風の旅人 西村一広 Sailing Diary

海とセーリングだけの人生で考えたこと、悩んだこと、感動したこと、学んだこと、あれやこれや。

2015年3月4日 Flying Phantom

2015年03月04日 23時40分05秒 | Weblog
早朝から、
この艇にまつわる計画立案で、
パワーポイントと格闘。


©Phantom International


1年半近く前に
この艇がフォイリングする様子を見て
次世代のために手に入れたいと願い続けている。

4月に和歌山で開催予定だという
この艇を使った世界サーキットが実現したら、
ぜひ見学に行きたいと考えている。


午後になっても
パワーポイントと格闘を続ける中、
Facebookのアカウントが
乗っ取られているようだぜ、
との連絡。

多くの関係者にご迷惑をおかけしました。
この場をお借りして、謝らせてください。

一緒に寄り添って問題を解決してくれようと
してくれる「友達」がほとんどの中で、
それとは真反対の、
「どうしてくれる!」
「迷惑だ!」
みたいなメッセージを
ご立腹の様子で送ってくる「友達」もいて、
皆様にご迷惑をかけた人間として
不謹慎を知りつつ、
しかし、
密かに、
少し笑ったよ、ごめんなさい。

オレ、「友達」になって、ってお願いしたっけ?
オモチロイ。

午後の時間のほとんどを、
乗っ取られたアカウントの善後処理に追われる。

非生産的な時間の浪費に涙が出たが、
「ただほど高いものはない」って知らないの?
と言われれば、
確かに、返す言葉はないなぁ。

それなので、
まだパワーポイントと格闘中。

コメント

2015年3月3日 タイ 逗子の整形外科

2015年03月03日 17時46分25秒 | CompassCourse業務日報
長時間、
タイ国に住むヨット絡みの人物と、
電話でお話。

そのあと、
ニュージーランドのヨット絡みの人物2人と、
スカイプで会話。
これも長時間になった。


さて。
本日午前は、週一度の
逗子の整形外科医の先生に
肩を診てもらう日。

自転車で転倒した時に
左肩を軸にして回転レシーブして以来、
素早く左腕を動かすと、激痛。

CTスキャンで見ながら、
まだ、水が溜まってますねえ、
とのこと。
薬を筋肉の間に入れてもらう。


仕事のあと、
日が暮れる前に、
今日も山を走り、



海辺を走る。



肩を動かさなくていいエクササイズって、
これしかないもんなあ。


葉室 麟の小説を4冊手に入れ、
トイレと休み時間と寝る前は、
個人的に、葉室麟祭り、
の様相。

ひな祭りなんだねえ。
コメント

2015年3月2日 葉山の山から

2015年03月02日 16時51分52秒 | CompassCourse業務日報
Watt&Seaクルージングヨット用
水力発電機PK-970-300
(セット一式価格380,000円・送料別・税別)
を特別価格,税込300,000円で販売しています。
残り1セットのみです。

