月の岩戸

世界はキラキラおもちゃ箱・別館
コメントはゲスト・ルームにのみお書きください。

ルナ・28

2017-04-18 04:42:57 | 詩集・瑠璃の籠

わたしは
小さく小さくなって
こりすよりも
小さくなって
そして露になるのだ

幾千億の
露玉に紛れて
ただ一つ
水晶よりも確かな
消えぬ露になるのだ

あらわれては消える
多くの露を見ながら
わたしはとこしへに
野辺の隅で
確かに生きながらえていく

誰も知るまい
誰も知るまい
その露が
月であることを

忘れてしまった記憶が
生き延びている
どこともしれないうつほの奥で
消えてしまったわたしは
盲の見ている闇の中に
紛れた小さな黒猫の
閉じた青い目のように
不思議に生きていけるのだ

消滅とは
なんと甘美な魔法なのか
愛は
消えぬものを消すとき
最も美しい庵を
存在のために作るのだ

愛している




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« ガラクシア・5 | トップ | トリアングルム・2 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む