comodo日和

comodoとは音楽用語で「気楽に」という意味です。パン作りにまつわる出来事を気負わずに綴っていきます。

体験レッスン&「フワモチカフェ」

2017-09-30 13:58:09 | パン

今日は久しぶりに体験レッスンを行いました。

そういえば、もうそろそろ秋ですね。

春と秋はなぜか新しい何かに挑戦したくなってウズウズする季節。

今日来て下さったお客様もそんな感じでした。

 

ホームベーカリーを使い、独学でパン作りをされていたとのこと。

手慣れている感じでさすがでした

 

同じ生地を使って毎回いろいろな成型をしていただきます。

フィリングもその時にあるものや、季節の果物を使ったり。

 

今日はジャガイモとクリームチーズのパン。

チョコチップと、リンゴのパン。

楽しんでいただけたようで良かったです

早速JHBSファミリーコースにご入会を希望して下さいましたが、

あと1〜2人パートナーが欲しい

どなたか、お問い合わせいただけたらうれしいです

 

昨日は前から気になっていた「ふわもち邸」さんのフワモチカフェに行って来ました。

お店の方は何回も訪問してベーグルやドーナツをゲットしていたのですが、カフェは初めて。

ちっちゃいベーグル2個なのに、副菜が盛りだくさんで大満足。

挟む具材は50種類くらいの中から選べて、も〜目移りしちゃって決められない

たいへんだけど楽しいのです。

 

セットのドリンクでコーヒーをお願いしたんだけど、

ソーサーの模様がちっちゃいドーナツいっぱいでめちゃくちゃカワイイ

ホームページもすごく可愛くて、全てがツボ

 

またぜひ行ってみたいです。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ファミリーコースのパン

2017-09-28 18:13:11 | ファミリーコース3

JHBSのファミリーコースは「パート1、パート2、パート3」となっていますが、

言い換えたら「初級、中級、上級」という感じです。

各パートの最後のレッスンは「まさに締めにふさわしいメニューだなあ〜」

と、いつも感心してしまいます。

次のパートへステップアップするためのメニューです。

特にパンはそう思います。

二日続けて、そんな締めのパンをレッスンしました。

 

昨日はパート3の最後のメニューである「バターフィセル」。

あこがれのフランスパンにちょっと近づけたかな?

このパンはファミリーコースの締めでもあるわけで

「こんなパンを作りたかった」ってきっとみんなが思ったはず。

今まで積み重ねてきた技術と知識を総動員。

立派に焼けて良かったですね

 

そして今日はパート1の最後のメニュー「バタートップ」。

上級のパート3とは違い、初級扱いのメニューなんだけど・・・

いやいやどうして、なかなか奥が深いパンですよ。

とにかく、初めて大きな型を使って焼くわけですから最初は生徒さんも戸惑い気味。

 

でもね〜、すごく不思議なんですが、毎回ほぼ失敗しないんです。

成型時に大丈夫かなあって思っても、最終的にはなんか上手くいっちゃってる。

それはなぜか・・・

私的には仕上げ発酵の切り上げのタイミングが決め手と思っているんだけど、

やっぱり一番は、生徒さんが口うるさい私に頑張ってついてきてくれていること、

ですね

今日も素晴らしい焼き上がりで生徒さんも大喜び。

もちろん私も嬉しい

 

二つの締めのパン。

上手くレッスンできて良かったです

 

おっと、忘れちゃいけないお菓子メニュー。

昨日が「柔杏仁」。

なんてカラフルなんでしょ

するるんとした食感で本当に柔らかいんです

 

そして今日は「ポン・デ・ケージョ」。

可愛らしい焼き上がりでとってもうれしそうな生徒さん

 

ファミリーコースのお菓子メニューは、材料がとっても贅沢です。

贅沢といっても豪華ということではなく「安心」「安全」ということ。

 

なので、杏仁を作る時に残ってしまうアーモンドプードルの絞りかすさえ

もったいなくて捨てられない私

いつものようにかわらせんべいにして「食べてね」瓶へ投入。

私、ケチですか?

いやいや、良いんです。

だって、主婦であり、母であり、おばさんですからっ

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「バタートップ」&「甘夏ゼリー」

2017-09-22 15:17:26 | ファミリーコース1

今日はスカッとして良いお天気でした。

空気も澄んでいて気持ちが良かったです。

 

レッスンはファミリーコースpart1の最後の回でした。

先ずは「バタートップ」から。

試食分を先に焼き上げたあとは・・・

生徒さんがチャレンジ

おお〜〜

クープの深さもちょうど良く、側面の傷も無し

上手くできましたね。

巻き込むときの締め具合で、二人の差がついてしまったので心配していましたが

最終的に時間差を取る必要も無く同時に焼けて良かったです。

仕上げ発酵を切り上げるタイミングの大切さもあらためて確認できました。

この手のパンって・・・奥が深いのよ

 

お菓子メニューは「甘夏ゼリー」でしたが・・・

さて問題です。

JHBSのレシピとしては何かがおかしいのですが、それはどこでしょう?