仕様、性能など、詳細は下の画像をクリックしてください。


興味ある方は、お問い合わせください。
フランス製です。

昨日と打って変わって
雨上がりの凜とした青空が広がった午前中、
森戸のデニーズで、
気象予報士の友人にお茶をごちそうになる。

彼が主宰するウエブサイトに載せるとのことで、
小さい頃からの話を、
記憶をたどりながら、楽しく話す。

これまでずっと、
あっちやこっちで、
あれこれやってきたけど、
そろそろまとめに入るべきタイミングだな、
と真剣に思った。

昼飯後は、1時間の山ラン。



毎回、キツイ。
イヤになるけど、な。
誰のためでもない、自分のためだし。
仕方ない。

いくつか請求書を書いた後は、
頭をこのことに集中する。

コメント

2015年3月1日 寒い雨

2015年03月01日 02時12分31秒 | CompassCourse業務日報
朝から冷たい雨。

本日のレース参加予定は、キャンセル。
プールでエクササイズの日にする。

レースは結局中止だったみたい。

昨日は、午前中
逗子マリーナの艇のデッキの上で
あれこれ仕事をした後、

材木座海岸を通って、



由比ガ浜を目指す。



それにしても鎌倉は、
長い砂浜の湾だ。
南北を崖で閉ざされ、
周囲を山が囲む。
天然の要塞。



由比ヶ浜の西エンドになる
坂の下で、
春の光景を愛でながら




仕事の話。



もう一度、春の景色を眺め、



また仕事の話。



庭でパスタをご馳走になってから、
再び鎌倉湾を歩いて、



南東方向の森戸海岸を目指す。

到着。



道程、1時間20分。
早足で歩いたら、これまでの記録更新。
でもこの距離、この風で、
カタマランだったらきっと、
10分かからないくらいだぞ。


コメント

2015年2月28日 ディーン・バーカーとグラント・ドールトン

2015年02月28日 01時20分31秒 | CompassCourse業務日報
逗子から葉山に戻る。

明日も逗子マリーナの艇で仕事の予定。

海の向こうのニュージーランドからは、
ディーン・バーカーが
チームニュージーランドの中枢から
追い出されたという、
ニュースが流れている。

いつも嘘がなく、人を信じて
アメリカズカップ艇の秘密も見せてくれ
人の心にも寄り添ってくれるディーンに比べると、
グラント・ドールトンという人物は、
策士と呼ばれる通り、
何を考えているのか、
心の底が見えずに困る。



2013年のカップ本戦。
一気に畳み込むべきところだったのに、
オラクルUSAに改造の機会を与えてしまうという
ミスを犯した、あの、
レース日延期に合意してしまったのは
チームボスとしての自分の判断ミスだったと
謝るべきだったのに、
ドールトンはその自分のミスを一切謝罪せず、
敗戦のすべてを、
スキッパーのディーンに押し付けた。

ディーン、でもさ、
ここが君のフィニッシュラインじゃないさ。
まだまだ、人生には逆転できるチャンスが
いくらでもある。

虎視眈々と時を狙え!

コメント

 2015年2月27日 逗子マリーナ カールじいさんの空飛ぶ家

2015年02月27日 14時09分25秒 | CompassCourse業務日報
昨日のヴェラシスマリーナで、
30ftの新艇をチェック。



軽量IRCレーサー。



フム、フム。
面白い。

3月に乗れるのが楽しみ。

本日は、デスクワークの他に
逗子マリーナで、ちょこっと仕事。


さて、先日。

観たい映画のDVDを借りたら
オマケに付いてきた
『カールじいさんの空飛ぶ家』。


©Disney

本来観たくて借りた映画より、
とてもとても、感動。


©Disney

最初の10分くらいで、
エリーのこと
カールのこと、
二人の間に子供ができなかったこと、
エリーが死んじゃったことを、
一気に、しかし分かりやすく、
しかも、
素晴らしく心を込めて、描き出す。

その手腕に、見事にやられ、
カールじいさんに
あっけなく感情移入。


©Disney

人生のフィニッシュラインってさ、
どこにあるか、分からんよ。

というか、さ、
人生のフィニッシュラインって、
自分が決めさえしなければ、
どこにもないのかも、
知れへんよ。


©Disney


コメント

2015年2月26日 浦賀 三浦海岸 佐島

2015年02月26日 06時39分11秒 | CompassCourse業務日報
Watt&Seaクルージングヨット用
水力発電機PK-970-300
(セット一式価格380,000円・送料別・税別)
を特別価格,税込300,000円で販売しています。
残り1セットのみです。

