風の旅人 西村一広 Sailing Diary

海とセーリングだけの人生で考えたこと、悩んだこと、感動したこと、学んだこと、あれやこれや。

2014年11月20日 雨なので葉山にこもる、の一日

2014年11月20日 05時48分31秒 | CompassCourse業務日報

YD37 ©Yachting Developments / Bakewell-White Yacht Design


それにしても、
見事に負けちゃったなあ。


Japan Melges Week 2014 photo: K.Miyazaki / Kazi

負けるべくして負けたのだけど、
それでも、
えらい、悔しい。

でも、
素晴しいレガッタだったな。


朝3時、
コーヒー片手に浜に出て、
久し振りに
星空のおさらいをした本日は、
新しいショッピングページの仕上げと、
12月の仕事段取り電話しまくり、
そして、
この艇での週末のレースの、


photo Y.Futami / Kazi

準備&予習の、


photo Y.Futami / Kazi

一日になる予定。
コメント

2014年11月19日 鎌倉 葉山 浦賀

2014年11月19日 20時55分37秒 | CompassCourse業務日報

YD37 ©Yachting Developments / Bakewell-White Yacht Design


夜明け前から朝ご飯まで、
パソコン仕事に打ち込んだ後、
朝のビーチランはサボり、

朝一番で、
カタマランディンギーの
セールを届けに、鎌倉へ。

納品の後に、
ロビー・ナッシュの新しい
インフレータブルSUPモデルを
見せてもらいながら雑談した後、

葉山に戻り、
朝ランをサボった罰として、
三ヶ丘山に登る。



標高差たった124mに、
息ゼーゼーだぜ。くっそー。



そのあと少し
デスクワークして、
浦賀のマリーナへ。

来年の仕事のアイディア出しなど、
日没まで打ち合わせして、
葉山に戻る。

衣笠の夕方の渋滞を、
iPhoneから流れ出る歌を
加山雄三さんと熱唱しながら
楽しくやり過ごす。

高倉健さんが、
もうこの世にいない。

とても悲しい。

コメント

2014年11月18日 葉山

2014年11月18日 12時52分18秒 | CompassCourse業務日報

YD37 ©Yachting Developments / Bakewell-White Yacht Design


Yachting DevelopmentsのCEOが
自らプリプレグを積層している。



職人であるからには、
船大工さんは
こうでなくっちゃ、な。

丸一日、
パソコンの前にへばりつき、
個人情報についての法律などの
勉強などをする、の一日。

米国東海岸からの刺客は、
順調にシドニーへと
接近中。



マストの位置が、
艇の前後方向中央よりも後ろにある、
かなりラディカルなセールプラン。




相模湾は本日も、
穏やかに暮れていきそう。



コメント

2014年11月17日 逗子マリーナ

2014年11月17日 07時15分03秒 | CompassCourse業務日報

C&C 30 OneDesign
Built in USA
©C&C Yachts



YD 37 All carbon Off Shore Racing Boats
Built in New Zealand
©Yachting Developments / Bakewell-White Yacht Design

