コンパッソ税理士法人のブログ

プロフィール

最新記事

カレンダー

バックナンバー

カテゴリー

皆さまは【相続放棄】という言葉をどのようにお使いになりますか?

弟はずっと父さんのスネをかじってきたのだから、相続放棄してもらわなくちゃ困る
このような場合、お父様が亡くなったときに遺産分割において弟様が何も相続しないという意味で使用されていることかと思います。上述の様に弟が相続時には何も財産を取得しないこと、これは事実上の相続放棄と言えます。

一方、民法に定められた相続放棄は家庭裁判所に相続を放棄する旨を申述し、それが受理されることによって成立します。これは法律上の相続放棄と言えます。

2つの違いは何でしょうか。
事実上の相続放棄は、弟は相続人という立場において何も相続しないという意思表示をします。これに対して弟が法律上の相続放棄の手続を取った場合、弟は初めから相続人とならなかったものとみなされます。相続人か相続人でないか、ここが大きな違いです。


債権者にとっては関係ない!?
例えば、あなたが事実上の相続放棄をしたとします。
その遺産分割協議からしばらく経ってから、お亡くなりになった方に多額の借金があることが判明しました。遺産分割協議書には「後日判明した債務については●●(あなた以外の相続人)が承継する」と定めており、もちろん相続人間でも合意の上です。
あなたは●●さんのことが心配にはなるでしょうが、自分は放棄をしているし安心だとお考えではないでしょうか。ところがあなたにも関係があるのです。

遺産分割協議における債務の承継については相続人間では有効です。
しかし、相続人ではない第三者の債権者に対して、遺産分割協議書の内容をもって私には返済義務がないと主張することはできません。債権者は各相続人に対し法定相続分の負担を求めることができるのです。
それは何故かというと法律的な難しい話になりますが、次のような場合を考えると少しご納得いただけるのではないでしょうか。

相続人のうちの一人に借金その他の債務を全て承継させ、財産は残りの相続人が相続します。その後その債務を承継した相続人は自己破産の手続きをして債務の免除を受けます。ほとぼりが冷めた頃に他の相続人からお金をもらうという約束をしておけば・・・ということもできてしまいます。
ここでのポイントは、債権者は各相続人に対しその法定相続分の負担を求めることができるというところです。事実上の相続放棄では立場は相続人のままです。

これに対し法律上の相続放棄では初めから相続人とならなかったものとみなされます。相続人か相続人でないか、ここが大きな違いです。


出典:民法・最高裁判決事件番号昭和32(オ)477他

渋谷事務所 加藤義隆


 読み終わったらクリックをお願いします
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )