風の旅人 西村一広 Sailing Diary

海とセーリングだけの人生で考えたこと、悩んだこと、感動したこと、学んだこと、あれやこれや。

2017年6月22日 夢の島マリーナ 勝鬨

2017年06月22日 07時59分56秒 | 西村一広風日記
朝3時起き
シースケイプ24の
試乗記Kazu Impression 執筆のための
資料下読み

朝食後
ロープとブロックと
シャックルとスプライスキットを
デイパックに詰めて

バスに乗って逗子駅に向かい
東京都江東区の
夢の島マリーナを目指す

本日はそこのヨットのデッキで
終日仕事の予定

日が暮れたら
勝鬨に行って
髪を切ってもらう

5時に夢の島マリーナでの作業終え

ビールを一杯飲んでから
歩いて勝鬨に向かう

[user_image 1a/73/830f5bbd2a4f147804550a1459034d9a.jpg



セーリングの話しながら
髪を切ってもらった


明日も
朝早くから
楽しいスケジュール
びっしりだぞ

早く帰って寝よう
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年6月21日 葉山は嵐

2017年06月21日 23時38分40秒 | 西村一広風日記
浜ランしようと着替えていたら
雨が降りだす

これ幸いと
嬉しくサボる

午前中
艇売買の書類作り

インバータ関連のことについて
大手輸入艇業者さんに
電話していろいろと教えて
もらう

そのまま
プロジェクト進行中の
新艇案件のデスクワークに入る

夕方
雨が小降りになったのを見計らって
明日の仕事に使うハーケンのパーツと
ロープを
海洋サービスまで
受け取りに行く

夕食までの時間に
スプライスふたつ

夕食後
週末のレースの
エントリーリスト確認と
レーティング算出のための
データ集め

おやすみなさい
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年6月20日 逗子マリーナ

2017年06月20日 21時32分32秒 | 西村一広風日記
早朝浜ラン
5時半から浜で
キャッチボール

朝食後
新アメリカズカップ日記
というタイトルの原稿を仕上げてから

昼過ぎ
逗子マリーナまで行き
仕事


家族の誕生日パーティー
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年6月19日 森戸海岸で初泳ぎ

2017年06月19日 18時48分04秒 | 西村一広風日記
朝寝坊して
夜中仕事できず
朝5時半から長女と
キャッチボール

朝食後に
ヨットを天井から降ろして
セーリング準備

相棒が
セーリングに出ている間に
急ぎの原稿書き

早く目処がついたので
急ぎドライスーツに着替えて
浜に走る

相棒は気持ち良さそに飛んでいる

その後風落ちジブンは飛べず

でも
ジブンの限界に挑む充実した時間

セーリング30分
スイミング60分

葉山で今年の初泳ぎ

昼ごはん食べて
相棒東京に帰り
ジブンはデスクワーク再開

日暮れ



ワインを持って浜に出て
明日の仕事段取りを
頭の中で組み立てる



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年6月18日 東京 夢の島マリーナ

2017年06月18日 09時15分16秒 | 西村一広風日記
今日も朝から
夢の島マリーナで仕事

雨が来る前に
終われるかな


終われなかった

でもすごい商品を納品できた

Watt&Sea

想像をはるかに超える
発電能力

クルージングヨットの
充電問題を
サクっと解決する
ディバイスだ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年6月17日 葉山

2017年06月17日 19時57分43秒 | 西村一広風日記
朝から
葉山中学校

夕方
浜でワイン



慌ただしく過ぎる日々の中の
いい一日
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年6月16日 東京 夢の島マリーナ

2017年06月16日 02時54分31秒 | 西村一広風日記
朝早くから
モスの古谷さんと
東京に行って
夢の島マリーナのあるヨットで
一日中一緒に作業をする日

古谷さんの
愛情あふれる毒舌に
ジッと耐える訓練の日だということだ

辛いことだろう

でも諦めろ


図書館で借りた
高峰秀子さんのエッセイを読んでいて
司馬遼太郎の
「菜の花の沖」の構想が
ホノルルのアラモアナパークで
まとまったということを初めて知った

高田屋嘉平と北前船の勇壮な話は
ハワイの
あの公園で始まったのか

司馬遼太郎が
菜の花を好きだったということも
そのエッセイで初めて知った

ジブンの中では
「菜の花の沖」は
直球でジブンのアメリカズカップ挑戦理念に
繋がっている

それが
ジブンのアメリカズカップ挑戦理念の
もうひとつの柱である
ホクレアとも
ハワイ繋がりがあったとはなあ

なんだか
うれしいことを知ったなあ

高峰秀子さん
ありがとうございます
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年6月15日 羽生善治 X 茂木健一郎

