コンセールルミエール

フルートアンサンブル 
コンセールルミエールのブログです。

指揮者 岩城宏之

2007年12月31日 | 音楽一般
去年は指揮の岩城宏之氏が亡くなった年です。1932年生まれ。マリンバで音楽に出会った少年は芸大の打楽器科に入り、指揮者になりました。N響、札響、名古屋フィルなど各地のオーケストラの常任指揮者を勤めた後、晩年は石川県に「オーケストラアンサンブル金沢」立ち上げ、このオーケストラを世界の三本の指に入るような室内オーケストラに育てることを夢にしていました。世界を代表する室内オーケストラの一つの「イギリス室内管弦楽団」のフルート奏者ウィリアム・ベネットをとても愛してくださって、何度もアンサンブル金沢のゲストとして金沢に招聘してくださいました。
本人曰く病気のデパートのように多くの病気を抱え、体にメスを入れること30回以上。最後は肺がんでした。一昨年の大晦日には東京芸術劇場でベートーヴェンの全交響曲の演奏会を開催しました。10時間以上暗譜で指揮をしたのが衛星放送で中継されました。そのステージの上で岩城さんは
「来年のこのコンサートのことが待ちきれないんです」
とおっしゃっていました。
その岩城さんの意思を受け継いで9人の指揮者が今リレーでベートーヴェンを演奏しています。今頃コバケンが7番を振っている頃?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鎌倉新フルート合奏団

2007年12月30日 | フルートアンサンブル
リーダーの渡辺が主催している鎌倉新フルート合奏団は結成19年目のアマチュアフルートオーケストラです。フルートオーケストラの世界ではパイオニア?交響曲からオリジナル作品まで幅広くチャレンジしています。
来年の定期演奏会ではデニス・ブリアコフを招聘しました。(おかげで、デニス君ゲストの演奏会をルミエールでも開催できます)

日時:2008年5月24日(土) 18:00開演
会場:鎌倉芸術館 大ホール
料金:1,000円
チケット申込・お問合せ:
鎌倉芸術館チケットセンター 0467-48-4500 (9:00~19:00)
ゲスト:デニス・ブリアコフ(Denis Bouriakov )
フィンランド タンペレ・フィルハーモニック 首席奏者

プログラム
  レスピーギ    リュートのための古風な舞曲とアリア第3組曲
  岩田 学     Forest of dreams (新曲)
  モーツァルト   ロンドニ長調 (ソロ=デニス・ブリアコフ)
  ブリチアルディ  ヴェニスの謝肉祭(ソロ=デニス・ブリアコフ)

  ベートーヴェン  交響曲第5番ハ短調第1楽章
  楽器紹介
  ベートーヴェン  ロマンス(ソロ=デニス・ブリアコフ)
  サンサーンス   序奏とロンドカプリチオーソ(ソロ=デニス・ブリアコフ)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今年最後のコンサート

2007年12月29日 | 音楽一般
神奈川フィルのO見さんが昨日の忘年会にお越し下さいまして、このコンサートのお知らせをくださったので、行って参りました。「クレッシェーレ」のT岡さんとか、首席のY田恵美子さんもばっちり素敵でした。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
夢のように楽しく華やかな名曲の数々を聴いて1年を華やかに締めくくり幸せな気分で2008年の新年を迎えましょう。
昨年から「オペレッタ・ガラコンサート」と題して、神奈川県民ホールが始めた年末の年越しガラコンサート第2弾!
今年は、オペレッタの名曲やウィンナ・ワルツ、ポルカに加え、イタリアオペラからアメリカンライトクラッシックまで、松尾葉子(指揮)と素敵なソリストたちの競演に華やかなバレエも加わって、盛りだくさんでお贈りします。

【指揮】松尾葉子
【司会・ピアノ】斎藤雅広
【出演】佐々木典子(ソプラノ)、臼木あい(ソプラノ)、樋口達哉(テノール)、宮本益光(バリトン)
【バレエ】(社)神奈川県芸術舞踊協会 
【管弦楽】神奈川フィルハーモニー管弦楽団

【曲目】
◎シュトラウス
ポルカ「トリッチ・トラッチ」、ポルカ「ハンガリー万歳」、ワルツ「南国のバラ」(舞踊付)
オペレッタ「こうもり」より「時計の2重唱」3重唱「一週間もただひとりで」
◎レハール
オペレッタ「メリー・ウィドー」より「メリー・ウィドー・ワルツ」「馬鹿な騎兵さん」
◎ヴェルディ
オペラ「椿姫」より「乾杯の歌」、オペラ「リゴレット」より「女心の歌」、オペラ「仮面舞踏会」より「輝く星をごらんなさい」
◎グノー
オペラ「ファウスト」より「宝石の歌」、バレエ音楽「ワルプルギスの夜」(舞踊付)
◎ガーシュイン
「ラプソディー・イン・ブルー」「サマータイム」
◎アンダーソン
ワルツ「舞踏会の美女」「セレナータ」(舞踊付)「トランペット吹きの休日」 ほか
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ルミエール忘年会&芳恵ちゃんお誕生会

