月の岩戸

世界はキラキラおもちゃ箱・別館
コメントはゲスト・ルームにのみお書きください。

ベネトナシュ・8

2016-10-14 04:16:32 | 詩集・瑠璃の籠

虚無というのは
がらんどうではありません
袋小路なのです
とても狭い

がらんどうならば
広々とした空間がある
そこで何かができるという
可能性がある
だが虚無には
その空間さえもないのです
何もない
ゆえに何もできない

手があるからこそ
ものをつかむことができる
足があるからこそ
歩いていくことができる
だがそれがなければ
どういうことになると思いますか
あるということの
真の意味を
あなたがたはわからねばなりません

あなたがたが持っている
手も足も
当然のものではないのですよ
神が与えてくださっているのです
まだ小さなあなたがたには
贅沢だと言えるほどの
すばらしい贈り物なのです

その美しい贈り物を
汚いことに使ってしまっては
それはあまりにも苦しいものになる
存在することが痛いという
馬鹿なものになってしまう
あることが苦しいというものになってしまうことほど
存在にとってつらいことはありません

がらんどうの中に
ひとりあるということを思い
自分があるということを
深く感じてみなさい
自分が向かっている悪の世界には
どうしてもいけない自分を見つけるはずだ
それはとても狭い袋小路です
どこかをこじ開けようとしても
戸どころか壁すらもないのだ

いやだという思いを感じたら
自分だけのその存在を
必ず美しいものにしていくべく
自分で何もかもをやっていきなさい
それしかあなたがたにはない

もう永遠に
自分というものを知らなかった頃の
幼い自分には戻れないのです




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« アルテルフ・4 | トップ | アルヤ・16 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む