ペンタ朗の漫漕ブログ-Life is but a dream!

ボートを漕ぐ税理士の日日是好日

2016年納会

2016年12月24日 | ボート

11:00~16:30 晴
漕ぎ納め@鶴見川 / 忘年会@福盈門(ふくえいもん)

《SE1》 C佐藤 S宮本 7今野 6岡野 5大竹 4藤野 3杉本 2藤田 B出井
《SE3》 C廣江 S守屋悟 7川本 6関野 5茂手木 4吉森(⇒浅野) 3守屋美 2西山 B渡辺
《SE5》 C伊藤 S岡崎 7山下 6中本 5山口 4矢部 3高橋 2木村 B川渕

納会らしく、29名の参加でエイト3艇出して漕ぎ納め。
漫漕~通常練習と、クルーごとでメニューが違ったようですが…。

 SE1艇
   SE3艇
  SE5艇

 29名参加で納会

13:30から、島田さん、知加良さん、関さん、渡利さんを加えて、福盈門(ふくえいもん)にて忘年会。みなさまからは2017年もますます漕ぐぞ、というお言葉をいただきました(←紹興酒のせいでだいぶ丸めてます)。

忘年会で上映した知加良さんの力作「PENTA 2016活動写真集」 ⇒ YouTube

来年もよろしくお願いします!

---------------------------------------------------

今年最後の更新なので、恒例により、2016年を振り返ります。

参加者: 延べ898人(初参加者37人)
漕艇距離: 1,004km(エイト400km、フォア32km、クオド304km、ダブル208km、シングル53km、ナックル7km)
練習: 51回
レース: 15レース
ML登録者: 新規55人(累計572人)

今年は参加者も漕艇距離も昨年より大幅に増えました。新規参加者も、理工系レガッタのご縁(理科大櫂朋会、中大理工)、海洋大若手OB、ボート未経験者、鶴見川流域住民、と多彩です。

参加者が増え、時にはエイト2艇での練習やレース参加もできるくらいになりました。山笠レガッタ初優勝混成エイト(ペン太ペン美)初参加初優勝横浜ボートマラソン初優勝と嬉しい成果も。大学ボート部と同じで、人が増えるとレースにも強くなる、ということを改めて実感しました。

参加レースは過去最多の15レース。遠征も例年の諏訪湖博多に加えて、初めての琵琶湖 de Rowも実施。宮ケ瀬湖でのスカル練習も増やしました(宮ケ瀬湖BC「スカルの日」に8回参加)。

「苦悶の継続の先に歓喜がある」という「苦悶派」に浸食された(感染した?)2016年でした。「ペンタローイング」を「ヘンタイローイング」に改名する日が来るのか?

2011年11月に弾塚の呼びかけで五大学ミドルが始まってから丸5年の区切りの年。こんなに充実した5年間になるとは、まったく想像もしませんでした。PENTAのみなさま、漕艇場関係者のみなさま、全国の漕友のみなさまのおかげです。次の5年もよろしくお願いします。みなさま良いお年をお迎えください。

【2016年の言葉】
■ 「もっとうまくなりたい」
(1月、千葉外房から戸田での練習に前泊で臨んだ今野さんの感想)
PENTA参加者の動機はいろいろありますが、この気持は継続の強い原動力になりますね。学生時代の4年間で終わってはもったいない。人生は長い。ボートも奥が深い。もっとうまくなろう!

■「玉砕だー!」
(10月30日横浜市民ボートレースで廣江さん)
ボートに乗ると「熱くなる」、『こち亀』の本田さんのようなCox廣江さん。7月の横浜市民ではラストスパートで「艇速だー!」、10月は「玉砕だー!」のコールが艇速を伸ばす。

■「漕ぐのであれば結果を出しなさい! 結果を出せれば漕いでも良い!」
(11月、「カミナリ」が落ちた後の2480さん奥さん発言)
この夫にしてこの妻あり、か。そして、本当に結果を出した2480さんもすごかけん。

■「苦悶の継続の先にあるもの それは、歓喜」
(12月の横浜ボートマラソンに向けての2480作戦、レースコンセプト)
本人の解説より(↓)
「私2480が常々申しております、漕艇競技では、どれだけ苦しく、気持ち悪く、もう二度と漕ぎたくない、という思いをしたクルーが、はじめて勝利を手にできるものだと思っております。
ということで、7000mの長丁場を、あらかじめ決めておいた艇速維持に悶絶しながら苦しみ抜いて、ゴールでは反吐を吐きそうになりながら、勝利を勝ち取ろう!
というレースコンセプトです。」

■「ロウアウトしたんですか!」
(11月の紅葉レガッタで、海洋 小松さんが山崎先輩を叱咤)
小松さんは2480さんのような苦悶派とお見受けします。しかし残念ながら早起きが苦手で(?)なかなか鶴見川の練習に参加できません。

【2016年新規参加者】
燕さん(楊家餃子)、渡辺恵子さん/守屋美代子さん/池田さん(櫂朋会)、海上さん(四神会)、藤田直子さん/山崎さん/小松さん/南さん/沼田さん/横山さん/山田裕大さん(海洋)、鎌田さん(松山北高)、坂さん/奥田さん(外語)、福田さん/中本さん/山口さん/矢部さん/内藤さん(中大理工)、齊藤さん(黒沢尻工)、キルギス留学生(9人)、村木さん(宮ケ瀬湖)、浅野さん、太田さん/椎名さん/鷹野さん(瀬田漕艇倶楽部)、吉森さん(埼玉大)、茂手木さん(早大)

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 前の記事へ | トップ | 次の記事へ »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
一年ありがとう (S52今野)
2017-01-01 02:33:05
はっきり言えば苦悶より福盈門の方が好きです。
苦悶は学生のころだけで十分です。
人間の本性? (大野)
2017-01-01 11:40:56
今野さん、今年もよろしくお願いします。
私も賛成です。学生のころと違ったいろいろなことに挑戦してこそ意味があるのです。ただ、ここが難しいところで、人間の心の奥に「苦悶」を欲する部分がどうもあるようなのです。一種の中毒症状だと思います。これをすべて排除するわけにもいきませんね。健康のために漕ぎ過ぎに注意しましょう。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。