ISOな日々の合間に

土曜日は環境保護の最新の行政・業界動向、日曜は最新の技術動向を紹介。注目記事にURLを。審査の思い出、雑感なども掲載。

日本製紙はセルロースナノファイバー(CNF)の国内最大量産プラントを石巻で稼働

2017年04月29日 | 週間ニュース:ピックアップ
注目ニュース20170423-20170429

●(刊4/28総合3) 味の素,UMI,東京工業大学の細野教授はアンモニア合成の実用化でベンチャー企業を設立,オンサイト型工場運営目指す
https://www.ajinomoto.com/jp/presscenter/press/detail/2017_04_27_02.html

◎(刊4/28エネルギー26) 京セラやシャープなど住宅用蓄電池メーカーは普及のため大型化から一転小型の蓄電池を相次ぎ製品化,集合住宅にも設置可能

●(刊4/28地域経済31) ガリューはマシニングセンターのクーラントの使用量を10分の1にし効率的にワークを冷却洗浄する洗浄機器を発売,形

●(経4/28首都圏39) 川崎のナノフエルはナノエマルジン化処理技術を使い植物油から水のみでバイオディーゼル燃料を製造する技術を開発,安価 (品質よりコストを優先し需要を開拓) http://nanofuel.co.jp/nbf02.html

◎(経4/26企業14) 日本製紙は紙離れが深刻な製紙事業の後継にとセルロースナノファイバー(CNF)の国内最大量産プラントを石巻工場内で稼働
http://www.nipponpapergroup.com/news/year/2017/news170425003747.html

◎(刊4/24機械7) 米GEは蓄電池と航空機エンジン転用ハイブリッド発電システムを開発,不安定な再生可能エネルギーの特性をカバーし維持
http://www.ge.com/jp/news

●(経4/24中小企業11) 滋賀県大津のI.S.Tはリチウムイオン電池の容量を1.5倍寿命を1.7倍にする技術を開発,負極にシリコン,接着性向上

●(刊4/24環境11) 東レは工業廃水の浄化で逆浸透膜の前処理に自社の中空糸限外ろ過膜を使い,逆浸透膜の操業コストを約3割削減,防汚技術で (目詰まり対策)

◎(経4/24科学技術13) 東京都市大学の研究グループは波によって発生する船舶の揺れを吸収しながら発電する技術を開発,小型モーターで効率よく

●(経4/23サイエンス30) 名城大学の研究グループはツバメのふんから巣周辺の土壌汚染の有無を調べる手法を開発,土壌から虫のルートで半径1km
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 環境省は環境対策にナッジの... | トップ | 都は土壌汚染の恐れのある築... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

週間ニュース:ピックアップ」カテゴリの最新記事