風の旅人 西村一広 Sailing Diary

海とセーリングだけの人生で考えたこと、悩んだこと、感動したこと、学んだこと、あれやこれや。

2017年1月30日 一般社団法人うみすばる誕生

2017年01月30日 23時23分13秒 | Weblog


先週
一般社団法人うみすばる
が誕生した

12月18日に定款認証手続き完了して
年明けを待って
1月18日に法務局に登記

1月24日に印鑑証明発行してもらって

1月26日に銀行口座開設

以上すべてを身内にしてもらった

あっぱれ

今週のどこかで
ささやかながら
お祝いと
開設作業に頑張った人への慰労も込めて
<うみすばる>の進水式をしよう

どこかのタイミングで
皆様にお披露目会もしなきゃな

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016年7月14日 横浜 滝頭

2016年07月14日 23時51分31秒 | Weblog
午前中
葉山

午後
クルマを運転して
横浜まで
お見舞い

途中
ワクワクする電話あり

新しい何かが
始まる予感
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016年3月16日 ウミウシ

2016年03月16日 22時50分12秒 | Weblog

朝の浜ランの後の雲
ただの曇り空の雲も
じっと観察すると
綺麗だな


本日も
ほぼ一日マリーナにて

修理に出すセールが
乾くのを待つ間

桟橋に寝そべって
春うららの海中を
覗き込む

でっかいウミウシが
何やら捕食活動中

その名の由来が
ずっと不思議だったけど

これだけデカいと
確かに
牛のように見えなくもない

それまで
のんびりとゆっくりと
海中散歩をしていた
ウミウシ君が

突然

まるで
電気に触れたかのように
体を激しく動かして
その場を
少しでも早く
逃れようとするかのように
もがくが

体は思い通りに動かず
ズルズルと
海底へと滑っていく

そして最後は
まるっきり動かなくなって
舞うように
海底に落下していった

突然の命の幕切れ

それまで
その大きなウミウシが這っていた
岩のくぼみに
小さな小さな
生まれたばかりのような
ガンガゼが

それを感知できなかった
ウミウシに覆いかぶされ
恐怖のためか
あるいは怒りの
毒針を発射したんだろうな

うららかな春の海中に
凄惨な光景を見てしまった

人間だけじゃなく
どんな生き物たちも
厳しい現実の中で
一所懸命生きているんだな

てなことを
一人でぼんやりと思った
平和なマリーナの桟橋の上


見えにくいけど
力尽きて海底に沈んでいく
ウミウシ

そのカラダの下から
若いガンガゼが見えてきた
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016年3月4日 エウロパ

2016年03月04日 04時10分57秒 | Weblog
昨夜は
森戸デニーズで遅くまで
帆についての商談

日付が変わって
本日午前零時半

見上げた空に
南中を少し過ぎた木星

そして再び
衛星見ゆ!

エウロパだぁ



氷で覆われた
エウロパの内部には
シャーベット状になった
広大な海があるとされていて



その海にはほぼ確実に
生命体がいると目されていて
昨年NASAは
エウロパに探査機を送る計画に
正式なゴーサインを出した



ジョディー・フォスターの
『コンタクト』の世界が
現実になりつつあるんだなぁ

でもそのときには
ジブンは
地球にはいないなあ

天文情報によると
ほかの3つの衛星も
見えることになっていたけど
ジブンには見えなかった

4時過ぎて
鋭く尖った
地球の月の
高度が増してくると
そのエウロパも
見えなくなった

そんな壮大で
ロマンあふれる星空の下の
小さな仕事場で

舌打ちしながら
相も変わらず
思い通りに入力できない
パワーポイント相手に
苦戦を続ける

ジブン
一体何やっとるの

ジブンに毒づきつつも

行き着きたい場所に
行き着くためには

こんなことにも
耐えねばならんことも

理解しておるのじゃあ!



本日昼のお仕事は
諸磯方面

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016年2月20日 

2016年02月20日 09時56分11秒 | Weblog

冷え込みが緩い朝だったので
浜ラン

元気な小学高学年の
男子3人組に追い抜かれるも

タイミングを計って
抜き返す

身体能力を
経験と英知(狡智?)で
克服することを
久し振りに実践で味わう・笑

寒さの峠は越えたのかな



そう信じたい朝

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2015年12月9日 夜明け前の悦楽

2015年12月09日 06時18分25秒 | Weblog
夜明け前の自由時間
えつらく えつらく

クォント23のお勉強の続き

3つのフォイルの働き方が
よくわかる写真


©Quant Boats


どうしてもフライできなかった
クォント28


©Quant Boats

違いはこの
カーブしたダガーボードだ


©Quant Boats

これによって
水平翼が船艇よりも下になり
人間を入れて500kg近い重さを
持ち上げることができた


©Quant Boat / YachtingWorld

こういうことを
仕事にしている人たちがいることが
嬉しいし
できれば自分も
そういう仕事をもっとしてみたい


こっちの
こういう船も
たまらなく好きだぞ


©K.Miyazaki / Kazi


©K.Miyazaki / Kazi


あー
夜が明けた

浜ランしてから
仕事に行きますか


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2015年7月31日 ブルームーン

2015年07月31日 22時07分10秒 | Weblog

病院

昼は
チャチャタウンの
ピエトロ

午後
空港留めの
荷物を発送


この状況で
行っていいものかどうか
迷いながらの発送

羽田行きの
チケットも
買ってしまったしな

おぬし
行く気だな


7月二度目の満月
だから
ブルームーン

こころ
千々に乱れつつ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2015年6月1日 葉山 芦屋 葉山

2015年06月01日 21時29分17秒 | Weblog
夜明けを待って
関西まで日帰り旅行。

自分にとって
かつての帆走道場、
浜名湖。



本日の帆走エリアは
大阪湾。



帆走するのは
この艇。



進水仕立て、
この世に生まれたて。

素敵な
セーリングインプレッション
でした。

ところで
この日のマリーナ、
オーナーサービスが
半端じゃない。



マリーナに艇を預けている
オーナーが、
こんなに《俺さま感》を
堪能できるマリーナは、
日本ではここだけなんじゃ
ないだろうか?

