COMPARE NOTES RECORDS

レーベル、コンペアノーツのリリース作品(CD/DVD)を紹介

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

*CATALOGUE*

2011-01-01 | compare notes について
*Compare Notes Records Catalogue

2011 / CN-0030:たゆたう 『糸波』
2011 / CN-0029:GELLERS 『Guatemala』
2011 / CN-0028:Tomoe Inoue and her fragile casio 『series1』
2011 / CN-0027:かえる目 『拝借』
2011 / CN-0026:シラオカ 『部屋』
2010 / CN-0025:タバタミツル 『ルシファー』
2010 / CN-0024:NEWDAY 『It's a Newday』
2009 / CN-0023:太田暁 『太陽の強い日』
2009 / CN-0022:Gofish 『あたまのうえ』
2009 / CN-0021:POPO 『macadamia』
2009 / CN-0020:かえる目 『惑星』
2009 / CN-0019:三田村管打団? 『!!』
2008 / CN-0018:たゆたう 『いちにちのながさを、はなうたできめる』
2008 / CN-0017:LAKE 『LAKE』
2007 / CN-0016:長谷川健一 『凍る炎』
2007 / CN-0015:長谷川健一 『星霜』
2007 / CN-0014:かえる目 『主観』
2007 / CN-0013:ヒネモス 『モリノダンス』
2007 / CN-0012:GELLERS 『GELLERS』
2006 / CN-0011:POPO 『POPO』
2006 / CN-0010:zuppa di pesce 『colazione』
2006 / CN-0009:三田村管打団? 『!』
2006 / CN-0008:TEASI 『壁新聞』
2004 / CN-0007:トクマルシューゴ 『NIGHT PIECE』
2005 / CN-0006:トクマルシューゴ 『L.S.T.』
2005 / CN-0003/4/5:二階堂和美 『Nikaidoh Kazumi US Tour 2003』
2004 / CN-0002:SAKEROCK 『慰安旅行』
2003 / CN-0001:M.A.G.O. 『An Odd Pair Of Shoes』

コンペアノーツ作品は、大手レコード店、小売店で購入が可能です。
在庫がない場合は、全品、お取り寄せが可能です。

この記事をはてなブックマークに追加

CN-0025: タバタミツル「ルシファー」

2010-01-01 | compare notes リリース
NEWDAY『It's a Newday』
2010.5.25発売 ¥2,100 [CD]

[track list]
1 世界最古のヤクザ lucifer 2 月の石 moon stone 3 気分はショウニ! feel like a polio 4 アハー(ウフーン)ah huh 5 殺しのライセンス license to kill 6 フランス人皆殺し kill all french 7 海の藻くず to be drowned at ocean 8 ジェネシス ten years of high flying

[作品紹介]
これは、何?……そう問いかけてくれる音楽がいったいどれほどあるのか?
ZENI GEVA やAcid Mothers Temple 等で世界に知られる怪物ギタリスト、タバタミツルが産み落としたギラギラと光る謎玉は、
大好物の「歌」に正面から対峙した解答不在の大問題作。いやいや、これは巨大で親しみやすい極上のサイケデリア、だ!

この記事をはてなブックマークに追加

CN-0024: NEWDAY「It's a Newday」

2010-01-01 | compare notes リリース
NEWDAY『It's a Newday』
2010.1.6発売 ¥2,100 [CD]

[track list]
1 ウコッケイ 2 疾風 3 人になりたい 4 日の出 5 地獄 6 永遠に好きなままかもしれない 7 結局忘れる 8 It's a Newday

[作品紹介]
迷いなきブロウでかます浜野謙太のトロンボーン 軽妙かつ巧妙で珍妙なる橋本キッズ剛秀のサックス
後見人を気取りつつシンバルを大きく揺らす中尾勘二のドラム
こんな自由な音楽をずっとずっと聴きたかったんだ。

この記事をはてなブックマークに追加

CN-0023:太田暁「太陽の強い日」

2010-01-01 | compare notes リリース
太田暁 『太陽の強い日』
2009.12.16発売 ¥2,100 [CD]

[track list]
1 おかえり 2 太陽の強い日 3 Pray to the moon 4 I'm proud that i'm lovin' you 5 水平線をみつめるひと 6 People on Sunday 7 Road to freedom