昨日は、
東京湾でレースに出た後、
ある御仁に
次世代日本人への
セーリング普及活動について
ご相談。

葉山への帰り道、
銀座・歩行者天国で日没。



葉山の日没のほうが、
個人的には、いいな。



本日はこれから
逗子マリーナへ。
コメント

2014年11月16日 東京湾

2014年11月16日 03時20分19秒 | CompassCourse業務日報

YD37 © Yachting Developments / Bakewell-White Yacht Design


船体モールド積層の様子。


@Yachting Developments / ©Anarchy Racing

本日は、
これから歩いて新逗子駅に行き、
電車を乗り継いで、
東京湾でレース参加の仕事。

そのあと、
都内某所に場所を移して、
ある御仁と、
大切な打ち合わせ。

ここのところ、
相模湾三浦半島岸では、
いい夕焼けが続いている。

これは、
一昨日、
東京帰りのバスを降りたら
見えた光景。




これは、昨日の。



写真には撮れなかったけど、
太陽が伊豆半島に落ち切る瞬間に、
グリーンフラッシュが、
瞬いた。



早くまた、
あの光の色を、
海で見られる生活に戻るぞ。


さ、今日も
いい日でありますように。
コメント

2014年11月15日 三浦半島

2014年11月15日 05時31分03秒 | Weblog
McConaghy Chinaで建造中の
Mills 41


©Mark Mills / McConaghy


©Mark Mills / McConaghy

詳細情報取り寄せ中。


Route du Rhum、
クラス3位でフィニッシュ直前の
<Safran>。



シングルハンドレーサーの艤装は、
ショートハンドの
クルージングヨットの艤装の
アイディアの宝庫だ。


こちらは、
オールカーボンの
クラブレーサーでありながら
同時に、
ORCのcat1もクリアして
外洋も突っ走る、YD 37。
ニュージーランド産。


YD37 © Yachting Developments / Bakewell-White Yacht Design


本日休業。
午前、
三浦海岸に近い街。
午後、
横須賀で科学のお勉強。
コメント

2014年11月14日 原宿

2014年11月14日 08時07分16秒 | CompassCourse業務日報

YD37 © Yachting Developments / Bakewell-White Yacht Design

このサイズで、
リトラクタブル・プロペラシャフトを
装備する艇は初めてではないかと思う。



デッキ・モールド制作の様子。


at Yachting Developments ©Anarchy Racing


それにしても、昨日の相模湾、
すごい風だったな。




本日はこれから表参道、原宿。
コメント

2014年11月13日 試練は栄養

2014年11月13日 01時49分37秒 | CompassCourse業務日報

YD 37 ©Bakewell-White Yacht design / Yachting Developments

YD37のモールド作成作業の様子。
Yachting Developments にて。


photo: Anarchy Racing


北米東海岸では、
100ftマキシComancheが進水。


©Onne van del Wal

すでにシドニーへ向け、
米国を出港。

Wild Ortsの、
シドニー〜ホバートレースでの
連続ファーストホーム記録を
阻止すべく
米国億万長者が送り込む
刺客。


ほぼ日連載中の対談記事で、
宮沢りえさんの言葉に、
自分自身の心を重ねる。

「試練は栄養」

試練にきちんと対峙してきた人の言葉は、
心に届く。
コメント

2014年11月12日 Jockey For Position

2014年11月12日 04時19分53秒 | CompassCourse業務日報

YD 37 ©Bakewell-White Yacht design / Yachting Developments


書き仕事のための
調べ物をしていたら、
まったく知らなかった
ヨットレース用語に
行き当たった。

『Jockey for position』

『ヨットを巧みに操作して
好位置に出ようとすること。』

知っておりましたか?
ぼくは知りませんでした。

面白い。
コメント

2014年11月11日 Route du Rhum

2014年11月11日 05時09分36秒 | CompassCourse業務日報

YD 37 ©Bakewell-White Yacht design / Yachting Developments

YD37。
Built in New Zealand。
ORC Cat1のスペシャルレギュレーションをクリア。
本格的オフショアレースにも参加可能。
艤装・内装モディファイ可。




C&C One Design ©C&C Yachts

C&C30。
30ftワンデザイン。
Built in USA。
ISOカテゴリーA準拠。
中距離オフショアレースにも参加可。


C&C One Design ©C&C Yachts


さてさて注目の
Route du Rhum のほうは、
ルーク・ペイロンが、
コースレコードでトップフィニッシュ。


©Route du Rhum

一緒に食事をしていても
よくしゃべる、
とても気さくな、
そして背も高くない、
ごく普通の54歳なんだが、

103ftの艇を一人で操って
平均22ktのスピードで大西洋を渡る、
すごいセーラーなんだ。

樹立した新記録は、
7日15時間8分32秒。

公式コース距離、3542海里を
この時間で割ると、
平均スピード19.34ktだけど、

実際に走った距離、4199海里を
この時間で割ると、
平均スピード22.93kt。


世界最大、かつ、
最新鋭のレーシングトライマランに乗る、
これまた優秀な40歳の
マルチハルレーサーに、


©SpinDlift

180海里の差をつけての圧勝だった。
コメント

2014年11月10日 森戸海岸 Route du Rhum

2014年11月10日 11時33分01秒 | CompassCourse業務日報

YD 37 ©Bakewell-White Yacht Design Ltd / Yachting Developments




葉山・森戸海岸沖は、
強めの北風。
凛とした、爽やかな空気。


今年のRoute du Rhum、


©Route du Rhum 2014


トップ2艇がフィニッシュ。


©Spindrift Racing


待ってろよ。
コメント

2014年11月9日 矜持

2014年11月09日 16時00分22秒 | CompassCourse業務日報

C&C One Design ©C&C Yachts

C&C30。
アメリカ東海岸製。
ISOカテゴリーA準拠。
中距離オフショアレースにも出られる
30ftワンデザイン。



YD 37 ©Bakewell-White Yacht design / Yachting Developments

YD37。
ニュージーランド製。
ORC Cat1のスペシャルレギュレーションもクリアし、
本格的オフショアレースにも出られる
37ftワンデザイン。

中国製、中東製のヨットが
不安定な品質で失速しつつある中、
本来のレーシングヨット建造技術を持つ
国々が、
矜持を取り戻しつつある。

オイラもね、
このこととはまったく別個に、
決して矜持を忘れたくないと
ココロを新たにした、
今日この頃。


コメント

2014年11月8日 デスクワーク

2014年11月08日 12時52分13秒 | CompassCourse業務日報

YD 37 ©Bakewell-White Yacht Design Ltd / Yachting Developments





朝、浜を走ったあとは、
ずっと机に張り付いて、
パソコンに向かう。

昼前に疲れて、
図書館に逃避。

午後、再びパソコン。

そんな土曜日。

Route du Rhumのほうは、
先頭艇団が赤道の渡りに入り、
駆け引きの応酬。

オープン50の有力艇の1隻が、
マストを折ってリタイア。

大西洋は、
そんな土曜日。


Francois Gabart / MACIF ©AFP
コメント

2014年11月7日 Route du Rhum

2014年11月07日 04時31分06秒 | CompassCourse業務日報

YD 37 ©Bakewell-White Yacht Design Ltd / Yachting Developments

今朝の森戸海岸からの景色。



朝日を浴びる、
富士山と江の島。

本日も、
いい一日になるよう、
努力しよう。


それにしても、
美しい造形だな、と思う。


©Spindrift racing


科学技術の粋が結集した
構造物なのだな、と思う。


©Spindrift racing


世界最大、世界最新鋭
を謳うこの艇はしかし、
ブルーノ・ペイロンの前を
走ることができないでいる。

つまり、
ヨットを走らせているのは、
『人』なのである。


人がいるから、
夕焼けもきれいなのかな。



日本で見るのと同じ月を見ながら、
大西洋を
セーリングで疾走している人もいる。


©Route du Rhum

待ってろよ。
コメント

2014年11月6日 来々軒

2014年11月06日 23時23分13秒 | CompassCourse業務日報

YD 37 ©Bakewell-White Yacht Design Ltd / Yachting Developments


昨日だったかな、
一昨日だったかな、
森戸海岸の夕焼け。



昇ってきた、
十三夜(か、その前日)の月。



朝、机にしがみつき、
昼、シーボニアに行き、
仕事の合間に、
久し振りに来々軒で、
足の怪我が治ったおやじさんが作る
汁米粉を食べ、
夕方から深夜まで
パソコンと格闘し、
の、一日。
コメント