JHBS講師の方ならすぐおわかりですよね

そう、part3の「オランジェ・ババロワーズ」のデコレーションにしてしまったのです

 

本当は下の透明のゼリーの中に甘夏が沈んでいるのが正解だったのに・・・

なぜか混同してしまいました

味はそんなに変わらないし、見た目もかわいいのが救い

気が付いたのが試食前という情けなさ。

あ〜〜、ごめんなさい

いつか挽回させて下さい。

 

バター風味のクラムは、しっとりしていてとっても美味しいのです

トーストしても最高

 

ハプニングはありましたが、優しい生徒さん達はとても喜んで下さいました。

本当にすみません。ありがとうございました

 

お二人ともpart2に進んでいただけるとのこと。

さらに美味しくて楽しいメニューが待っています。

また一緒にがんばりましょうね

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「あんパン」&「宇治ぜんざい」

2017-09-21 18:13:53 | ファミリーコース1

台風一過。

昨日まで雷が鳴ったり、いきなり大雨になったりと不安定なお天気でしたが

今日になってようやく青空が見えてきました。

人間の力なんてとうてい及ばない・・・

自然の猛威を感じる今日この頃なのです。

 

9月のレッスンはいつも「お久しぶりです」の挨拶から始まります。

今日の生徒さんとも約2ヶ月ぶりの再会でした。

入会されたばかりのお二人ですが、夏休みはお子さんと一緒にパン作りをされたとのこと。

なんてうれしいご報告

 

先ずは、3回目の手ごねの生地で「あんパン」に挑戦。

2色の胡麻とケシの実をトッピングする方法は必見です。

生徒さんから「なるほど〜」のお言葉をいただきました。

餡包みもすぐに理解していただけ、とってもお上手でした。

「いちに、いちに」のリズムに乗ると包みやすいんです

 

ちょっと小ぶりの「へそ」無しあんパンは毎回人気なのです。

焼き色もちょうど良かった

 

お菓子メニューは「宇治ぜんざい」。

抹茶ゼリーの上に贅沢にトッピング。

甘さを抑えた大人のおやつができあがりました

 

↓しつこいですが、小ぶりなので2個いけちゃいます

手ごねのレッスンは今日で終わり。

だいぶコツを掴んでいただけたようなので、あとはお家で頑張って練習してね

 

次回からは捏ね機を使ったパン作り。

あなたの心をわしづかみにしてみせます

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「ラ フィグ」&「トマトとポテトのフォカッチャ」

2017-09-11 15:47:37 | スキルアップレッスン

今年6月の新メニューとして本校で習ってから、

ず〜〜っと生徒さんと一緒に作ってみたかった「ラ フィグ」。

今日ようやく実現できました。

 

ドライフィグで先ず心をわしづかみにされ・・・

形がめちゃくちゃ可愛いし、なんといっても美味しいの

 

なぜなら・・・

パンの風味をアップさせる材料がこれでもかって入ってる。

↓前日から仕込んだポーリッシュ種でしょ

トラビアータにソフトグレイン、シナモン、はちみつ等々・・・

あ〜〜もう、美味しくないわけがないのです

 

↓そしてこの形

生徒さんも大喜びなのでした

私も予想以上の出来映えと達成感で超満足

 

今日はスキルアップのレッスンなので、パンをもう一品。

2010年の新メニューから「トマトとポテトのフォカッチャ」を選択。

フィリングには生のプチトマトを使います。

鮮やかな赤が「the夏野菜」っていう感じ

 

生地にはポテトが練り込まれているのでモチモチっとした食感です。

カットするとほんのりピンク色なのもカワイイ

トッピングのゲランドの塩も良い塩梅です。

フォカッチャはお手軽に作れて美味しいので重宝しますよね

 

フィグのパンは噛めば噛むほど味が出てきて本当に美味しかったです。

フォカッチャは焼きたてをいただきました。

どちらも大好評

 

今日は約1年ぶりにお会いする生徒さんも合流。

またお誘いしますので、ぜひぜひ参加して下さいね。

 

久しぶりなのでお話しは尽きず・・・

とても楽しい時間を過ごせました。

ありがとうございました

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加