[作品紹介]
まだほとんどの人が知らない歌声。だけど、カレン・ダルトンの儚さとビリー・ホリデイの熱量、
その両方を併せ持つ奇跡の歌。そして思う、なぜこれまで知られることがなかったのか、と。
この強靱な声を目の当たりにしたとき、歌の向こうに眩い光が立ち現れる。嘘じゃない。

この記事をはてなブックマークに追加

CN-0022: Gofish 「あたまのうえ」

2010-01-01 | compare notes リリース
Gofish 『あたまのうえ』
2009.12.16発売 ¥2,100 [CD]

[track list]
1 化石 2 しばしの別れ 3 ねむりを待つあいだ 4 夏の粒子 5 単純な生活 6 犬の言葉 7 スローモーション 8 あたまのうえ 9 朝日

[作品紹介]
どこまでも穏やかなれど、皮膚に残る心地よい熱量
何十年も前の歌のようでもあり、しかし、今だからこそ響く声
NICE VIEW のテライショウタが描く、美し過ぎる蒼く幽玄なる音楽

この記事をはてなブックマークに追加

CN-0021: POPO「macadamia」

2010-01-01 | compare notes リリース
POPO 『macadamia』
2009.8.26発売 ¥2,100 [CD]

[track list]
1. macadamia 2. sundy gully 3. myouga no hana 4. toumei kousoku 5. light 6. sunairo 7. blackbean 8. monel 9. hello studio one 10. wahoo 11. hap? 12. macadamia

[作品紹介]
今は亡きトロンボーン奏者・大原裕の追悼ライヴにおいて、その天上の旋律を描き出すために結成されたのがこのトリオ。本作は、彼ら3人に加え、東京アンダーグラウンド・ジャズ界最高の才人/洒落人・中尾勘二が破天荒なドラムで参加、また、宇宙を感じさせるスライド・ギターは、OUTO、Rise from The Deadでの活動で知られるMOTSが担当。

この記事をはてなブックマークに追加

CN-0020: かえる目「惑星」

2010-01-01 | compare notes リリース
かえる目 『惑星』
2009.3.22発売 ¥2,100 [CD]

[track list]
1 書架 2 SPアワー 3 とんかつ岬 4 とんかつ飛行 5 恋のレストラン 6 管の歌 7 じゃんけん式 8 北クエスト 9 家猫エレジー 10 やさしさに包まれた 11 記憶術 12 夏に生まれた 13 馬喰町 14 三輪車 15 のびたさん 16 流出

[作品紹介]
“おっさんの体にユーミンが宿る!”の名台詞ともにリリースされた1st「主観」がじわじわとロングセラーを続けるかえる目の2ndアルバム「惑星」完成!
(素晴らしいジャケットは前作に引き続き、倉地久美夫が担当)

この記事をはてなブックマークに追加

CN-0019: 三田村管打団?「!!」

2010-01-01 | compare notes リリース
三田村管打団?『!!』
2009.2.14発売 ¥2,100 [CD]

[track list]
1. バイエルン 2. コッペパン 3. ヤマヤマ 4. キネンジロー 5. マンモス 6. アルボラーダ 7. お母さんお願い 8. 旅行


[作品紹介]
音が踊る! 声なき唄が聞こえる!! とにかく愉しい!!!
天上の楽団から届けられた、笑顔が溢れ出す音と音
何よりも、見た目の可愛らしさやヤンチャネスに騙されちゃいけない。これは、期せずして生まれた、モノホンのブラスバンド・ミュージックだ。

この記事をはてなブックマークに追加

CN-0018: たゆたう「いちにちのながさを、はなうたできめる」

2010-01-01 | compare notes リリース
たゆたう『いちにちのながさを、はなうたできめる』
2008.8.23発売 ¥2,200 [CD]

[track list]
1. フェイヒーの午後 2. くずれる朝と 3. 番人は眠ったままでよい 4. 白い庭と散歩 5. 番人は起きたままでもよい 6. 雨にかまけて 7. みどりにあるくうた 8. ひげうさぎの会食卓 9. うつつ、まだのぼる 10. 目が覚めるすぐ前にみたような 11. しかくいよるに(SAYA remix)


[作品紹介]
透明感と野暮ったさが腰つき合わす、鼻歌まじりのポップ・デュオfrom京都
深く、そしてとてつもなく軽やかに、心躍らせる

この記事をはてなブックマークに追加

CN-0017: LAKE「LAKE」

2010-01-01 | compare notes リリース
LAKE『LAKE』
2008.4.28発売 ¥2,100 [CD]

