ペンタ朗の漫漕ブログ-Life is but a dream!

ボートを漕ぐ税理士の日日是好日

4月1日、真冬の滝行者

2017年04月01日 | ボート

8:30~11:00 冷たい雨
エイト/クオド/オーシャンスカル乗艇@鶴見川

《SE1》 C佐藤 S西山 7川本 6宮本 5茂手木⇒大竹 4木村⇒岡野 3川渕 2山崎 B大野
《QS4》 C廣江 S河上 3大淵 2浅野 B藤野
《オーシャン2》 S佐藤(桂) B舘

《メニュー(エイト)》
(1周目)
・W.U.
・技術練習(Finish、Legs only)
・NW⇒LP(1分)(R20)×3セット
・NW⇒水中パドル(1分)(R20)×3セット
・10本P×2
・スタート練習
・森永橋~水管橋T/T

(2周目)
・技術練習(Finish、Legs only)
・NW⇒LP(1分)(R20)×2セット
・10本P×2
・1分Pインターバル×4(インターバルNW90秒)
・スタート練習
・森永橋~水管橋T/T
・C.D.
※クオド、オーシャンスカルは各自メニュー

外語の佐藤桂助さん(舘さんと同期)が初参加。今日はナックルを出す余裕が無く、オーシャンスカルを体験していただきました。あいにくの天気で残念でした。次回はきっと天気がいいので、ぜひまたいらしてください。

今日は朝からの小雨が止まず。
しかも4月というのに真冬の寒さ。
しかもクソ船の波をかぶってエイトにも水が入り、2周目の交代時に船台で水を出したら、頭から大量の冷水を浴び、真冬の滝行者みたいになってしまった。水の出し方が豪快過ぎ。佐藤さんスマホ落としたし…。

寒さはともかく、風は懸念したほどは無く、水面はかなりの良コンディション。五大学前の練習として、西山さんが九州からわざわざ来ただけの成果はありました。

10本Pに入る前の3本ダッシュの時からその感覚がありました。意識的にはブレードを水にサクッと入れるだけで漕いでないのですが、艇が走っていきます(もちろん意識の外で脚はドライブを続けているのですが)。

その感覚はパドルになっても続き、ブレードをタイミングよく入れてやりさえすれば、漕がなくても(あくまで意識の上では、ということです)、艇がかっ飛んでいく。高速回転している巨大なドラムがあって、その表面にブレードを引っ掛けるだけで艇が飛ばされる、というイメージ。

⇒今日の学び: 「漕いじゃいけない」
漕ごうと意識して漕ぐ動作はすでに余計な動きであり、艇の動きを阻害している。意識するのは巨大なドラムにブレードを触れさせることだけ。

《昼食@タンゴ》
生ビール、お新香、特製カレーライス(インドネシアのNasi kuningのようなライスにカレーがかかっている)、餃子、トンカツ、ナポリタン

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 前の記事へ | トップ | 横浜市民BRエイトを制す »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。