仕様、性能など、詳細は下の画像をクリックしてください。


興味ある方は、お問い合わせください。
フランス製です。


さて、そのフランスからの便り。
チーム・サフランのIMOCA60新艇。



VPLPとGuillaume Verdierの共同設計。



VPLP設計の30mマキシ、
コマンチェと同じように、
マストが船体中心部より後ろにある。

セーリング艇のリグ設計の思想そのものが
変わりつつある気配。


昨日の品川での打ち合わせ。
とても誠実な人たちと
とてもいい感じの話ができる。
今後、この方向で、
進むべき道の模索を続ける。


品川への行き帰りの横須賀線で、
葉室 麟の、
『散り椿』。


角川書店・刊

まことの道に生きていれば、
人生いつかは日が当たる。

いい話だなあ。勇気が出るなあ。

周囲の者どもにどんなに苦しめられても、
どんなに不愉快な目に遭わされても、
どんなに悔しい目に遭わされてもな、
まことの道に生きるのじゃぞ、自分。


さて本日は、
浦賀まで行って、4月以降の件で
熱い打ち合わせ。

そのあと、
三浦海岸経由で佐島に行って、打ち合わせ。
これも熱い話にするつもり。
コメント

2015年2月25日 品川 35th America's Cup

2015年02月25日 05時01分23秒 | CompassCourse業務日報
本日はまず、広告から。

Watt&Seaクルージングヨット用
水力発電機PK-970-300
(セット一式価格380,000円・税別)
を特別価格,税込300,000円で販売しています。
残り1セットのみです。

仕様、性能など、詳細は下の画像をクリックしてください。


興味ある方は、お問い合わせください。


本日は、
東京・品川まで。

この件で、






提案と打ち合わせ。


©Jack Gliffin / Turning the Tide


©Jack Gliffin / Turning the Tide

まずは、これからだ。




コメント

2015年2月24日 35th America's Cup

2015年02月24日 23時55分22秒 | CompassCourse業務日報
1週間前の2月18日、
オラクルチームUSAと
アルテミスレーシングが、
それぞれの方法でフォイリング艇に
改造したAC45クラスを使い、
サンフランシスコ湾で
スピードテストをした。



下の写真はアルテミスレーシングの
AC45改造艇。



下の写真は、オラクルチームUSAの
AC45改造艇、AC45X



翼型のクロスビーム、
ステアリングホイール、
コーヒーグラインダー、
水中に入れられたラダー・・・

どちらも、
元のAC45クラスとは、
ほとんど似ても似つかぬ艇になっている。

AC45クラスを使って今年から始まる
アメリカズカップワールドシリーズは、
今年はAC45の2010年モデル(フォイリングしない)、
来年からは、
フォイリングシステムを持つ
2016年モデルAC45ワンデザインが
使われるが、
あくまでもコアビルダーズが製作する「ワンデザイン」艇
としてのレースになる。

ワールドシリーズに使うワンデザインAC45とは別に、
各チームはAC45を任意に改造することができて、
それを、AC62クラスの開発に利用することができる。


©VIRTEC


©noodles logbook

コメント

2015年2月23日 横浜ベイサイドマリーナ

2015年02月23日 23時09分42秒 | CompassCourse業務日報
春一番のような南風に乗って、
横浜ベイサイドマリーナ沖で
セーリングしたのは、
この艇。



あまりにもいい風だったので、
試乗体験後は、
ステアリングをオーナーにお渡しし、
セーリングを楽しんでいただく。



今年のセーリングシーズンの
幕開け近し、の予感。

コメント

2015年2月22日 北のまほろば 三内丸山遺跡 葉山

2015年02月23日 15時04分49秒 | 西村一広風日記
昨夜は青森市内を、



大人の、街探検。



石川さゆりの『津軽海峡・冬景色』、
『あーおもりーえきーは、ゆーきのなか、』
を、青森駅の近くのカラオケ屋さんでうなる、
という、ひそかな夢は果たせなかったけど、
青森の熱いセーラーの皆さんと熱く語った、
熱い夜になりました。



