングされ雪は解け路面が出ています。交通安全確保のためとは言え、地方自治体の財政難とCO2削減の観点から、この先何時まで続けられるのかおおいに疑問ですね。
 翌日は幸い晴天、審査も順調に終わり、22時には無事帰宅できました。ところが、翌朝外は雪景色。まるで、札幌から雪を連れて来たみたいでした。
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加