風の旅人 西村一広 Sailing Diary

海とセーリングだけの人生で考えたこと、悩んだこと、感動したこと、学んだこと、あれやこれや。

2017年2月20日 深夜仕事続く

2017年02月21日 02時15分48秒 | 西村一広風日記

もう2時を過ぎている

孤独な仕事が続きます

明日のことを考えれば
もう寝なければなりませんぞ

西風もおさまり
北に風向が変わった気配

本日
海に出て
セーリングするか否かは

この時間までやった仕事の
進みぐあいを
良しとするか
まだ足りないとするか
自分の判断次第じゃの

これから寝て
朝起きたときに
判断することにしよっと

おやすみだす

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年2月19日 暴風 眼医者

2017年02月20日 18時00分30秒 | 西村一広風日記
左目が
超痛い

朝など
目やにで
左目が開かず
指でまぶたを開けるほどだ

午前中
チームニュージーランドの
新艇の
足漕ぎグラインドのことやら


©︎Sail-World

微風での
運動性能向上を計る
フォイルのことなどの


©︎TVNZ

原稿を書かざるを得ず
必死で頑張ったものの

午後の
書類作成は
もはや目は
我慢できない痛みに達し
暴風の中を
逗子の目医者に向かう

炎症ですね
だって

それはジブンにも
分かりますぜ

逗子まで出てきたことを
無駄にしたくなかったので

帰りをランニングの時間にして
浜伝いを走って
葉山に帰る

浜も
すげー暴風

途中
葉山マリーナと
森戸の外海の
境界が見える
小径があるのだけれど

マリーナの中の水位が
外の海の海面と比べて
目測で1メートル近くも
高くなっているのが見えた

ごく地域的な
プチ高潮だな

こういうのを
次世代日本人たちに
見せてあげたいなあ

浜も
引き潮の時間帯なのに
結構
打ち寄せる波が近い


目は痛いし
今日は店じまいにしよう


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年2月19日 下弦の月 鎌倉 逗子

2017年02月19日 05時38分01秒 | 西村一広風日記
昨日
抜群のコントロールが出て来た
投石練習の後



宮川大輔のうまい〜
を観て

そうだったなあ
昔の暮れ
旦過市場の入口あたりに
積み上げられていたのは
あの大きさの水菜だったなあ

なんてことを
唐突に思い出した後は
風呂に入るチカラも
残っておらず
そっこうベッド



さてと今

孤独の夜中仕事を終えて
南に向いてる窓の
外を見上げたら

下弦の月が
すでに真南を超えて
輝いており

もう東の空が
明るくなっている

本日の明るい時間帯は
次世代たちを
鎌倉のプールに連れて行った後

逗子マリーナに舞い戻り
あるヨットの
棚卸し? っていうのかな?
そんな作業

天気も穏やかなようだし
仲間もいるし
セーリングに出なくても
きっと楽しいぞ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年2月18日 くちびるに歌を

2017年02月18日 15時48分57秒 | 西村一広風日記

浜ラン
がんがんダッシュ



昨日の
春一番の吹き返しの北風が
とても冷たい

午前中
プレゼン資料制作
頑張った後

午後
くちびるに歌を
観劇し感激



ガッキーすげー
若い役者さんたちも
みんなすげー

爽やかに
泣かせていただいた

若者たちのおかげで
チカラ溢れたおじさんだが
今日はチカラの使い道がない

夕方を待って
石投げ練習でもしよっかね


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年2月17日 拝啓 十五の君へ

2017年02月17日 04時34分05秒 | 西村一広風日記
昨日の闘いには勝ちました

というか
戦勝ラインの設定が甘く
楽勝すぎたので
もう一つ
戦闘を増やし
そこでも無事勝利

浜で

一昨日の
次世代合唱発表会で聞いた
『拝啓十五の君へ』
の歌と歌詞を思い出し
口に出し
反芻する

みんなみんな
一所懸命
生きているんだよな

さあ今日は
逗子マリーナで仕事

ちょっと風が強すぎるかな


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年2月16日 日記締め切り

2017年02月16日 03時13分36秒 | 西村一広風日記


昨日は
最高の
セーリングコンディション



雪を被った
富士山
丹沢
伊豆大島三原山の
雄大な景色を見ながら

冬の北東風が
力強く吹く相模湾での

うふふな
セーリングであった



そのあと葉山に戻り
次世代たちの
合唱を聞いてから



涙と根性の
デスクワーク

夕方
根性疲れしたので
浜に出て
石投げ練習

コントロールが
ずいぶん良くなってきたよ

特になんの役にも
立たないけれどな


でも
いやーなストレスは
発散する気はする

投げつける沖の岩に
いやーな奴の顔を
思い描くと
ビシバシ当たるようになる



日が長くなって
きたぞお



夏接近中
うしし

写真には撮れなかったけど
伊豆の山に沈む夕日から
グリーンフラッシュが
ピカリと光った



影絵になった
富士山と箱根を見ていると
大涌谷から上がる
噴煙? 湯気?が
クッキリと見える


さあてと

今は
南の空に
月と木星のセットを
見ながら

本日締め切りの
アメリカズカップ日記
原稿と
戦闘開始したところ

本日の予定の中には
怒涛の仙元山縦走トレックも
あるんじゃがな

両方達成して
本日の勝利を目指す

お願いしますよ
ジブン
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年2月15日 臥待月 シーボニア

2017年02月15日 03時15分16秒 | 西村一広風日記
南に向いてる窓を開け
一人で見ている海の色

って歌
あったな


ときは午前3時前

エーゲ海とは違って
今の季節の
この時間の葉山では
寒くて
とても窓は開けられないが

仕事部屋にある
南に向いてる窓から
一人で見ている
臥待月(ふしまちづき)


©︎unknown

臥待月の出るまでは

って吉田拓郎の歌もあったなあ

拓郎さん
元気でいらっしゃるのかな

ステージでの喋りだけでなく

ラジオでの対談の
上手な人だったなあ

二人とも元気ハツラツな頃の
高橋真梨子さんとの対談
面白かったなあ


さてと

今日はこのあと
明るくなったらほとんどすぐに
シーボニアまで行って

気温が上がって
北風が弱くならないうちに
セーリングのお仕事だけど

それはとても楽しいのだけれど

そのあとまた
ここ葉山の机の前に戻って
パソコン仕事の続き

しんどいなあ

しんどいけどよぉー
頑張ろうなあ
ジブン

きっと近いうちに
報われるらしいよ


©︎unknown


ふとまた南の窓を見上げる

月と木星とスピカが
もうずいぶん西に傾いているぞ

あー
南の空にかかっているのは
アンタレスだ

宮沢賢治が
赤い目玉のサソリ
と詠った星だ

さそり座が
もう南の空に上ってきた

わー
5時過ぎてるじゃないか

参ったなあ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年2月14日 江の島

2017年02月14日 03時45分55秒 | 西村一広風日記
深夜仕事が続く
ワタクシの
バレンタインデイ


きっといつか
報われることと
思われる

明るくなったら

今日は
江の島で
ヨットの整備

そのあと
葉山新港に寄って
オリンピックの話

伊豆半島にかかる
雪雲を見ながら



森戸海岸を歩いて
帰る



さあまた
パソコン仕事じゃ

明日は
シーボニアから
全長16メートルの
ヨットを出して
セーリングだぜ

楽しみ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年2月13日 新西宮マリーナ

2017年02月13日 03時22分19秒 | 西村一広風日記
暗いうちから
タクシーに乗って
逗子駅に行き
西宮へ



大阪湾で
セーリング

本日乗るのは
このヨット

[&_image 7f/38/16de2f963520a3e7054e3943ca82a3be.jpg]

Dehler34

ヨーロッパからすでに
評判は届いている

セーリングパフォーマンスに
凄みがあると
聞かされるが

ジブンとしては
この新モデルの
インテリアにも

特別感があると
思えてならない


いい風が吹くといいな




セーリングのあと
遅い夕方から
西宮市内のある企業に行き
御挨拶と御相談

の予定だったけど
擦り合わせ不足で
延期

デヘラー34
素晴らしい
セーリング性能



充実のインテリアと
まるでレース艇のような
センシィティブな
セーリング感覚との
ギャップに魅了された



日本からも
こういうヨットが
出てきて欲しいぞ

あれこれ勉強しながら
新幹線に乗って
東に帰る


未来になって
振り返ったときに
ああ
あの日は
実り多い日だったなあと
思い出せる日に
なって欲しいぜ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年2月12日 鎌倉 横浜中華街

2017年02月12日 18時15分03秒 | 西村一広風日記

関西の次世代と
電話で
深〜い打ち合わせ

鎌倉で
プール

横浜に行き
山下公園経由で



横浜中華街

実りある話ができました

食事も
すげー美味しかったです
コメント
この記事をはてなブックマークに追加