comodo日和

comodoとは音楽用語で「気楽に」という意味です。パン作りにまつわる出来事を気負わずに綴っていきます。

ファミリーコース・再起動

2014-07-31 16:02:26 | ファミリーコース1

暑いです・・・。

 

昨日と今日、札幌でも30℃越えの日が続いています。

そうはいっても、本州の方には申し訳ない程度の暑さですが

北海道には似合わない蒸し暑さも加わり、道産子にとってはキツイかも・・・

 

明日から8月。

夏本番はこれからですもんね。

体調を崩さないよう、どうぞみなさまご自愛下さい。

 

そんな中でも・・・やりましたよ、パン教室。

今日は久しぶりの「ファミリーコース part1」。

 

それぞれの事情で、しばらく停滞していたファミリーコースでしたが

今日からまた再起動です。

 

ちょっと体調を崩されていてお休みしていた生徒さん。

久しぶりにお元気な姿を拝見することができ嬉しかったです

新しいメンバーとの合体クラスとなり、心機一転。

無理しないで楽しく進んで行きましょうね。

 

パン教室なのに(?)クーラーの無い我が家。

発酵にも気を付けなきゃいけないしで「暑くてごめんね~~」と私。

 

「いや~~、だってウチにも無いから、違ったらパンの管理が解らなくなるし。」と生徒さん。

ううっ・・・なんて優しいお言葉

 

そう、北海道の一般家庭にはクーラーが無いのはまだ当たり前。

我が家でのレッスンをぜひご自宅で活かして下さいね

 

今日のメニューは「ハムロール」「水ようかん」。

2つとも人気者で、旧コースからしっかり引き継がれています。

 

ファミリーコースでは、お菓子のメニューをご自身で作っていただきます。

(ちなみに、使っているコンロは私が20歳ごろ一人暮らしをしていたときに買った物。

およそ30年前の代物だけどしっかりと役に立っているから驚き)

 

お持ち帰り用の水ようかんが完成。

冷たくてあっさりした食感がこの季節にぴったり

と、喜んでいただけました。

 

もっとカッコイイ容器を用意してあげれば良かったかな・・・

 

さて「ハムロール」はというと・・・

 

トッピングに使う玉ねぎをみじん切りにしてもらっているのですが

(ファミリーではこんなこともします)

粒が揃っていてめちゃくちゃお上手

パセリもなんか違うっ

みじん切り・・・ぜひ習いたいです。

 

ハムロールの完成~~

今日の暑さの中、発酵過多にもならず上手くできました。

 

この時期はパン作りにとってはマイナス要素が多いかも知れませんが

逆にその環境を利用することで、一歩踏み込んだ理解が得られるかもしれません。

 

事実、今日はレッスン中でも「こんな時はどうしたら良いか」というような質問も多く

より深く学習していただけたのでは・・・

 

な~んて「クーラー無し」を正当化する私

 

次回は8月末。

もっと暑いかも・・・。

 

お互い体調管理に気を付けて、元気でまた会いましょう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ドン!?

2014-07-22 15:39:10 | パン

またまた蓋が外れたわけではありませんよ

 

今日のお楽しみメニュー「香ばしうす煎」に使った材料「リ・スフレ」。

おフランス出身なの?

でも・・・どこかで見たことあるある

そうそう、お祭りの出店とかでよく見る「ドン」じゃなかろうか

一気に親近感が湧くよね~と、生徒さんと大笑い

 

超簡単にできて、名前の通り香ばしくてすごく美味しい

「お○○」の味に似ていると大好評。

 

ドン・・・いや「リ・スフレ」、なかなか良い仕事しますよ

 

今日はスキルアップレッスンでした。

パンのメニューは「ストライプハード」「花のパン」。

 

「ストライプハード」は、以前本校で習った時に一目惚れしたパン。

なかなか作ってみる機会が無くて・・・

ようやく今日お披露目することができました。

 

この白と黒のコントラストが、なんかカッコイイな~って思うのです。

 

上から見たら・・・

カットの大きさがさまざま。

どうやら、思った以上に深くカットした方が良さそうです。

 

作り方がちょっとややこしいですが、落ち着いてやれば大丈夫。

とっても面白いパンですよ

 

そして、もう一品は「花のパン」。

色合い的にちょっと季節外れかもしれないけど

成型方法が面白くて、見た目もすごく可愛らしいパンなのでセレクト

ピンクの色を消さないように、焼き色には充分気を付けます。

 

良い色に焼けました

 

本日の試食。

どちらも「どうやって作るんだろう?」

と考えてしまうような成型の技。

「新メニュー」は本当に面白い

 

↓生徒さん持参のカゴに入れてお持ち帰り。

おお~~、ステキです

 

次回は2ヶ月後~

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ハスカップ狩り/coupe labo

2014-07-20 21:00:57 | coupe labo

今日はsumikoさんと一緒に

厚真町までハスカップ狩りに行って来ました。

 

朝9時に私を迎えに来てくれたsumikoさん。

昨日焼いたという「生姜とスパイスのパン」と「玄米と発芽米入りのリュスティック」

を手土産に持ってきてくれました

気泡がいっぱいで美味しそう

ハスカップジャムをつけて食べたら・・・うん、間違いない

 