皆様、ありがとうございました。


明けて、2月23日。



曇り空。

もうかれこれ10年来、
行ってみたいと夢見ていた
三内丸山遺跡に向け、
たっぷりと腹ごしらえして
朝8時にホテルを出発。



5500年前の村へ、
自分の足でタイムスリップしてみたくて、
ホテルから歩いていく。

出発時の気温は零度。
指先がとても寒い。
今回持参した衣類と防寒具を全て装着する。

途中すれ違った
女子高校生二人連れは、
上着も着ないジャージ姿で、
ドーナツをパクパク食いつつ歩いている。
すれ違いざまに耳に入った会話は、
「暑いね、きょう。」

青森の人にとっては
摂氏0度が「暑い」のか…。

その会話に動揺したわけではないが、
道に迷う。

道しるべ通りに歩いていたのに、
いつのまにか
人が歩いてはいけないような感じの、
狭い車路の両脇に
雪がうず高く積まれた道を歩いている。

ごく時折通るクルマに乗っている人が
こちらをみる怪訝な表情から判断して、
この道は三内丸山遺跡に行く観光客が
普段歩くルートではなさそうだと、悟る。

遠くに、
雪に覆われた八甲田山(たぶん)が見える。

映画「八甲田山死の彷徨』のシーンを思い出しながら、
そのはるか下縁の市街地を彷徨する。

迷いに迷い、
でも、そのことも楽しみつつ、
ホテルを出てから
2時間半以上が経過した午前10時30過ぎ。
ついに三内丸山遺跡への入り口を発見。



縄文時代は遠い。



やっと来ることができた
三内丸山遺跡は、
期待していた何倍も素晴らしかった。



3時間弱しか滞在できなかったけど、
少なくとも丸一日は、
ここの空気の中で過ごしたかった。
次はそうしようと思う。



昨日お話を伺った
青森のベテランヨットマンが
教えてくれたところによれば、
1994年、
発掘作業中のここを訪れた司馬遼太郎さんは、
2時間沈思黙考したあと、
「北のまほろば」という言葉を口にしたという。



ここで受けた感銘や、
考えたことは、
また別の機会に書くべしと、
自分に命令する。



縄文時代の空気と三内丸山遺跡に
ココロを残したまま、
新青森駅から新幹線に乗って、
東京経由で葉山に戻る。

明日は、
東京湾でセーリングだぜ。

コメント

2015年2月21日 青森

2015年02月21日 16時48分21秒 | CompassCourse業務日報
青森着いたぞー。

陸奥湾だー。



さあ、仕事だぜいっ。

でも、とても楽しみな、仕事だぞっ。

行ってきまーす。
コメント

2015年2月20日 終日資料作り

2015年02月20日 23時11分05秒 | CompassCourse業務日報


朝起きてからずっと、
海にも行かず、
ランニングにも出ず、
終日ひたすら資料作り。

明日と明後日は東北地方へ。

楽しみ。


コメント

2015年2月19日 九州 葉山

2015年02月19日 23時06分05秒 | CompassCourse業務日報
北風をついて、九州出発。



北九州空港の滑走路が、
0度-180度方向だということを
初めて知る。



明石海峡を見降ろし、



上空で日が暮れていき、

日没、



夕暮れの東京湾の景色を見ながら、
関東に戻る。




さあて明日は丸一日、
明後日からの東北行きの、
準備だぞ。
コメント

2015年2月18日 捏造の科学者

2015年02月18日 23時58分17秒 | CompassCourse業務日報
寝る時間を削りつつ、
いったい何が起きたのか、
本当のところを知りたくて
『捏造の科学者』を読む。


文芸春秋社・刊 
須田桃子・著

まるで、
サスペンスドラマを観ているような
緊張感を覚えつつ読み進め、
今回日本の科学界で起きたことが、
なんとか理解できた。

不完全なるもの、ホモサピエンス。

日本が誇る科学者たちも、
ホモサピエンス。


そのホモサピエンスの一人として、
自分自身を戒める。

それと、

ジャーナリストとは、
プロフェッショナルとは、
かくあるべき、
ということを
改めて勉強させてもらった。

本日も夕食は、
地元・玄界灘産の海産物を
あれや、これや。

考えることが多くて疲れているのかな、
今日の日記はオチがないっす。




コメント