風の旅人 西村一広 Sailing Diary

海とセーリングだけの人生で考えたこと、悩んだこと、感動したこと、学んだこと、あれやこれや。

AC45ワールドシリーズへの日本参加の可能性を求めて 第34回America's Cupニュース その4

2011年09月28日 08時35分29秒 | 34th America's Cup

アメリカズカップ・イベントオーソリティーの
代表者とのミーティングで明らかになったことは、
2013年のサンフランシスコでの本予選と本戦に至る前の、
レースフォーマットの詳細です。

以下に記す新しいレースフォーマットは、
このレポートを書いている時点ではまだ公式発表もされておらず、
アメリカズカップのオフィシャルサイトにも掲載されていません。

AC45クラスを使ったアメリカズカップ・ワールドシリーズ第2シーズンは、
ワールドシリーズ2012-13と銘打たれて
来年2012年の2月のニュージーランドかオーストラリア(最終調整中)での
第1戦を皮切りに、2013年5月(イタリア・ナポリ)までの期間、
全10戦あるいは11戦で開催されます。

現時点でも公式には2012年のワールドシリーズから投入されることになっている
AC72クラスですが、実際には2013年の6月以降の、
本予選(ルイヴィトンカップ)で初めて登場することになります。

AC45クラスがワールドシリーズの制式艇として
2013年5月まで使われることになったことに伴い、
AC45 によるユースアメリカズカップ構想は、
早くともそれ以降に延期されました。

AC45でのワールドシリーズを2013年まで開催する目的のひとつは、
スポンサー集めに苦労する各チームが、
段階的に挑戦資金を獲得するのを可能にしたいからだと言います。

AC45によるワールドシリーズに参加している間は、
各チームは全長45フィートの艇で国際レースに参加する程度の資金で
チームを運営していくことができるのです。

この程度の資金であれば、
日本のヨット界にも可能性が出てくるのではないでしょうか。

ただし、ワールドシリーズにエントリーするためには
第34回アメリカズカップに参加することを確約した上でなければならない、
という縛りがもちろん付帯しています。

ここでは詳しい報告ができませんでしたが、
ヨット専門誌のKAZI誌12月号(11月5日発売)で
これらの詳細をレポートするページを割いていただきましたので、
現在と今後のアメリカズカップ詳細について興味のある方は
是非そちらをご覧下さい。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

AC45ワールドシリーズ2011を観て 第34回America's Cupニュース その3

2011年09月28日 08時27分00秒 | 34th America's Cup


レースの模様は、
アメリカズカップのオフィシャルサイト内の
動画で紹介されています(http://www.americascup.com/)ので
それを観ていただきたいのですが、
現地で実際にレース使用艇(AC45クラス)やレースを
実際に目の当たりにするとさらに、
これまでのアメリカズカップとは、
まったくの別物の競技だという印象を強く受けます。



さらに言えば、ディンギーであれキールボートであれ、
普通のセーラーがイメージするこれまでのどのヨットレースとも異なる、
まったく新しい水上競技のように見える、
と報告すべきかもしれません。

これまでのアメリカズカップ艇や
それらの艇が繰り広げるレースを観て、
アメリカズカップのレースはこういうものだというイメージを持っている人は、
それを一旦完全に捨てたほうがよさそうです。



過去のアメリカズカップにノスタルジーを感じてしまう世代には、
これから行なわれようとしているアメリカズカップは
到底受け入れられるものではないかもしれません。

しかしその一方で、
これまでのアメリカズカップや一般のヨットレースをいうものを
まったく知らない無垢なスポーツファンや子どもたちの目には、
非常に興味をそそられる水上スポーツになる
可能性を秘めているのではないか、
とも思います。



これまでの優雅なアメリカズカップのレースの魅力が
消え去ろうとしていることに後ろ髪を引かれつつも、
アメリカズカップやセーリングの未来を考えると、
そういう新しいグループや新しい世代に
興味を持って受け入れられることのほうが、
スポーツとしてのアメリカズカップやセーリングの
より良い発展にとってとても重要なはずだ、
という感想を、個人的にですが、持ちました。


(つづく)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

AC45ワールドシリーズ2011 第2戦プリマス大会 第34回America's Cupニュース その2

2011年09月28日 08時18分14秒 | 34th America's Cup


AC72クラスで行なわれる
2013年の本予選(ルイヴィトンカップ)と
本戦(アメリカズカップ)を前に、
現在はAC72クラスの約半分の大きさのイメージの
AC45クラスという名のワンデザイン・カタマランを使って
世界を転戦するワールドシリーズ2011が開催されています。



