ISOな日々の合間に

土曜日は環境保護の最新の行政・業界動向、日曜は最新の技術動向を紹介。注目記事にURLを。審査の思い出、雑感なども掲載。

米ニューヨークで絶滅危惧種は使わず持続可能な魚介類のみを扱うすし店が出現

2017年07月16日 | 週間ニュース:ピックアップ
気になるニュース 20170709-20170715

◎(経7/15総合7) アストロスケールはANAやOSGなどからの出資を受け宇宙ゴミの除去を20年に事業化,衛星の量産や各国宇宙機関と連携

◎(経7/15社会39) 環境省は横浜港でもヒアリが500匹超見つかったと発表,東京,愛知,大阪,兵庫に加え5都府県,さなぎや幼虫も

●(経7/14表紙1) 日本経済新聞は米抜きパリ協定シリーズ記事で止まらぬ脱石炭と米国の実情を紹介,日本は自然エネ導入コストが高く孤立化と (日本がガラパゴス化と指摘するも原因説明はない)

●(経7/14表紙1) 国土交通省は宅配用の荷物と旅客を同時に運べるようにするため規制を緩和,重量制限も撤廃,発着地のいずれか過疎地で (路線バスやタクシー)

●(経7/14企業13) ヤマト運輸と佐川急便は駅などの公共スペースに設置した宅配ロッカーの共同利用を拡大,再配達の減少狙い競合が連携 <マンション用宅配ボックスの価格が急騰とか>

◎(経7/13夕刊社会14) 文部科学省はストービなどの煙突にアスベストを含む断熱材を使用している学校などのうち370施設で劣化等,早期対策指示 (2016/10/1現在,10,251施設中250施設)

●(環7/12環境経営3) 年金積立金管理運用独立行政法人は投資先企業のESGを評価するESG指数を3つ選定し運用を開始した,環境特化型も審査 (年金積立金管理運用独立行政法人:GRIF。 30兆円を運用)

●(環7/12環境経営3) 環境・持続社会研究センターほかのNGOは日本の大手金融機関が05年以降途上国の石炭火力に約6千億円融資と,世界と逆行

●(経
7/11ニュースぷらす2) 日本経済新聞は米ニューヨークで絶滅危惧種は使わず持続可能な魚介類のみを扱うすし店が出現と紹介,シーフードウォッチで確認 (どうして日本では出現しないのかな,私は高価なマグロなんて食べたことがないけど)

●(経
7/7夕刊総合3) 仏エコロジー相は二酸化炭素排出抑制のため40年までにガソリン車とディーゼル車の販売を国内で止める方針,世代交代促進 (わが国ではこのような革新的政策はでてこないのでしょうか,民間は先端的なのに)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 名古屋大学の研究グループは... | トップ | 東京農工大学と近畿大学の研... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

週間ニュース:ピックアップ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL