風の旅人 西村一広 Sailing Diary

海とセーリングだけの人生で考えたこと、悩んだこと、感動したこと、学んだこと、あれやこれや。

若者もおじいも、どちらも偉いぞ。

2012年11月22日 05時18分25秒 | 西村一広風日記


都会の暗い建物の中に置き去りにされていた
ある小さな島のおじいが造ったサバニくんが
やっと里帰りをすることができました。



大きな船に乗ったサバニくんを、
人間たちは飛行機で追いかけ、



サバニくんと一緒に小さな船に乗り換えて、



南の、ある島に着きました。



島の若者たちが協力してくれて、
ゆっくりと島の中を移動して、
ヤギや牛たちを驚かせながら



無事サバニくんの新しい家に到着。



生まれた島とは違う島だけど、
生まれた島と同じように、
きれいな青い海に囲まれた、小さくて、素敵な島。



この島でね、来年の夏、
たくさんのこどもたちが
このサバニくんに乗ってくれる予定。



島の中をゆっくりと運ばれているときに、
通りかかった島のおじいが、
じーっと時間をかけて見てくれて、
優しい笑顔で
「きれいなサバニだねえ。
おめでとう。」
って言ってくれた。

なんで、おめでとう、だってこと、分かったのかなあ。
都会からやっと里帰りできたこと、知ってたのかなあ。



これは、里帰りしたサバニくんの、
ずーと前に造られた祖先。
丸木をくりぬいて造った丸木舟サバニ。
沖縄のことばでは、まるきんに、って言います。

マスト(帆柱)を立てる穴が前後に3つ見えるけど
その理由が、分かるかな?

ヨットが上手な人なら分かるかも知れないけど、
帆柱の立ち方の角度を変えると、
フネは自分で風上に向かおうとしたり、
逆に、風下に向かおうとする。
ウインドサーフィンの人たちが
舵がなくてもいろんな方向に自由自在にセーリングできるのは、
この性質を100%利用しているからなんだね。

そういう帆掛け舟の性質を利用して、
行きたい方向への風向きに合わせて
帆柱の立て方を選ぶ。
そうすると舵をあまり使わなくていいので、
フネも人間も楽だし、スピードも速い。



今の日本では、ヨットの名選手しか知らないようなことを
昔のおじいたちは普通に知っていたんだよ。

サバニくんの祖先も素晴らしいし、
昔のおじいたちも、素晴らしいね。
その素晴らしさを、
今の若者たちに引き継ぐことができたら、
それも、すごく素晴らしいことだよね。















ジャンル:
ウェブログ
キーワード
セーリング ウインドサーフィン
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加 mixiチェック
« ただセイラーとしてだけではなく… | トップ | 琉球OKINAWA沖縄 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (西岡)
2012-11-22 07:11:13
おじいもワカモノも一緒になって何かをやる、おじいの知恵にワカモノが学ぶ、ということがいかに大切か、きちんと語る人って意外に少ないんですよ。最近、いろいろ「ソーシャル」な活動をしている人を見ますが、この点を見逃していることがとても意外なんです。
Unknown (Kazu)
2012-11-22 12:03:12
残り時間も少なくなり、自分にできることは限られて来ています。
でも、だからと言って焦らず、結果をこの目で見なければなどとも思わずに、できることからヨチヨチとやっていこうと思います。
Unknown (いとう)
2012-11-24 22:37:30
そうですか!
よかった。すばらしいです!
Unknown (Kazu)
2012-11-26 06:39:35
いとうさま、

今後ともお力添えをお願いします!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。