新大阪駅で
美味しいうどんを食べて、
ビールを飲み飲み
東に帰る。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2015年4月18日 逗子沖

2015年04月18日 21時30分40秒 | Weblog
朝から逗子マリーナに行き、
リグチューン。
オンデッキマストは難しい。

大潮の干潮、
でも潮が満ちてくるのを待つと
南風が上がり過ぎてしまう、
という、潮と風との板挟み。

そういえば昔
御前崎でウインドサーフィンの
レース運営をしていた頃、
上げ潮と一緒に南風が吹き上がるのだと
漁師さんから教わったことを
思い出す。

沖に出る。
すでにリグチューンには不適当な、
20ノットを超えるような風速。

大学を出たばかりの
優秀なディンギーセーラー2人に、
ステアリングとメインを任せてみる。

いいなあ。やっぱり。
ちょっとアドバイスしただけで、
ポイントをすぐに理解するな。

二人とも
メインシートの重さやヒール角度に
ヒーヒー言いながら、笑っている。
楽しそう。

いいイメージを持たせた状態のまま、
早めに解散。

葉山に戻り、デスクワーク。
時間に余裕があったので、
ウイングのお勉強とかも・・・


©Jack Griffin


明日は
江の島沖スタート&フィニッシュの
レース。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2015年3月15日 葉山 鎌倉 横須賀 ヴェラシス シーボニア

2015年03月15日 11時30分39秒 | Weblog
あちこち回って、



打ち合わせの一日。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2015年3月13日 大阪湾

2015年03月13日 05時18分21秒 | Weblog
これから逗子に出て、
品川経由して新大阪から西宮へ。
1日大阪湾でセーリング。



風はいい感じの予想なので、
楽しいセーリングになりそう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2015年3月4日 Flying Phantom

2015年03月04日 23時40分05秒 | Weblog
早朝から、
この艇にまつわる計画立案で、
パワーポイントと格闘。


©Phantom International


1年半近く前に
この艇がフォイリングする様子を見て
次世代のために手に入れたいと願い続けている。

4月に和歌山で開催予定だという
この艇を使った世界サーキットが実現したら、
ぜひ見学に行きたいと考えている。


午後になっても
パワーポイントと格闘を続ける中、
Facebookのアカウントが
乗っ取られているようだぜ、
との連絡。

多くの関係者にご迷惑をおかけしました。
この場をお借りして、謝らせてください。

一緒に寄り添って問題を解決してくれようと
してくれる「友達」がほとんどの中で、
それとは真反対の、
「どうしてくれる!」
「迷惑だ!」
みたいなメッセージを
ご立腹の様子で送ってくる「友達」もいて、
皆様にご迷惑をかけた人間として
不謹慎を知りつつ、
しかし、
密かに、
少し笑ったよ、ごめんなさい。

オレ、「友達」になって、ってお願いしたっけ?
オモチロイ。

午後の時間のほとんどを、
乗っ取られたアカウントの善後処理に追われる。

非生産的な時間の浪費に涙が出たが、
「ただほど高いものはない」って知らないの?
と言われれば、
確かに、返す言葉はないなぁ。

それなので、
まだパワーポイントと格闘中。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2014年12月3日 予感

2014年12月03日 04時58分16秒 | Weblog

YD 37 © Yachting Development / Bakewell-White yacht Design




例えば、
荒れた海で。

風に向かって上っていく
ヨットをステアリングしているとき、
フッと弱まる風の具合から、
次に吹き込んでくる
パフの強さが、
海面を見なくても分かる時がある。



例えば、
ワッチオフで。

船内のバースに横になっているとき、
艇体に当たる波が
不意におとなしくなることで、
次に襲ってくる大波を、
目で見ていないのに
予想できることがある。



そんな、
大きな何かが近づいてくる
予感を感じる、今日この頃。



備えよう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2014年11月15日 三浦半島

2014年11月15日 05時31分03秒 | Weblog
McConaghy Chinaで建造中の
Mills 41


©Mark Mills / McConaghy


©Mark Mills / McConaghy

詳細情報取り寄せ中。


Route du Rhum、
クラス3位でフィニッシュ直前の
<Safran>。



シングルハンドレーサーの艤装は、
ショートハンドの
クルージングヨットの艤装の
アイディアの宝庫だ。


こちらは、
オールカーボンの
クラブレーサーでありながら
同時に、
ORCのcat1もクリアして
外洋も突っ走る、YD 37。
ニュージーランド産。


YD37 © Yachting Developments / Bakewell-White Yacht Design


本日休業。
午前、
三浦海岸に近い街。
午後、
横須賀で科学のお勉強。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2014年10月23日 逗子マリーナ

2014年10月23日 22時08分14秒 | Weblog
午前、
パソコンと格闘。

午後、
雨上がりの逗子マリーナで
艇のボトムに潜って
黙々と作業。


YD 37 ©Bakewell-White Yacht Design Ltd / Yachting Developments
コメント
この記事をはてなブックマークに追加