ISOな日々の合間に

土曜日は環境保護の最新の行政・業界動向、日曜は最新の技術動向を紹介。注目記事にURLを。審査の思い出、雑感なども掲載。

GSユアサは充電走行距離を2倍に伸ばした新型リチウムイオン電池の量産を20年に

2017年08月13日 | 週間ニュース:ピックアップ
注目ニュース20170806-20170812

●(刊8/10電機11) パナソニックは利用者の生活パターンに応じ最適省エネ運転を行う冷蔵庫4機種を発売,冬で最大21%,夏16%省エネ向上 (価格は高いです)

◎(刊8/10エネルギー16)  エネルギー総合工学研究所は風力を利用して熱を溜め,後で電気に変換する風力熱発電の実証を大手企業と検討中,安価

●(経8/9夕刊表紙1) 信州大学の研究グループは酸化鉄を使って木材を丸ごとガスに変える技術を開発,タール発生せず稼働率向上にも

◎(経8/9企業総合13) マツダは燃費を従来より2~3割改善できる新型ガソリンエンジンを19年に投入,全社で10年比CO2を9割削減の目標 (ガソリンエンジンの泣き所は大気汚染発生源) http://www2.mazda.com/ja/publicity/release/2017/201708/170808a.html


●(刊8/9生活14) 戸田建設は久留米の雪の聖母会などと共同開発した消臭塗料オドキャッチャーを8月下旬から塗装会社を通じ外販,半永久的 (ゼオライト,光触媒,金属触媒,水性向き塗料で構成) http://www.toda.co.jp/tech/amenity/amenity_17.html


●(経8/9企業総合15) シャープはIoT関連ベンチャー企業の開発や量産を支援する事業を開始,空き設備を紹介,企業の募集開始 (設備シェアの一種)

●(経8/8表紙1) GSユアサは充電走行距離を2倍に伸ばした新型リチウムイオン電池の量産を20年にも開始,電極材の配合を変えて容量増

◎(刊8/8素材13) 旭化成は原料に酸化エチレンを使わないポリカーボネート樹脂の製法を確立,毒性の強いホスゲンも使わない。立地に柔軟性 http://www.asahi-kasei.co.jp/asahi/jp/news/2017/ch170807.html

●(刊8/8建設17) 佐賀市の松尾建設はAIを活用して使用電力の上限を超えないよう空調機器を自動制御する機器を開発,作業者の負担軽減

●(経8/7企業5) 花王はフィルム印刷用水性インクの世界展開へ乗り出す,揮発性有機化合物含まず,高分子包含顔料で印刷時の滲み回避 http://www.kao.com/jp/environment/lca/07/
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 米海洋大気局は16年の世界... | トップ | 日本の大手企業が海外の水リ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL