ISOな日々の合間に

土曜日は環境保護の最新の行政・業界動向、日曜は最新の技術動向を紹介。注目記事にURLを。審査の思い出、雑感なども掲載。

都は豊洲市場の地下水モニタリング調査で環境基準を超えるベンゼン,ヒ素を検出

2016年10月01日 | 週間ニュース:ピックアップ
気になるニュース 20160925-20161001

●(経9/30表紙1) 東京都は豊洲市場の地下水モニタリング調査で環境基準を超えるベンゼン,ヒ素を検出,土壌汚染対策法は2年間基準値以下と

●(刊9/29環境23) 日刊工業新聞はNEWS拡大鏡欄で存に義務化の化学物質リスク評価の実施に多くの企業が評価ツールで悩み,日化協が提供と (化学物質リスク評価;化学物質の使い方に着目した調査)

●(刊9/28総合2) 世界保健機関WHOは世界の人口の92%が大気汚染状況下にあると調査結果,中国と南アジア,中東で深刻,毎年3百万人死
http://www.who.int/mediacentre/news/releases/2016/air-pollution-estimates/en/A

◎(経9/27総合3) 日経はパリ協定の発効が11月にもと動向を紹介,インドが批准表明で排出量残り3%に,EU急ぐ考え,日本は秋の国会が鍵

●(経9/26夕刊社会14) 北海道大学と森林総合研究所などの研究グループは車の騒音がフクロウの狩り能力に影響,最大9割低下,120m以内で影響
http://www.ffpri.affrc.go.jp/press/2016/20160920/index.htmlA

◎(経9/26夕刊社会14) ワシントン条約締約国会議の第1委員会はウナギの国際取引の実態を広範囲に調査し違法取引防止策など検討へ

●(経9/25表紙1) 東京都の豊洲市場土壌汚染対策検討専門家会議は市場棟の地下に換気設備を提案へ,空洞の水は地下水,空気共に環境基準以下

●(経9/24夕刊表紙1) 環境省は北海道北部で計画の国内最大規模の風力発電事業を条件付きで容認する方針,渡り鳥飛来期は停止と意見書

◎(経9/24夕刊総合3) 日米欧など先進16か国と民間団体などは代替フロンの生産規制の為途上国に約80億円を拠出する方針,締約国会議で合意へ

●(経9/24夕刊社会9) 気象研究所の研究グループは地球温暖化が進むと北海道や信越,北陸の内陸など一部地域で冬場に極端な豪雪増加と推定結果
http://www.mri-jma.go.jp/Topics/H28/280923/Press_20160923MRI.html
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 帝国ホテルは環境ラベルのエ... | トップ | ヤマトHSは小型家電リサイ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

週間ニュース:ピックアップ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL