風の旅人 西村一広 Sailing Diary

海とセーリングだけの人生で考えたこと、悩んだこと、感動したこと、学んだこと、あれやこれや。

2016年10月1日 晴海埠頭

2016年10月01日 10時49分21秒 | 西村一広風日記
昨日は
東京湾でセーリング

横須賀平成町沖の
猿島のすぐ近くで

カマイルカの群に
遊ばれる

ステアリングを持っていたため
うまく写真が撮れない



かろうじて写っていたのは
この背ビレのみ

綺麗なジャンプも
たくさん見せてくれたのにな


さあて本日は
森戸浜激走のあと
東京へ

晴海埠頭に停泊中の
練習船の中で



来夏の
ある大切な航海の
プラン立てと
作戦会議



いい時間になったな

ミーティングの
休憩時間に窓の外を見ると

今話題の豊洲某所



かつてここが
どんな景色の場所だったか

知ってる身には
ここから出て来る食べ物を
次世代に与えなければならぬのは
かなりの抵抗あり


楽しいミーティング終わり
次の待ち合わせ場所まで
1時間強のウォーキング出発



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016年9月30日 恐竜vsほ乳類

2016年09月30日 03時01分50秒 | 西村一広風日記
いま読んでいる本が
やけに面白い

恐竜vsほ乳類

いわく
『実は、ほ乳類の全歴史の
およそ6割以上にわたる期間、
一貫してある強力なライバルが存在していた。
それは、恐竜である。』

いわく
『ほ乳類の歴史の実に3分の2は、
そうした絶対の覇者である恐竜に
怯えて暮らす下積み生活の
歴史だったのだ』

これを書いている
ほ乳類約一名は
次に上野の国立科学博物館に
行ったら
もっとちゃんと
恐竜コーナーを見なければと
思うようになった。

あの方たちは
長年のライバルだったんか・・・

それにしても

長かったほ乳類の
『下積み生活』

虹を見たければ
雨を楽しめ

なんても
誰かが言ってたな
誰だったっけな

そんなことを考えていた朝

モンゴルで
岡山理科大学の調査チームが
過去最大級の恐竜の足跡の
化石発見のニュース発見


©岡山理科大学

足跡の大きさは1.06m

ティタノザウルス類のものらしい


©恐竜図鑑

ティタノサウルス類の中には
体重90トンもあるものもいたらしい

その頃のほ乳類たち
踏み潰されたりしたんだろうなあ


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016年9月29日 夕暮れ浜ラン

2016年09月29日 18時14分10秒 | 西村一広風日記
朝3時から机の前に座り

途中スタバとか図書館に
行きがてらの休憩あったものの

夕方5時までパソコンに向かい

慌てて浜ランに出る



浜ランに出る前はいつも

Push hard. or die と

自分を脅迫しなけりゃならん

いつになったら
走るの楽になるんだろうね

秋になって
ハイビスカスくん至って元気

本日咲き終えた一輪



一週間先くらいまで
蕾軍団待機中

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016年9月28日 33年前の昨日とは

2016年09月28日 11時32分26秒 | 西村一広風日記
33年前の昨日は

オーストラリアが
初めてアメリカズカップに勝った日

アメリカズカップが
初めてアメリカを離れた日



オーストラリアIIの
話題になった秘密のキールのことは



実はその決勝の数ヶ月前に
ニュージーランドで
第1次武者修行をしていたジブンは

そのキールを白と青で塗り分ける迷彩塗装を
オーストラリアで施した
ニュージーランド人の塗料会社重役本人から
詳細を聞かされ
彼はスケッチまで描いてくれたので
かなり正確に知っていた




そのアメリカズカップから5年後

ジブンはそのオーストラリアチームの面々と
スウェーデンで
12メータークラスの世界選手権に
出ていた



そのあとにも
いろんなことがあって
いろんなことを忘れたけど



その世界選手権で
デニス・コナーのチームの
わずか前に最終下マークを周り

回航後すぐにタックしたデニスに対して
最初のカバータックをしたときに

ジブトリマーだったジブンは
プライマリーウインチ下の
プーリーにあるべきスピネーカーシートを
ウインチドラムに巻き込んでしまい
それを解決するまで次のタックができなくなった

デニス・コナーからアメリカズカップを奪い取った
オーストラリア艇では
ナヴィゲーターだったグラント・シマーは
そのレースでは我々のタクティシャンだったが
逃げようとするデニスをカバーすることができなくなり
当然 火のように怒った

スマヌスマヌとアセりながら
2本のシートの絡みを取る間に
グラントの予想とは反対に
我々の行く方向に風が振れ
そのために我々のリードは圧倒的になり
楽々と決勝にコマを進めることができた

カズに感謝しなきゃな
なんてグラントにレース後に慰められたが
もし逆方向に風が振れたら
大変なことになっていたわけで
あのシーンを思い出す度に
今でも冷や汗
うーん
脂汗だな
が出る

あの時のスピネーカーシートの
色・柄・太さ・手触りを
今でも細かく思い出すことができるくらいだ

でもおかげで今でも
グラントと会えばすぐに
おしゃべりを始められる

グラントは今
オラクルチームUSAで
とても重要な任務に就いている


えっと
なんの話だっけか

ま いいか
今日も暑い日だな
うれしいな

それはそうと

新しいテスト艇で
セーリングを始めたばかりの
チームニュージーランドもすでに
フォイリングタックを
普通にやっておるな
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016年9月27日 マカリイに思う

2016年09月27日 03時55分59秒 | 西村一広風日記

©GITANA MOD70 Edmond de Rothschild


昨日の森戸海岸



昨日夕方の浜ランの後の
夕暮れ



ジブンって
いいところに住んでるなと
しみじみ思う

いろんなことに感謝

幸せだなあ



東の空にも夕焼け
不思議だね



へこたれずに頑張ろ
って思うぜ

ここのところ
仕事上
エキサイティングな話が
あとからあとから
続いておるしな

さて本日


目を覚まし
窓の外を見ると満天の星

南の方向に
南中直前のオリオン座

それからすると3時くらいかなと
見当をつけてから
時計を見ると
2時57分

いい感じじゃんジブン

起き出してコーヒーをいれて
森戸の浜に出て星の勉強

浜には弱い風が東から吹いていて
海は凪

東の空に上がったばかりの薄い月
10月1日が新月だからな

北斜め上に双子座のカストルとポルックス

その南側にプロキオン=プアナ

南側にシリウス

そしてベテルギウス 

ミンタカ
航海に特に重要な星だ

リゲル

アルデバラン

そして個人的に好きな
M45=プレアデス星団=昴=マカリイ

空の隅から隅まで雲なく
その下で浜にただ一人

美味しく入ったコーヒーを飲みながら
マカリイから思い起こしたあることについて
しばし考えごと

いい時間だこと

さあて
今日もいい一日にしよう


©GITANA MOD70 Edmond de Rothschild




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016年9月26日 ついに というか 早くも

2016年09月26日 08時32分22秒 | 西村一広風日記
ついに


©Maserati Multi70

というか早くも


©GITANA MOD70 Edmond de Rothschild

来年から
長距離オフショアレースも
フォイリングで競われるようになりそう


©GITANA MOD70 Edmond de Rothschild

もうほんと
セーリングの世界は
ドキドキさせられることが
続くなあ


昨日の船の科学館
チームニシムラ主催
セーリング体験イベント



166名もの方が来ていただき
時間切れのために13名の方に
申し訳ないことをしたものの



153名の親子に
セーリングを体験していただいた



この一歩一歩が
形として実る日が来ることを信じて



チームのクルーのみんな
いつも本当にありがとう


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016年9月25日 葉山 鎌倉 船の科学館 鷺沼 台場 葉山

2016年09月25日 04時21分55秒 | 西村一広風日記
昨日よりもさらに
バタバタになりそうな一日の始まり

バタバタだけど
それらの案件ひとつひとつが
とても大切な人生のパーツだぞ

誠心誠意をココロに刻んで
ひとつひとつのことに100%のチカラで
対峙するのだよジブン

頼んだよ


©Katsuhiko Miyazaki / Kazi


浜ラン終了
初秋の森戸海岸



さあて
行動開始
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016年9月24日 バタバタ

2016年09月24日 20時12分48秒 | 西村一広風日記
早朝から
バタバタと慌ただしく過ぎた日

懸案案件一件落着の日

前から欲しかった自転車も
ついに購入の日

出会えて感謝の面白い本も
読み終えた日

夕方重要電話入り
あちこちに電話やメールしまくって
明日の予定を
バタバタと組み直した日

あー
忙しかった

けど
楽しかった
の日


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016年9月23日 マランゴニ味噌汁

2016年09月23日 02時16分34秒 | 西村一広風日記

©︎Groupama Team France

味噌汁を
しばらく置いておくと
味噌が沈んでいって
上澄みと濃い味噌溶液とに分かれる

そうなっちゃった味噌汁の姿は
ちょっとわびしい

味噌を改良するなりして
かき混ぜなくても
ずっときれいな味噌汁でいる
味噌汁はできないものかと
思っておった

生まれてこのかたずっと
あれは重力の問題なんだと
思っておった

しかしあれは
気体と液体の境界面である
「自由表面」
で起きる
マランゴニ対流
という科学現象なんだそうだ

表面張力によるものなんだそうだ


自由表面の
上と下をうまく使い分けて成立する
フォイリングのお勉強をしていたら
味噌汁の秘密にまで
行き着いてしまい
しばし呆然としている夜明け前の
ワタクシ

わびしくない味噌汁の実現には
抗マランゴニ対流味噌の発明を
待たねばならぬのか


いやいや
そんなことはどうでも良いのじゃ


今日は東京・茅場町まで行き
とても楽しみな打合せ


この全長50メートルのヨットも



自由表面を走ることになる

味噌汁と同じように
マランゴニ対流の影響を受けるのかな

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016年9月22日 去年はほとんど空の上

2016年09月22日 07時48分21秒 | 西村一広風日記
秋分の日

去年の今日は
モーリシャスからドバイに行って
ドバイから北京に行って
北京からホノルルに移動した日

ほとんど空の上にいたなあ。

エミレーツ航空の
綺麗なCAのお姉さんに
ヒマラヤの上空あたりで
ワッチキャプテンと一緒に
記念写真も撮ってもらったなあ



あの綺麗なお姉さん
なんであんなに親切だったんだろう?

今年は雨の葉山で読書だ

すげーいい本を見つけた

コメント
この記事をはてなブックマークに追加