2007年12月28日 | ルミエール
今日はルミエールの忘年会&芳恵さんのお誕生会でした。いつもお世話になっている楽器店の方、メーカーの方、元楽器店の方来年げすと出演してくださる方など大宴会になりました。2次会はいつもの鳥ぎんへ。我が家の様に落ち着きます。
今年も多くの皆様のお陰でルミエールは活動する事が出来ました。ありがとうございました。来年も頑張りたいと思います。どうぞよろしくおねがいいたします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ひまわりフルートクラス(仮)

2007年12月27日 | フルートアンサンブル
今日はフルートアンサンブルの仕事納めでした。木曜夜のフルートアンサンブルは上大岡でレッスンをしている「ひまわりフルートクラス(仮)」(仮)とは、まだ正式な名前が決まっていないのです。このクラスは最大4名の小編成が4クラス。全員で13人です。今日は広いお部屋が取れたので特別に後ろの2クラスが合同でアンサンブルを楽しみました。2月11日の光と笛のなかまたちコンサートでは初出演です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

フルートフェスティバルin東京 リハーサル

2007年12月26日 | フルートアンサンブル
今日は2008年頭に開催されます、「フルートフェスティバルin東京」のリハーサルでした。フェスティバルでは東京近郊のフルート奏者が一同に会します。今年はプロは143名。ちょっと少なめ?ルミエールからは二人、私sajimakiがバスフルート、とリーダーの渡辺がコントラバスフルートで出演します。まず、オーケストラでも難曲と言われる「ティルオイレンシュピーゲルの悪戯」を演奏します。そして新曲は公募で選ばれた曲です。作曲者の意向でコントラバスフルートが指揮者の前にいます。バスフルートはコンバスの林の後ろ側。指揮が見えないの。

2008年1月14日
東京文化会館で行われる  15:00開演
「第30回フルートフェスティバルin 東京 2008」

指揮:山下一史

林 光:祝奏(プロ&アマチュアによる)
グリンカ:ルスランとリュミドラ(プロ&アマニュアによる)
ワーグナー:ニュルンベルグのマイスタージンガー(アマニュアによる)
「フルートでピアノがいっぱい」 ~ピアノ曲によるメドレー~(小中学生による)
ピッコロコンクール優勝者:片爪大輔
フルートコンクール優勝者:泉 麻由
池田 悟:Naissances(プロによる)
シュトラウス:ティル・オイレンシュピーゲル(プロによる)
アーレン:虹の彼方に(会場の皆様とご一緒に)

チケット
学生2500円
日本フルート協会員:3000円
一般:3500円
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

クリスマスプレゼント8

2007年12月25日 | ルミエール
Merry Christmas!
真衣ちゃん特製のクリスマスメッセージです。右にいる生き物はなんじゃ?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

音楽の捧げもの

2007年12月24日 | ルミエール
クリスマスイブは家族で教会で過ごすのが我が家の習慣です。礼拝の前に「音楽の捧げもの」という名前でクリスマスコンサートをします。いつもはパイプオルガンで伴奏をしてもらってバッハのトリオソナタなどを演奏しているですが、教会員のおばあちゃまに「フルートで讃美歌が聴きたいわ」と。いうリクエストにお応えして、讃美歌メドレーをピアノの伴奏で演奏しました。実は前礼拝堂の前で演奏するのは初めてです。オルガンと演奏するときは、パイプオルガンの鍵盤の横なので、皆さんの背中を見て演奏しています。今日は「みんな見てる~」という感じ。しかもこの「音楽の捧げもの」は礼拝の一部のような扱いなので、演奏後も拍手とかアンコールとかそういう習慣がありません。なのに、私が前で吹いたので、お客さんもうっかり拍手してしまったのね。いつもよりもアットホームなコンサートになりました。母からは「来年は山下達郎やって」とリクエスト。やっていいのかしら…。
ちなみに他の曲はバッハのプレリュ-ドとかブクステフーデとか
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

クリスマスミニミニコンサート

2007年12月23日 | ルミエール
私sajimakiの高校時代の恩師が牧師をしている教会にルミ3人でおじゃましました。戸塚キリスト教会です。5年前のクリスマスに教会が新築されたときに、ルミエールが演奏会をさせていただきました。
牧師先生と当時お世話になった学食のシェフに再会。私の母校の学食は素晴らしい学食で、ホテルの様に美味しいお食事なのに価格は安い。シェフが時間をかけてじっくり作ってくださったお料理が毎日300円。幸せな中高時代でした。そのシェフのおじさんの手作りのお料理を今日は久しぶりにいただき、メンバーも感激!
お食事の後3人でクリスマスの曲を演奏。最後には教会の子ども達と一緒に「きよしこの夜」
メリークリスマス!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

フィオーレクリスマス会

2007年12月22日 | フルートアンサンブル
アンサンブルフィオーレは土曜日に横須賀市西公民館で練習をしているフルートアンサンブルです。最も大人のサークル。でも先週から中学1年生がひとり入ったので、ちょっとだけ平均年齢が下がりました。2月の西公民館祭ではビートルズのイエスタデーやチャイコフスキーのアンダンテカンタービレを演奏する予定です。難曲に挑戦中なので練習にも熱が入ります。今日は今年最後の練習日。メンバーの方々が作ってくださったケーキやお菓子をいただきました。こちらもなかなか傑作!美味しかったです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加