JSAFアメリカズカップ委員会(植松 眞 委員長)では、
ワールドシリーズ2011第2戦の
イギリス・プリマス大会(9月10日~18日)への招待状が
第34回アメリカズカップの運営全体を統括する
アメリカズカップ・イベント・オーソリティー社から届いたことを受けて、
その大会時期にたまたまフランス滞在中だった委員の一人(ワタクシです)を
イギリスに派遣しました。 



1、新しくなったアメリカズカップの空気を現地で感じ取って
それを日本のセーラーの皆さんに伝えること、

2、アメリカズカップ・イベントオーソリティーの代表者に会って
アメリカズカップ・ワールドシリーズの詳細情報を聞き出すこと、

3、そして日本からのワールドシリーズ参加の可能性を探ること。

この3つが植松委員長から託された任務でした。
(つづく)


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第34回America's Cupの展望 第34回America's Cupニュース その1

2011年09月28日 02時08分42秒 | 34th America's Cup

日本セーリング連盟会報誌『J-Sailing』の最新刊号用に書いた、最新のアメリカズカップに関するニュース原稿のダイジェストを、4回に分けて掲載します。


1,【第34回アメリカズカップの展望】



2009年7月に第32回アメリカズカップが終了した後、
第33回アメリカズカップの挑戦者代表ヨットクラブの
資格の有無をめぐる議論をキッカケにした様々な紆余曲折を経て、



次回第34回アメリカズカップは
再来年の2013年7月~9月に、
米国サンフランシスコ湾で開催されることになりました。





第34回アメリカズカップに使われる艇は、
全長72フィートのAC72クラスと呼ばれるカタマラン艇です。



AC72クラスはキールボートではありません。
鉛をぶら下げたキールではなく、
カーボン製のダガーボード(モノハル艇で言えばセンターボード)を備えた、
超大型のカタマラン・ディンギーだと表現するほうが正確でしょう。



船体長21メートル強、全長30メートルもの大型艇だとはいえ、
ディンギーですから、操船ミスをすれば簡単に転覆します。
再帆走も可能ですが、転覆したレースは負けることになるでしょう。

裁判所の判断によってモノハル対カタマランで強行された第27回大会を別にすれば、
第32回アメリカズカップまで150年以上続いた
モノハルのキールボートによるアメリカズカップの歴史は
終わりを告げることになりそうです。

歴史の早い時期、葉巻を口にくわえた老獪な艇長が
悠然と舵輪を操っていたアメリカズカップ艇は、
これからは、風圧抵抗を最小限に抑えるウエアに身を固め、
直感的なセーリング感覚に優れた、
屈強でしかも素早い身のこなしを身上とする
若いアスリート・セーラーたちでしか走らせられない、
非常にスポーティーな艇へと大きく変化することになったのです。



AC72クラスは、
微~軽風では風速の3倍以上のスピードで走ることが可能で、
サンフランシスコ湾のような強風のエリアでは
45ノットを越えるスピードでレースをする超高速ヨットです。
口にくわえた葉巻など、
出艇したとたんに風に飛ばされるか
スプレーでびしょぬれになってしまうことでしょう。
(つづく)


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第34回America'sCup最新情報

2011年06月24日 05時25分40秒 | 34th America's Cup


第34回America's Cup。
スペインからの挑戦チームが、詳細を発表。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

AC45 アルテミス・レーシング練習初日

2011年02月22日 15時51分21秒 | 34th America's Cup
ニュージーランドのオークランドでは、
AC45プロト(0号艇)のシェイクダウンが終わり、
挑戦を公式に表明しているチームの持ち回りによる、
トレーニング・セッションが始まった。

今日は、スウェーデンのアルテミス・レーシングの練習日初日。

午前中まずまずの練習を終えて、午後、
海上で艇を止めて、ウイングの調整をしているとき、
強いパフが入ってしまい、ウイングのアタックアングルを動かすことができないまま、
艇はそのまま横倒しになり、ウイング上部のフレームと表面のフィルムにダメージを受けた。



ウイングセールは、風に対して5度か10度アタックアングルを持つだけで、瞬時に揚力を発生するという。
こういうことを、敵はどんどん経験して先に進んでいく。

早く練習したいね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第34回アメリカスカップ 明日、韓国がエントリーするようです。

2011年02月15日 10時02分44秒 | 34th America's Cup
今朝、まったく別件でニュージーランドのセーリングヨット関係者と電話で話をしていたら、
「そう言えば、あした韓国がアメリカスカップに正式エントリーするよ」
だって。



スポンサーはヒュンダイ自動車のアメリカ支社だけしかまだ付いていなくて、
この先まだまだ集めて周らなければいけないらしいけど、
その見通しが立っているからこその、正式エントリーだと思う。

韓国のセーリング関係者のみなさん、初めてのアメリカスカップ挑戦、おめでとうございます。
アジアにもセーリング文化あり、を西洋のセーリングファンに見せ付けてください。
アジア人の一人として、心から応援させていただきます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

正体不明のイタリアン

2011年02月12日 04時51分58秒 | 34th America's Cup


イタリアのヴェネチア・チャレンジという組織?が発表したところによると、
シシリー島にあるCanottieri Marsala Yacht Clubというところと契約をしたんだそうだ。



何の契約かというと、第34回アメリカスカップに挑戦するために、ということらしい。

この組織は昨年2010年の6月あたりから、プレスリリースを時々思い出したように発表しているのだけど、
英語版が付いている発表だけを拾い読みすると、
ロゴを商標登録したとかなんとか、そういう類の発表ばかりで、
海とか風とかセーリングとかの匂いが、あまりがしてこない。

この組織の代表者らしいカルロ・マグナさんという人物の写真もある。
ソファーに座って、どうよ、と、いい男ぶりをアピールしているような写真。
ボクが海で会ったことがないだけで、実はイタリアを代表するような優秀なセーラーなのかもしれない。

組織が作れないでいる日本にまで手を差し伸べてくれている第34回アメリカスカップの運営・広報サイドが、
このチームのプレスリリースを援護射撃したり、何かコメントしたりしないのも不思議。

ま、そんな遠い国のチャレンジャー候補のことよりも、アジアの国からの挑戦者の正式なニュースに備える準備中。
強い衝撃に耐えられるよう、足を開いて踏ん張っている、という感じかな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2013年夏と秋、サンフランシスコでは

2011年02月12日 04時22分16秒 | 34th America's Cup
The 34th America’s Cupの正式日程を、念のためにここに書いておきます。


photo copy the 34th America's Cup

予選
ルイヴィトンカップ総当戦 
2013年7月13日~8月4日(予備日8日間含む)

ルイヴィトンカップ準々決勝 
2013年8月8日~11日(予備日なし)

ルイヴィトンカップ準決勝  
2013年8月16日~19日(3勝先勝。予備日なし)

ルイヴィトンカップ挑戦者決定戦
2013年8月23日~9月1日(4勝先勝。予備日3日含む)

The 34th America’s Cup本戦(5勝先勝。最大9戦)
9月7,8,12,14,15,18,20,21,22日

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ムムム の ム、である。悔しくもあり、羨ましくもある。しかし、凛として拍手も送りたいのである。

2011年02月10日 14時21分29秒 | 34th America's Cup
ムムム…。

第34回America's Cup挑戦正式表明直前の段階まで来ている中国チームの代表者たちが、
ついにAC45クラスのプロト艇でセーリングしたようです。

むむむ…。
しかし、しかし、私は日本人として生まれたことを幸せだと思い続けたい。
子供たちにも次世代たちにも、そう思い続けてもらいたい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第34回America's Cupフランスからの2つめの挑戦チーム登場

2011年02月09日 20時17分45秒 | 34th America's Cup
第34回America's Cup、フランスからの2つめの挑戦チーム、エナジー・チームがパリで記者発表。

ルク&ブルーノ・ペイロン兄弟が率いる、高性能マルチハル・セーリングのスペシャリスト集団で、
コアチームには、フランスのオリンピックチームのコアでもあるトーネード・クラスのメダリスト&コーチ陣が複数混じる。

開催地がヨーロッパから遠いサンフランシスコになったにもかかわらず、日本の人口の半分以下の国、フランスから2つもの挑戦チーム。

フランスのAmerica's Cup挑戦の先駆者ボールペンのビック男爵も、自分自身は叶わなかったAmerica's Cup獲得の夢を託して、
天国から声援なう、だろうな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

AC45の0号艇、ACRMに引渡し

2011年02月08日 04時31分47秒 | 34th America's Cup
シェイクダウンが終わったAC45の0号艇は、本日予定通りアメリカスカップレースマネージメント(ACRM)に引き渡される。


[ photo copy by the 34th America's Cup ]

ACRMは、この0号艇を、正式にエントリーしている各チームの練習にも貸し出す。
例えばスウェーデンのアルテミスは、CEOのポール・ケアードのツイッターによれば、
2週間後にこの艇でのトレーニングを計画している。


[ photo copy by the 34th America's Cup ]

マルチハルとハードウイングという新しいディバイスの投入で、
昔の重厚なヨットでのアメリカスカップを好むオールドファンからはそっぽを向かれ、
参加するセーラーだけでなく、観るだけのファン層をも世代交代させつつ、
アメリカスカップは未来の姿を模索し、それに向かって間違いなく歩き始めている。


[ photo copy by the 34th America's Cup ]

もし、この先もアメリカスカップへの夢を見続けていたいのなら、
好きか嫌いかの議論に巻き込まれることなく、現実を見なければいけないと思うよ。

一応レーシングマルチハルで、タイムレコードとのレースで太平洋を渡った経験者として言わせていただければ、
マルチハルのセーリングは、アメリカスカップがこういうことにならなかったとしても、経験しておいて損はないと思う。

俺はマルチハルは嫌いだから乗らない、と言う人がよくいるけど、あれは変だと思う。
モノハルでのレースに忙しくて活動の重点を置くことはできないかもしれないけど、だからと言って、未来を目指す、才能ある日本人セーラーがマルチハル・セーリングを経験しないままでいるのはもったいないと思う。

レーシングマルチハルでのセーリングはすごく楽しいし、いくつかの項目ではモノハルでは見過ごしてきたスキルを要求される。挑戦し甲斐のある艇だと思うよ。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

チームNZがAC45でセーリング

2011年02月06日 06時12分33秒 | 34th America's Cup
チームニュージーランドがAC45でセーリングした。
エントリーはしたもののまだ名前を公表していない1チームは、ここだったことが判明したと言えそう。
というのも、エントリーしているチームだけしかAC45の0号艇のテストセーリングに参加できないはずだからね。


Photo copyright Richard Gladwell
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

2013年開催 第34回アメリカズカップ議定書を解読する (第3回め)

2010年10月12日 03時07分23秒 | 34th America's Cup
ウエブ版J-Sailingに不定期連載中の『第34回アメリカズカップ議定書を解読する』その第3回目
第34回アメリカズカップ議定書の基本理念(その3)です。

アメリカズカップの、アメリカズカップを闘う艇のメインセールのトップに掲げられた、あのよく知られたマークや、その他アメリカズカップに関するすべての知的財産権と版権は、これまではアメリカズカップ・プロパティズ・インク(ACPI)という法人が保持していて、その経営権は1986年以降、防衛者から防衛者へと、引き継がれてきた。

第33回アメリカズカップの防衛者だったスイスのアリンギとそのヨットクラブは、今年2月の巨大なマルチハル艇による一騎打ちで破れた後一ヶ月が経っても、新しい防衛者であるゴールデンゲイト・ヨットクラブとBMWオラクルレーシングにその権利を譲渡する手続きを取ろうとしなかった。

当然のようにゴールデンゲイト・ヨットクラブ側は、アリンギがその手続きを進めるよう裁判所に訴え、その訴えが認められて、3月26日、アメリカズカップに関係するすべての知的財団権と版権を持つACPIの経営権は、現防衛者のゴールデンゲイト・ヨットクラブ側に委譲された。

その際、ゴールデンゲイト・ヨットクラブ側は、その交換条件としてスイス側から要求されていた、『第33回アメリカズカップでスイスが使ったセールは自国で作ったものではないため、贈与証書に違反している、という案件を含む3件の訴訟を取り下げること』、に同意した。

さて、これまでの防衛者は、ACPIの経営権を持つことでアメリカズカップ関係の知財権を独り占めしてきたのだが、今回の議定書では、それら、アメリカズカップにまつわる一切の知財所有権は、アメリカズカップ・レース・マネジメントがすべて引き継いで所有・管理することになっていて、ACPIという法人は存在しないものになっている。そして、第34回アメリカズカップによってそれらの版権使用料やレース開催で得た利益は、ACRMと参加した全チームとで分配する(平等分配ではなく、成績に応じて)ことも記されている。

挑戦者側にもフェアなアメリカズカップを、と主張し続けてきたラッセル・クーツの言葉通りの理念が垣間見える部分です。
(つづく)

(つづく)です。約束なので必ず、つづきます。
でも、書置きの原稿すでになく、焦ります。

日々の仕事で一番優先しなければならない、お客様から会社で請け負っている仕事、会社の新しいホームページの製作準備作業、ホクレアに関する宿題の提出、チームニシムラプロジェクトの11月プログラム企画立て、毎週末のレースのための下調べ・情報収集・イメージトレーニング…。
あ、ヨット専門誌KAZIの、自分でもとても大切に思って毎号一所懸命書いている連載記事の締め切りも迫りつつあるな。
ドキドキの1週間に突入したもよう。
無事乗り切ることができるか!? ワクワクします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2013年開催 第34回アメリカズカップ議定書を解読する (連載・第2回)

2010年10月07日 04時34分26秒 | 34th America's Cup
第34回アメリカズカップ議定書の基本理念(その2)

発表された第34回アメリカズカップの議定書の中で、アメリカスカップ関係者やファンの間で恐らく最も注目を集めたことは、次回のアメリカズカップに採用されることになった艇種が、全長72フィートのウイングセール付きのカタマランだということだろう。


[The 34th America's Cup]

特に、次回カップに挑戦を目論んでいるチームにとっては、次回のマッチで採用される艇がモノハルかマルチハルかによって、艇の研究・開発やセーリング・トレーニングのプログラムの最初のアプローチがまったく異なってくるからだ。もちろん、チームに雇い入れるデザイナーやビルダー、セーラーの選択にも、大きく影響する。


第34回アメリカズカップで採用されることになった、AC72(2011年のシーズンは、ふた回り小さいAC45でレースを行なう)というクラスの詳細については、項を改めて詳しく説明することにする。


[the 34th America's Cup]

第34回アメリカズカップで採用される艇が明らかにされたことのほかに、今回の議定書で注目されるのは、レースを運営するのが、挑戦者サイドからはもちろん、防衛者サイドからも完全に独立した組織であるアメリカズカップ・レース・マネージメント(ACRM)になるということ。
そして、2011年から本戦までのあいだ毎年開催されるアメリカズカップワールドシリーズという、これまでのアメリカズカップでは見られなかったまったく新しいレースフォーマットの、2点だろう。
(最終的な挑戦者決定戦と防衛者決定戦のレースフォーマットについては、後日発表されるという。)

これまでのアメリカズカップの歴史の中で「必須条件」だとも考えられてきたモノハル艇に惜別してマルチハルを採用するという思い切った決定に加えて、上記2つが、第34回アメリカズカップ議定書の、これまでの、160年近い歴史を持つアメリカズカップで防衛者たちが作ってきた議定書と一線を画し、未来のアメリカズカップの方向性を模索した結果の、「理念」のようなものを表わしていると思う。

第33回アメリカズカップで、防衛者だったスイスのアリンギが、レースのジュリーを自分たちで任命しただけでなく、レース運営自体をも自チームに有利なようにコントロールしようとしたことは、よく知られた事実だ。
2010年2月14日のバレンシアでの第33回アメリカズカップ第2レースでのこと。

長い風待ちの後にやっと安定してきた弱い風の中、レースディレクターのハロルド・ベネットがスタートの準備を始めるべくレース運営チームに指示を与え始めたところ、その運営チームに配されていたアリンギのメンバーが、自チーム艇不利のコンディションを嫌って巧妙なサボタージュをし、レース実施の阻止を図った。
その、防衛者サイドの卑怯な振る舞いを何とかいなし、辛くも制限時間内にレースを始めることができたベネットだったが、その事実を国際セーリング連盟に報告した。

そのアリンギの振る舞いは、スポーツマンシップにもとる行為として疑わしい案件として、今も国際セーリング連盟預かりになったままでいる。
1983年にアメリカズカップがオーストラリアに奪われるまでのニューポートでも、防衛者側の特権を振りかざしたレース運営やルール解釈がなされたこともあったらしい。



アメリカズカップが未来に向けて、広く一般のスポーツファンに受け入れられる、よりメジャーなスポーツとして発展していくために、このように不公平な、悪しき慣習のようなしきたりが存在することは望ましくない、というのが、かねてからラッセル・クーツが公けにしてきた見解だったから、独立したレース運営組織であるACRMを編成するという、今回の議定書の内容そのものは、いわば想定内のことではあった。

しかし、今回の議定書では、ACRMという、防衛者からも挑戦者からも独立した組織に与えられている権限が、レースを運営することだけにとどまらない、ということが明らかになった。(つづく)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加