ISOな日々の合間に

土曜日は環境保護の最新の行政・業界動向、日曜は最新の技術動向を紹介。注目記事にURLを。審査の思い出、雑感なども掲載。

東工大のグループは低温アンモニア合成触媒を開発

2016年10月15日 | 週間ニュース:ピックアップ
注目ニュース20161009-20161015

◎(刊10/14表紙1) 新エネルギー産業技術総合開発機構(NEDO)と三菱化学などは光触媒による水からの人工光合成で変換効率3%を達成 (目標は10%,植物は0.3%)

◎(刊10/13総合2) 経済産業省は製鉄に低品位炭を原料とする事象事業を17年度に開始,高品位炭を約2割削減する計画,30年ごろ商業化

●(刊10/13素材13) 伊ファルガー(繊維)は独エボニックインダストリーズの植物由来原料100%の樹脂ベスタミドテラを生地化,ヒマシ油原料 (高機能生地で低温染色)<ベスタミドテラ:1010ナイロン>

●(経10/12夕刊表紙1) コニカミノルタは書類を紙で保管することを原則禁止し,電子化したデータにどこからでもアクセスできる体制を整えた

◎(経10/12科学技術29) 九州大学の研究者は幅広い金属などの材質の耐久性を高める被膜技術を開発,立方晶窒化ホウ素,化学気相成長法で加工

◎(刊10/10表紙1) NTTファシリティーズは17年度にネガワット取引市場に取引事業者として参入,節電機器を顧客に販売,仲介事業 (ネガワット;企業が節電した電力量に電力会社が対価を支払う制度)

●(刊10/10科学技術15) 東京工業大学のグループは低温アンモニア合成触媒を開発 300℃8気圧で反応効率が従来のルテニウム触媒の10倍,劣化無 (カルシクムアミド単体にルテニウム) http://www.titech.ac.jp/news/2016/036458.html

●(経10/9表紙1) ホンダと埼玉県産業技術総合センターは世界で初めてマグネシウムを使った二次電池の実用化にメド,リチウムより小型で安価 (リチウムイオン電池比)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日経は第26回地球環境技術賞... | トップ | 環境省は沖縄北部地域やんば... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL