穴馬がいるから競馬はおもしろい!

穴馬を見つけ出すのが競馬の醍醐味だと思いませんか?

2017 クイーンC(G3)の結果と回顧、京都記念(G2)のホーセンス予想!

2017-02-11 17:59:23 | 3歳牝馬レース予想

2017 クイーンC(G3)の結果は以下となりました。

 

予想

 

結果

1着

フローレスマジック

3

2着

アドマイヤミヤビ

1

3着

ハナレイムーン

5

 

【総評】

好スタートからレーヌミノルがハナに立ち、他の人気馬は中団以降で、外目をアエロリット、内からフローレスマジック、その後ろのインにハナレイムーン、外からアドマイヤミヤビが追走する展開となりました。

 

レーヌミノルのマイペースは前半3ハロンを34.8秒、1000M通過が59.1秒の平均ペースでしたので、馬群が詰まりながら4コーナーを回って直線に向きました。

 

2馬身離して坂を駆け上がったレーヌミノルに、早めに仕掛けたアエロリットと中団から外に出して伸びてきたアドマイヤミヤビが並び、中団馬群から上がってきたフローレスマジックがその2頭の間に入る形、大外からはハナレイムーンが足を伸ばして残り200M、アドマイヤミヤビが鋭く伸びてアエロリットを捉え、半馬身差を着けて優勝、3着には2馬身差でフローレスマジックが入り、5着までを人気馬が占めたレースでした。

 

 

2017 京都記念(G2)のホーセンス予想!

 

10頭立てと小頭数となりましたが、近走の成績を見ると力の差がはっきりとしたメンバーという印象で、上位争い可能な馬はサトノクラウンマカヒキミッキーロケットガリバルディの4頭の勝負と見ます。

 

但しマカヒキサトノクラウンは海外遠征帰り、ガリバルディは一気の距離延長に不安が残ります。

 

本命は順調さで一歩リードしているミッキーロケットマカヒキと力差はあると思いますが、今回は逆転可能と考えます。

 

対抗にはムーア騎手を配したマカヒキ、世代No.1を目指すなら、遠征帰りなどということは言い訳にできませんので、逆転も十分に考えられます。

 

単穴は昨年の覇者サトノクラウン、いつ走るかわかりにくい馬ですが、力があることは十分証明済みです。

 

連下にはガリバルディ1頭で勝負します。

 

予想

 

オッズ発表前

1着

ミッキーロケット

 

2着

マカヒキ

 

3着

サトノクラウン

 

 

買目1    :単勝9番 ミッキーロケット                 1,000

買目2    :複勝9番 ミッキーロケット                 2,000

買目3    :馬連・ワイド 3-9 ミッキーロケット-マカヒキ   @ 1,000

買目4    :3連単1、2着フォーメーション ミッキーロケット-マカヒキ  
             
相手 サトノクラウンガリバルディ           @ 1,000

 

結果と予想の回顧は日曜日になります。

 

『競馬』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017 クイーンC(G3)のホ... | トップ | 2017 京都記念(G2)の結果... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。