穴馬がいるから競馬はおもしろい!

穴馬を見つけ出すのが競馬の醍醐味だと思いませんか?

2017 京都記念(G2)の結果と回顧

2017-02-12 17:13:06 | 古馬混合レース予想

2017 京都記念(G2)の結果は以下となりました。

 

予想

 

結果

1着

ミッキーロケット

4

2着

マカヒキ

3

3着

サトノクラウン

1

 

【総評】

宣言通りヤマカツライデンが逃げ2番手にガリバルディ、3番手にサトノクラウン、4番手にスマートレイアーが続いて、その後ろ5番手にマカヒキミッキーロケットは後方3番手からとなりました。

 

1コーナーを回るところでヤマカツライデンがペースアップ、2番手を離して大逃げとなり波乱含みの展開に、2番手のガリバルディも向こう流しに入るとペースを上げて先頭から10馬身差、3番手は更に5馬身離れてサトノクラウン以下が追走する展開になりました。

 

1000M通過が60.2秒のペースでしたが、3番手以下は14,5馬身差でしたので平均やや遅めくらいの印象でした。

 

残り800Mで前2頭は2馬身差、後続は10馬身差ながら徐々にペースアップして坂を下ってきました。

 

4コーナーを回る時には前2頭から3番手のサトノクラウンが3馬身差、その後ろに内スマートレイアーと外のマカヒキが並んで1馬身差、ミッキーロケットは更に2馬身差という位置取りで直線の攻防に、残り200Mでガリバルディが先頭に立ったところに、外からサトノクラウンが並びかけ、内1馬身差で内スマートレイアー、外3/4馬身差でマカヒキが追って一瞬交わすかと見えましたが伸びきれず、そのままサトノクラウンが連覇を達成、マカヒキは内スマートレイアーに差し返されて3着まででした。

 

 

来週は第52回 京都牝馬S(G3)と、第34回 フェブラリーS(G1)です。

 

『競馬』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017 クイーンC(G3)の結... | トップ | 2017 フェブラリーS(G1)... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。