ということで、厚真町に向かって出発。

 

車を走らせること1時間半。

山の中にどんどん入って行って「松平ハスカップ農園」に到着。

連休のど真ん中なのに誰もいない

実は今期は今日が最終日とのこと。

 

腰に収穫用のカンカンをぶら下げて、貸し切り状態の畑に向かいます。

 

生のハスカップを食べるのは初めて。

さすがに今日が最後と言うだけあって、完熟な実が多い。

完熟過ぎてシワシワなものも・・・

でもジャムにするなら大丈夫

「いる~~?」と、お互い時々生存確認(?)しながら黙々と収穫。

1時間半後・・・

私の頑張った成果は600gでした

sumikoさんは500g(勝った

 

収穫が終わってちょうどお昼になったので

厚真町の温泉「こぶしの湯あつま」の建物の中にあるレストランで昼食にしました。

豚丼が名物らしく(帯広だけじゃないんですね~~

私は迷わず注文。

に・肉がはみ出ている~

香ばしく焼いた豚肉に、甘辛のタレがマッチして

すごく美味しかったです

ぜひご賞味あれ。

 

次なる目的地は「イコロの森」

ちょうどイベントをやっているとのことでワクワクしながら向かいました。

おしゃれ&アートな作品がいっぱい

 

そして、花・花・花・・・

ほんっとに癒されました

 

貴重な玉ねぎ「札幌黄」もゲット

葉っぱ(?)の部分も美味しいのだそう。

 

お天気も良く、大満足で「coupe labo」の課外授業は終わりました。

sumikoさん、長時間の運転お疲れ様でした

次回は9月に長沼に繰り出す予定。

 

そして・・・

頑張って狩ってきたハスカップは

めでたくジャムになりましたとさ

 

早く食べてみたいっ

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「友あり、遠方より来たる」 part2

2014-07-19 18:01:41 | パン

さて・・・

私が用意した翌日のサプライズ企画とは?

 

コープさっぽろプレゼンツ「畑でレストラン」に参加することでした。

 

北海道農業の素晴らしさを広めるべく、

「コープさっぽろ農業賞受賞生産者」と、道内を代表する有名レストランのシェフがコラボして

生産者の畑に「1日限りのレストラン」をオープンさせるという・・・

とっても斬新で、北海道にぴったりな企画

 

今年は6月~10月まで全23回、

開催場所(生産者)もコラボするシェフもさまざまで、

素晴らしいロケーションの中で、スペシャルなランチコースと交流が楽しめます。

 

今年で3年目を迎えるそうで、企画自体は知っていたのですが

参加するのは今回が初めて。

 

元々ダンナと二人で参加しようと予約していたのですが、

平日ということも幸いしてか人数変更もでき、彼女にプレゼントできました。

 

当日はとてもお天気が良く、東京暮らしの彼女にとって

現地までのドライブで見る景色全てが、感動もののようでした。

 

出発してから1時間半。

「ここ・・間違っていないよね・・」というくらい山の中に入って行くと

会場である「内藤アンガス牧場」に無事到着しました。

 

敷地ではすでにレストランの準備が進んでいます。

大自然の中にセットされた席・・・ワクワクする~~

傍らに咲いている花たちも素敵です。

 

このトラックの中で調理するんですね。すごいっ

 

ランチスタートまで1時間。

牧場経営者の内藤さんご夫妻の案内で、ファームツアーを体験させていただきました。

深い森の中に忽然と現れた広大な敷地で、悠々と暮らすアンガス牛達。

元々林業を営んでいたそうですが牧場経営に転換。

国産のアンガス牛にこだわり続け、現在に至るまでのご苦労は

想像を遙かに越えるものがありました。

そんな事も明るく笑い飛ばす奥様の圭子さん・・・偉大です

 

↓この日の朝産まれたばかりの子牛

 

山歩きをして帰ってくると、レストランの準備もピークに

 

いよいよ「畑でレストラン」の開催です

この日のシェフは、札幌を代表するフレンチレストラン

「La Sante」のオーナー、高橋毅さん

ランチスタート前にご挨拶をいただきました(遠い)。

 

もちろん、お会いするのは初めて。

(そもそも、ちゃんとしたフレンチなんて食べたこともない

 

高橋シェフの魔法にかかったような、元気な野菜とアンガス牛肉が次々と登場します

 

先ずは前菜。

「ホワイトアスパラガスの収穫」

アスパラガスはわかるけど、茶色いのは本物の土

材料の種明かしにビックリしました。

 

おかわり自由の「道産小麦の天然酵母パン」はモチモチしていて美味しかった

たくさんおかわりしてしまいました

 

スープは「レタスのスープ カリカリに炒めた牛脂とクルトンを浮かべて」

なんと、画像撮り忘れ

やさしい緑色がとってもキレイだったのに・・・

テンパっていたのね・・。

 

「ホホ肉のパン粉焼きと由仁タムラナチュラルファームの野菜の一品」

まるで絵画を観ているよう

 

