月の岩戸

世界はキラキラおもちゃ箱・別館
コメントはゲスト・ルームにのみお書きください。

鉄の掲示板

2017-02-13 15:15:29 | 星の掲示板


43枚目の掲示板を設定する。





絵/王可伟





ジャンル:
ウェブログ
コメント (126)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ムジカ・5 | トップ | ムジカ・6 »
最近の画像もっと見る

126 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
1 (澄)
2017-02-13 15:18:14
前の絵が苦しそうだったのでね、早々に変えた。やはり見たくない絵を長く見ているのはつらいだろう。いちいち変えるとつらいやつもいるだろうが、わたしは気まぐれなのだ。おもしろいことは何でもやる。
2 (澄)
2017-02-13 15:19:26
君たちの好きな三国志の英雄だよ。だれだかはわからんのだ。張飛あたりかね。あんまり三国志は中身まで詳しく入ってないんだ。女性的な絵ばっかりだからね、たまにはこういうのもいいだろう。かなりの絵描きだよ。自分で描いている。
 (澄)
2017-02-13 15:21:47
阿保っぽいが、前のよりは少しましだろう。最近茶目っ気が多いね。自分でも思いもしない絵が入って来るんだ。これはそうだね、120くらいまで使おうか。次は何が入って来るか、楽しみにしてくれたまえ。まあ、今日はこれくらいで。
 (澄)
2017-02-13 15:37:36
言い忘れるところだったが、この男の顔は、微妙に孔子に似ているよ。孔子はこういう、漢民族的な美形だったのだ。もっと清々しかったがね。
 (澄)
2017-02-14 05:00:57
おはよう。今日はだいぶ遅れた。朝起きて時計を見たときはちょっと慌てた。別に義務でもないのに焦るのは、かのじょの時から受け継いだ習慣か、いや、わたし自身も少々焦りを持ってこの仕事に取り組んでいるからだろう。朝ブログを開けたら、まだ?なんて感情が画像に塗り付けられていたよ。ずいぶん待たせたらしいね。
 (澄)
2017-02-14 05:02:34
程度の低い人間は、天使の周りに置くべきじゃないね。昨日は、君たちを愛するのに疲れるような人間を見てしまったのだ。別に愛するのをやめるようなことはしないがね、われわれもときに疲れる時があるんだよ。夫婦者だった。夫婦でかのじょを馬鹿にしていたのだ。考えていることを見たらぞっとした。阿呆というものは実に汚い。
 (澄)
2017-02-14 05:05:18
人間の馬鹿というのはもう、実に自分のことしか考えていないんだよ。人の気持ちを考えるような勉強をしていないのだ。農耕の訓練をまじめに受けている者は、だいぶ人の気持ちがわかるから、そう汚いことは考えないものなんだが、まだ農耕より前の暗黒期に心があるものは、動物的欲のために人を利用しても平気なんだよ。いまだにそこから出て来れていないやつは、われわれの近くに寄るべきじゃないね。阿呆なことを考えていることを見られるだけで、罪が増える。
 (澄)
2017-02-14 05:10:21
まあこのように、実際人間の心というものは、勉強の度合いによって違うものなのだ。高い勉強をしているものと、まだ勉強ができていないものは、区別して考えたほうがいい。勉強のできていないものを、高いところに置くと、そこを利用して自分を得させるようなことばかりする。人を馬鹿にしても平気だ。そういう馬鹿は、それなりに勉強ができるところに連れていってやったほうがいい。トランプみたいな餓鬼は、東欧で掃除夫をやらせたほうがいいんだ。勉強ができる。昨日見た夫婦者なんかも、こんな国に生まれずに、中央アジアあたりで掃除夫くらいをした方がいいんだ。こんな国に生まれるから、天使を見て嫌な罪を増やしてしまう。
 (澄)
2017-02-14 05:13:55
一応もう一度言ってあげるが、もう裏ブログには書かんほうがいいよ。馬鹿は何度言ってもだめだがね。何もできない馬鹿は、古い自分の殻から出るのが馬鹿みたいにつらいんだ。自分が嫌なことになるのが嫌だからという理由で、古い形の中に閉じこもる。それが相当につらいことになってもまだやめられない。破滅するぞと言ってもだめだ。閉じた心を抱えて、言い訳を探しつつ生きている。もはやこれはだめだと言われて人間に見捨てられてもまだやる。
10 (澄)
2017-02-14 05:17:02
少しでも自分として進歩したい気持ちがあるなら、裏庭に書きなさい。それでないと、人間として下になるよ。実際、君たちのやってることは汚いのだ。われわれから、救済のみを盗もうとしているからだ。ごまかすことはできないんだよ。現象がいろいろ現れてきているだろう。逃げることはできないのだ。君たちがこのブログに塗り付けた自分の感情はね、永遠に消えないんだよ。ああいう感情の跡はね、一度塗り付けたら絶対に消せないんだ。3千年後の子孫にも読める。何度生まれ変わっても、君たちにはそれが自分の感情だとわかるんだ。

コメントを投稿

星の掲示板」カテゴリの最新記事