ペンタ朗の漫漕ブログ-Life is but a dream!

ボートを漕ぐ税理士の日日是好日

追憶の夏 水面にて

2017年04月04日 | 
追憶の夏 水面にて
H.M.ヴァン・デン ブリンク

扶桑社

「ボートは苦しみを乗せて進む」

川沿いにある街(貧富の差もあるらしい)でボートを漕ぐ少年の感情の流れが、感傷的なトーンで語られる。川での練習やレースのシーンも多い。「ボートは苦しみを乗せて進む」という言葉が出てくる。たしかにそうだ。でもその苦しみには、喜びもくっついている。苦しみと喜びはワンセット。どちらかだけを取り出すことはできない。それがボート。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 横浜市民BRエイトを制す | トップ | 次の記事へ »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。