「やわらかく茹でた舌とラタトゥイユ スネ肉でとったコンソメジュレを添えて」

 

ランチは鳥のさえずりを聴きながら、時間をかけてゆったりと進んで行き・・・

途中、牧場経営者の内藤順介さんと圭子さんご夫妻がご挨拶。

 

さらに続く・・・

「モモ肉の炭火焼きと旬の野菜」

もう・・・どれがメインなのかわからない・・・何という贅沢

 

「メンチカツカレー」

とどめを刺されましたわ。

 

そして、デザートは

「ココナッツのムース ハスカップのコンフィチュールとビスキュイ」

北海道でも貴重な果物「ハスカップ」。

すごく酸っぱいイメージだったけど、程良い甘さのジャムとムースの相性は抜群

最高でした

 

帰りにはなんとお土産まで用意して下さって。

圭子さんが立ち上げた「NPO法人 ココ・カラ」で作っているお菓子。

 

終わってみたら・・・

3人とも「興奮」「笑顔」「感謝」しかない

「美味しかった」なんていう、ありきたりの言葉では済まされないという気持ちでした。

 

「コープさっぽろ」のみなさん

こんな素晴らしい企画をありがとうございます。

また来年も絶対に参加したいです

 

まだまだ興奮冷めやらずの状態でしたが・・・

帰る途中で「キリンビール 北海道千歳工場」の工場見学をしてきました。

できたての生ビールも試飲でき、またまた最高の気分

 

ビールを美味しくする「酵母」の働き。

「パン作りと一緒だね」なんて、無理矢理こじつけたりして

 

こうして2泊3日の旅を終え、

鞄には自分で作ったパンをいっぱい詰め込んで

友は大満足して東京に帰っていきました。

 

楽しかったなあ~~~

なんだか夏休みが終わってしまった気分。

 

友よありがとう

次回札幌に来たときは、ハード系のパンに挑戦だからね~

 

 

 

 

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

「友あり、遠方より来たる」 part1

2014-07-18 10:54:08 | パン

1ヶ月ほど前に

東京に住んでいる、かれこれ20年来の友人から連絡がありました。

「パンを習いに札幌に行きたいのっ!」

 

てっきり観光のついでかと思いきや、

2泊3日の強行スケジュールで、なんとか基本のパンをマスターしたいとのこと。

 

そんな、わざわざ??

「東京なんだから、立派なパン教室は近くにいくらでもあるよ」と返信しても

「そこがいいから、絶対に行くっ!!」

と聞かない。

 

こ・・これはマジだぞ

ならば責任重大ではないか

 

二人でスケジュールを合わせ

私はオリジナルレシピを頑張って3つほど作って準備しました。

 

彼女とは東京に住んでいた時、お隣さん同士だったことがきっかけでのお付き合い。

私が転勤で山梨→札幌と離れ離れになってしまったけど

ず~っとつながっている、とても大切な友人です

 

私は東京に行くたびに彼女の家に遊びに行くんだけど

実は札幌で会うのは今回が初めて。

夕方、待ち合わせ場所で無事に会えて、その日の夜は昔話に花が咲きました。

 

翌朝早々に、いよいよパン教室がスタート

 

パン作りは20年前にちょっとかじった程度

という彼女のために、私が用意したレシピは・・・

「巻かないロールパン」「1斤の食パン」「ベーグル」。

どれも飽きのこない基本の食事パン。

基本の生地をマスターすれば、アレンジも簡単にできる楽しいパンです

 

ところが、実際に始めてみると・・・

彼女なかなかセンスがありそうで、とても手つきが良い

あっという間に「ロールパン」が完成

 

私も「これはいけるぞっ」とモードが切り替わり

どんどんどんどん詰め込んじゃいました

で、「1斤の食パン」も完成

う~~ん、お見事

 

↓お昼のまかないは、フィリングを入れたロールパンと半ラーメン。

せっかく北海道に来てくれたのに・・・

美味しい物は翌日ということで、ねっ

 

午後は「ベーグル」。

実は私のオリジナルではなく「coupe labo」で相方のsumikoさんが教えてくれたレシピ。

簡単に作れておいしくて、絶対に気に入ってくれるはず。

最後の1個を手がけようとした時、アレンジしようと気が付いて

チョコチップを混ぜてみました。

もっといろいろやってみれば良かったなあ・・・

ワクワク・・・

 

ベーグルが無事に焼き上がり、夕方になったころ

この日のメニューは全て完璧に完成しました

 

↓これは彼女が作った分。

とても初めてとは思えない出来映えに、二人して感無量

 

体も頭もフルに使って、なんとも心地よい疲れの中・・・

お互いの健闘をたたえて

 

夜のまかないは「夏野菜のカレー」。

二人でナスやらトマトやらズッキーニやらを、ひたすらみじん切りして作りました。

なんだか合宿みたいでなつかしい

ベーグルも試食。

予想通り、大好評でした。

 

いや~~、めっちゃ濃い1日でしたわ

 

翌日はパンは作らず(だってせっかく北海道に来たんだし)

ある企画を用意しました(へへへ・・・

 

つづく・・・

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加