ISOな日々の合間に

土曜日は環境保護の最新の行政・業界動向、日曜は最新の技術動向を紹介。注目記事にURLを。審査の思い出、雑感なども掲載。

京大の研究グループは東京湾や琵琶湖など国内の魚類の4割からマクロプラスチックを消化管で検出

2017年09月08日 | 週間ニュース:ピックアップ
気になるニュース 20170903-20170909

●(経9/8夕刊社会12) 総務省は使用済み太陽光パネルが放置や埋設事例があり回収やリサイクルを含む仕組みの法整備を環境省と経済産業省に勧告 (所轄庁の怠慢)

◎(経9/7表紙1) 日本経済新聞社はバイオマス発電の業界団体所属企業や大手電力など45社をアンケート調査し20年代前半に1.5倍の能力に

●(経9/7マーケット商品21) 日本経済新聞は環境配慮の漁業を示す認証取得の普及に難,海外からの審査員の旅費負担や詳細な記録など高コスト負担の重荷

●(経9/6表紙1) 農林水産省と国土交通省は都市の農地「生産緑地」を維持するため相続税猶予や企業への貸し出しを容易にする等宅地転用防止

●(経9/6オピニオン6) 英エコノミスト誌は米国を8月下旬に直撃したハリケーンハービーによる洪水被害が人災と指摘,温暖化や都市乱開発が原因と (他山の石)

●(経9/5夕刊社会14) 京都大学の研究グループは東京湾や琵琶湖など国内の魚類の4割からマクロプラスチックを消化管で検出,東京湾では8割にも<洗顔料・歯磨き粉・ボディソープ等に>

●(経9/5社会34) 産業医大などの国際研究チームはアスベストが主原因の中皮腫で死亡する人が世界で年3.84万人と推定,日本約1360人 (アスベス被曝者1.3億人/世界,死者20万人;中皮腫の他石綿肺,肺がんなどで)

●(経9/4新興9) 日本経済新聞はタウやシナビズ等スタートアップ企業が事故車や返品商品などわけあり品をネットで売買し再使用市場担い手と

●(刊9/4環境11) 日刊工業新聞社は第20回オゾン層保護・地球温暖化防止大賞の受賞者を決定,カンケンテクノの除害装置やアサダの検知器

●(経9/3表紙1) 日本経済新聞はグリーンボンド(環境債)の発行が世界で増加傾向と,17年の発行額が初の1千億ドルの見通し,都が200億

●(経9/2夕刊社会8) イオンはショッピングモールでの象牙製品の販売を2020年から禁止する方針,印章店と合意,直営店では15年6月に禁止
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« MHIヴェスタスO(三菱重... | トップ | 日産は全面改良したリーフを... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

週間ニュース:ピックアップ」カテゴリの最新記事