[track list]
1.空に響く歌 2.smile & says 3.echo 4.lete 5.slow 6.dalton 7.いとなみ 8.巡り

[作品紹介]
とても穏やかに、とても真摯に、狂い続けているポップ・ミュージック
誰の耳にもまっすぐに届く、微音で形作られる大きな大きな世界

この記事をはてなブックマークに追加

CN-0016: 長谷川健一「凍る炎」

2010-01-01 | compare notes リリース
長谷川健一 『星霜』
2007.11.22発売 ¥1,575 [CD]

[track list]
1. 声 2. 絶景 3. あの頃 4. 凍る炎 5. 空の色 6. 夜明け前 7. 花火

[作品紹介]
久保田麻琴から近藤智洋(ex. ピールアウト)まで、優れた歌い手を脱帽させた
魔都・京都が産んだ最後の歌、奇跡の歌声、長谷川健一
船戸博史(ふちがみとふなと)のプロデュースでアルバム2枚同時にリリース!

この記事をはてなブックマークに追加

CN-0015: 長谷川健一「星霜」

2010-01-01 | compare notes リリース
長谷川健一 『星霜』
2007.11.22発売 ¥1,575 [CD]

[track list]
1. やまいとオレンジ 2. いつかすべてを 3. 空の色 4. 星霜 5. 鳥のように 6. 無明の空 7. 未来(仮) 8. hanabi

[作品紹介]
久保田麻琴から近藤智洋(ex. ピールアウト)まで、優れた歌い手を脱帽させた
魔都・京都が産んだ最後の歌、奇跡の歌声、長谷川健一
船戸博史(ふちがみとふなと)のプロデュースでアルバム2枚同時にリリース!

この記事をはてなブックマークに追加

CN-0014: かえる目「主観」

2010-01-01 | compare notes リリース
かえる目 『主観』
2007.10.10発売 ¥2,100 [CD]

[track list]
1.音痴というもの 2.ふなずしのう 3.あの寺へ帰りたい(弁慶の引き摺り鐘の伝説) 4.高度情報化社会 5.坂の季節 6.能登の恋人 7.女学院とわたし 8.女刑事夢捜査 9.パンダ対コアラ 10.リリパット 11.浜辺に 12.八月三十一日

[作品紹介]
おっさんの体にユーミンが宿る!
湖東の才人・細馬宏通が綴るイヤんなるほど生々しき歌、今年最後の問題作!

この記事をはてなブックマークに追加

CN-0013: ヒネモス「モリノダンス」

2010-01-01 | compare notes リリース
ヒネモス 『モリノダンス』
2007.9.05発売 ¥1,890 [CD]

[track list]
01. ハーメルンの音楽隊 02. コレット 03. in bloom 04. ポンピアンハイツ 05. こころ 06. 海を渡る象 07. ピクニックリュックサック 08. Boeves Psalm 09. 長い夜 10. 麦秋 11. 帽子屋のマッドさん 12. Vagabond Father

[作品紹介]
耳がゾクゾクと悦びに震え、脳がゆっくりと踊り出す。
11人の音楽隊ヒネモスが編み上げた、大きな大きな音楽

ヒネモス…それは、ヴェーザー川を越えてようやく戻ってきた子供たちが奏でるわらべ歌のようでもあり、酒場のレッドネックどもが愚痴混じりに奏でるブルーズのようでもある。あり得ない国のあり得ない場所から届けられた、記憶の糸を手繰り寄せる声なき歌たち。どこまでも懐かしく、そして、そこはかとなく愛おしい。

この記事をはてなブックマークに追加

CN-0012: GELLERS「GELLERS」

2010-01-01 | compare notes リリース
GELLERS 『ゲラーズ』
2007.5.25 ¥2,100 [CD]

[track list]
1. 9 teeth picabia 2. Buscape 3. Colorado 4. M 5. Locomotion 6. Pink Hawaiian Moon 7. Sugar 8. Niwatori

[作品紹介]
“俺は今年で36歳になるのだが、未だに思春期の真っ只中に生きている。不本意ながら、偶にいくつかの過去の象徴的な瞬間を回想することがあるのだが、そんな時は必ずある種の後悔が伴ってくる。高揚と憂鬱は表裏一体なのだ。ゲラーズの音楽の中にはそんな“瞬間”がたくさん詰まっていて、ついつい自分を投影してしまって、湧き上がったり、恥ずかしくなったり、泣きそうになったりしてしまう。”        eastern youth /ひょうたん 二宮 友和

この記事をはてなブックマークに追加