風の旅人 西村一広 Sailing Diary

海とセーリングだけの人生で考えたこと、悩んだこと、感動したこと、学んだこと、あれやこれや。

今日のお仕事 昨日の笑顔

2011年08月08日 23時46分29秒 | 西村一広風日記
横須賀市浦賀のマリーナ・ヴェラシスで、
新モデルの試乗、インプレッションレポートの
お仕事。
アメリカ製のできたてホヤホヤの
クルージングヨット。



この艇を購入されたオーナーは、
ご夫婦で、世界1周に出かけるのだとか。

この日の東京湾は、もう、これ以上はないくらいの
完璧なセーリング・コンディション。
仕事を忘れて、心地良いセーリングをたっぷりと楽しませていただいた。

最高のセーリングだったし、
艇も、最高に素敵なクルージングヨットでした。
この艇の試乗インプレッションの詳しいレポートは、
月刊KAZI誌11月号で。

さて昨日の日曜日は、
お台場でのセーリングイベント開催。

東京に出かける前に朝散歩をしていたら、
森戸川にかかる橋の上の電線に、
つばめたちが止まって、
すごい勢いでおしゃべりをしていた。



朝ごはんをそれぞれの巣で子どもたちに食べさせた後に
示し合わせてここに集まって
それぞれの子どもたちの発育状況の情報交換と、
今年南に帰る日取りについての相談をしていると見た。

葉山からバスと横須賀線を乗り継いで、お台場へ。

親子の皆さんにセーリングを体験してもらう催しは、
午後12時45分受け付け開始。
すぐに大行列ができる。



この日はワタクシはもう一月近くも続いている膝痛のため、
膝立ちをしなければいけないこの日の艇でのセーリングは
お休みさせていただき、
かと言って受付業務でも使い物にならず、
記念写真撮影係り。



参加者の皆さんには、
それぞれの皆さんの記念すべき初セーリングの様子と
こぼれるような笑顔の大アップの写真を
ダウンロードしていただくサイトを作ってご案内しているので、
ここではさわりだけ。












お昼過ぎくらいに、
千葉県房総半島内房辺りで発生した大入道雲のひとつが
東京湾を西に向かって進み、
15時を過ぎると羽田空港上空にかかり、
そこから急に北上してきて、
15時45分、お台場の西側に到達する。

雲の中に雷鳴が響き渡っているのが聞こえ始め
それと同時に、非常に強い西風がその雲から吹き出してきた。

終了予定の15分前だったけど、
参加者の皆さんを怖がらせてはならぬと思い、
この時点で以降のセーリングを中止にした。
すでに受付を済ませていた21名の方々、
ごめんなさい。
次回、9月第1日曜日にぜひいらしてください。

この日来てくれた方々は125名。
セーリングを楽しんだ方々は、104名。

今年のどこかのタイミングで、
東京都内で避難生活をしているご家族に
セーリングを楽しんでいただく一日を
プレゼントできないものかと、
みんなで考えています。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 福島の 特別の夏。8月6日 | トップ | KAZU Impression動画版第1弾 ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (windy)
2011-08-10 09:08:16
日曜に偶然この体験セーリングを見かけました。
避難されてるご家族に楽しんで頂ける機会があれば良いですね!(雑用係必要でしたらお声掛けてください、役立たずかも?ですけれど)

福島には数回日帰りで救出された被災動物のお世話に行ってます。日曜は救出活動をされているボランティア団体さんが参加されたイベント行った帰りでした。
Unknown (kazu)
2011-08-11 13:31:55
windyさま、

そうでしたか。声をかけてくださればよかったのに。
ボランティアお疲れ様です。
私たちにもできそうなことの糸口が見つかりそうです。
東京都内で被災生活をしている、小さなお子さんをお持ちのご家族に、セーリングで遊ぶ日曜日のご提案ができるかもしれない、というところまでこぎつけました。
余計なおせっかいにならないよう、気を付けます。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。