2017年06月15日 07時20分46秒 | 西村一広風日記
まだ暗い朝2時半から始めて
5時まで
Kazi誌の原稿書き

その後
浜をちょいと走って

5時半からの30分
長女との海浜キャッチボールを
楽しむ

凪の海に
薄く晴れた空が映って
美しい



シャワーも浴びずに
慌ただしく着替えて
朝食をいただいて
バスに乗って東京方面に向かう

本日も病院をいくつか回って
検査し
診断を受け
英語で診断書を書いてもらい
サインをもらう

それらを証拠書類として
フランスのレース本部に提出するのだ

もういったい
何人のお医者さんから
診断書にサインをもらったことだろう

それらの費用を合計すると
高級人間ドック並みに
なっているのではないかと思う

それだけ
向こうのレース本部は
ヨットレースを危険なスポーツとして
認識しているわけで

少なくともその認識だけは
日本のヨットレース関係者も
共有した方がいいかもしれない


そういうことで
今日も丸一日を
このことに費やすことになるのだけど
ひとつだけいいことがあって

それは
膨大な電車での移動時間や
病院での待ち時間に
タップリと本を読めること

先日図書館から借りてきた本の
一冊が面白い

羽生善治さんと
茂木健一郎さんとの対談

「自分の頭で考えるということ」

脳味噌をいっぱいいっぱいに
使いながら読み進める

箸休め的に読む本も
一緒にバッグに入れてある
こちらは
前回の2013年の
サンフランシスコでのアメリカズカップの
全レースを
詳細に分析した本

こちらも
とても面白い

さあて東京だ

今日も
病院まわりを楽しもう


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年6月14日 逗子マリーナ なおちゃん まいふな

2017年06月14日 11時57分56秒 | 西村一広風日記
朝ごはんの時間まで
昨日ファイルを消失した
原稿の書き直し

0から0に戻すだけでは
時間分損なので
プラスになるよう知恵を搾る

朝食後
コーヒーを飲んでから
逗子マリーナに向けて
歩いて出発

午前中いっぱい
逗子マリーナで仕事

また歩いて葉山に帰る

途中逗子で
タンメンの昼食

炭水化物摂りすぎだけど
歩いている間に
頭の中が
タンメンタンメンタンメンタンメンと
タンメンでいっぱいになり
それ以外の昼食は
考えられなくなってしまった

梅雨に入ったばかりなのに
柿の木はもう
秋に向かって準備開始



タンメン食べて
歩いて葉山に戻り
セブンイレブンでコーヒー買って

大潮で陸続きになった島に渡って
テトラポットの下に隠れている
サザエを観察したりしながら
浜をぶらぶら歩いて
自宅を目指していると

浜をジョギング中の美女から
名前を呼ばれる


沖縄のなおちゃんだ

ひっさしぶり

沖縄の美女がなぜ
森戸の浜を走っているかは
置いといて

なおちゃんと旦那さんのバシは
かつてジブンも所属していた
伝説のサバニチーム
まいふなを復活させて
今年の座間味〜那覇レースに出るという

まいふなは
我々の
うみすばると同じ船大工の
伊江島の下門龍仁さんが造り
全長も幅もほぼ同じの
兄弟船

突然のライバル出現だ

むむむー
負けたくないぜ

まいふなは
シーカヤッカー中心のチーム

一方の我々は
セーラー中心のチーム


全力を尽くします
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年6月13日 でたらめ〜な一日

2017年06月13日 20時09分28秒 | 西村一広風日記
浜を走ろうと着替えていたら
雨が降り始めた

そこから先
なんともリズムが噛み合わない
一日になった

完成間近の原稿を
白紙にしてしまうわ

助成金申請のウエブ登録を
延々時間掛けたのに
フリーズして消滅するわ

東京に出ようとしたバスに乗り遅れて
会合に遅刻することになって
欠席するわ

もうでたらめの一日

一所懸命が
見事にカラ回りした日

これ以上周囲に迷惑掛けないよう
寝ちゃお

コメント
この記事をはてなブックマークに追加