ペンタ朗の漫漕ブログ-Life is but a dream!

ボートを漕ぐ税理士の日日是好日

2016谷古盾マスターズ

2016年10月22日 | ボート

11:45~14:00 曇・ほぼ無風
谷古盾マスターズ(@戸田、エイト1000m)に出漕。

《PENTA A(Yamazaki)》 C廣江 S宮本 7出井 6西山 5山下 4山崎 3川渕 2藤野 B川本
《PENTA B(ConcordiaⅩⅢ》 C伊藤 S守屋 7座光寺 6関野 5福田 4中本 3今野 2藤田 B大野

直前に岡野さん肉離れ、渡辺さん腰痛というアクシデントも、山崎さん(32)、福田さん(25)の助っ人で無事出艇できました。ありがとう! 山崎さんは2日前に第一子誕生。おめでとうございます! (こんな所でボート漕いでていいのか?)

微かな横逆風以外はほぼ静水無風のローイング日和。PENTAは参加者が増え、初めての谷古盾2艇出漕となりました。

スタートに着けると、「ユニフォームは帽子まで揃えなさい」と審判より注意。PENTA Bは帽子がまちまちだったので、帽子を取る。隣のレーンの団塊号玄武も帽子を取るように言われ、「取るとよけいに揃わなくなるよ」とすかさず切り返していました。さすがです。

帽子を揃えろと強要することにどのような意味があるのか、ぜひご教示ください。冥途の土産にしたいと思います。

(以下PENTA B)
スタートは6本フルレンジでじっくり出る。予定通り、力漕(R33)からコンスタント(R30)に。500mまでがとても長く感じる。

隣りには多摩ちゃん、遠くに団塊号ウエンズディが見える。あとは先に行ったようだ。

ようやく500mを通過。「後半は疲れが出ていた(福田さん観察)」ところ、岸の応援が増えてきてなんとかがんばる。

横を見ると、まだ多摩ちゃんと団塊号ウエンズディがいる。ラストスパートは100mほど。多摩ちゃんを追い切れずに半艇身差でゴール。

今日もいつものように即席クルーでしたが、よく合わせて艇を走らせていました。練習すればもっと速くなること疑いなし、です。

(記録:レースNO.18)       500m  1000m
1レーン 団塊号ウェンズディ     2:03.22 4:06.83 6着 
2レーン PENTA ROWING CLUB_A 1:50.63 3:46.85 2着 
3レーン 駿台艇友会          1:53.86 3:51.00 3着 
4レーン 多摩川でボートを楽しむ会  1:57.17 4:01.34 4着 
5レーン 団塊号玄武          1:49.43 3:43.87 1着 
6レーン PENTA ROWING CLUB_B 1:59.62 4:02.78 5着

(渡辺さん撮影ビデオ)⇒ YouTube

(山下さん提供Cox viewビデオーPENTA A)⇒ YouTube

(総合成績)
http://www.tara.or.jp/race/2016/20161023/20161023_yako.pdf

 エイト2艇で出漕

レース後は、昨年の納会以来の「RISA! RISA!」で、ワイン、ピザ、パスタで楽しい昼食会でした。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 前の記事へ | トップ | 2016東日本新人選手権応援(... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。