comodo日和

comodoとは音楽用語で「気楽に」という意味です。パン作りにまつわる出来事を気負わずに綴っていきます。

「友あり、遠方より来たる」 part2

2014-07-19 18:01:41 | パン

さて・・・

私が用意した翌日のサプライズ企画とは?

 

コープさっぽろプレゼンツ「畑でレストラン」に参加することでした。

 

北海道農業の素晴らしさを広めるべく、

「コープさっぽろ農業賞受賞生産者」と、道内を代表する有名レストランのシェフがコラボして

生産者の畑に「1日限りのレストラン」をオープンさせるという・・・

とっても斬新で、北海道にぴったりな企画

 

今年は6月~10月まで全23回、

開催場所(生産者)もコラボするシェフもさまざまで、

素晴らしいロケーションの中で、スペシャルなランチコースと交流が楽しめます。

 

今年で3年目を迎えるそうで、企画自体は知っていたのですが

参加するのは今回が初めて。

 

元々ダンナと二人で参加しようと予約していたのですが、

平日ということも幸いしてか人数変更もでき、彼女にプレゼントできました。

 

当日はとてもお天気が良く、東京暮らしの彼女にとって

現地までのドライブで見る景色全てが、感動もののようでした。

 

出発してから1時間半。

「ここ・・間違っていないよね・・」というくらい山の中に入って行くと

会場である「内藤アンガス牧場」に無事到着しました。

 

敷地ではすでにレストランの準備が進んでいます。

大自然の中にセットされた席・・・ワクワクする~~

傍らに咲いている花たちも素敵です。

 

このトラックの中で調理するんですね。すごいっ

 

ランチスタートまで1時間。

牧場経営者の内藤さんご夫妻の案内で、ファームツアーを体験させていただきました。

深い森の中に忽然と現れた広大な敷地で、悠々と暮らすアンガス牛達。

元々林業を営んでいたそうですが牧場経営に転換。

国産のアンガス牛にこだわり続け、現在に至るまでのご苦労は

想像を遙かに越えるものがありました。

そんな事も明るく笑い飛ばす奥様の圭子さん・・・偉大です

 

↓この日の朝産まれたばかりの子牛

 

山歩きをして帰ってくると、レストランの準備もピークに

 

いよいよ「畑でレストラン」の開催です

この日のシェフは、札幌を代表するフレンチレストラン

「La Sante」のオーナー、高橋毅さん

ランチスタート前にご挨拶をいただきました(遠い)。

 

もちろん、お会いするのは初めて。

(そもそも、ちゃんとしたフレンチなんて食べたこともない

 

高橋シェフの魔法にかかったような、元気な野菜とアンガス牛肉が次々と登場します

 

先ずは前菜。

「ホワイトアスパラガスの収穫」

アスパラガスはわかるけど、茶色いのは本物の土

材料の種明かしにビックリしました。

 

おかわり自由の「道産小麦の天然酵母パン」はモチモチしていて美味しかった

たくさんおかわりしてしまいました

 

スープは「レタスのスープ カリカリに炒めた牛脂とクルトンを浮かべて」

なんと、画像撮り忘れ

やさしい緑色がとってもキレイだったのに・・・

テンパっていたのね・・。

 

「ホホ肉のパン粉焼きと由仁タムラナチュラルファームの野菜の一品」

まるで絵画を観ているよう

 

「やわらかく茹でた舌とラタトゥイユ スネ肉でとったコンソメジュレを添えて」

 

ランチは鳥のさえずりを聴きながら、時間をかけてゆったりと進んで行き・・・

途中、牧場経営者の内藤順介さんと圭子さんご夫妻がご挨拶。

 

さらに続く・・・

「モモ肉の炭火焼きと旬の野菜」

もう・・・どれがメインなのかわからない・・・何という贅沢

 

「メンチカツカレー」

とどめを刺されましたわ。

 

そして、デザートは

「ココナッツのムース ハスカップのコンフィチュールとビスキュイ」

北海道でも貴重な果物「ハスカップ」。

すごく酸っぱいイメージだったけど、程良い甘さのジャムとムースの相性は抜群

最高でした

 

帰りにはなんとお土産まで用意して下さって。

圭子さんが立ち上げた「NPO法人 ココ・カラ」で作っているお菓子。

 

終わってみたら・・・

3人とも「興奮」「笑顔」「感謝」しかない

「美味しかった」なんていう、ありきたりの言葉では済まされないという気持ちでした。

 

「コープさっぽろ」のみなさん

こんな素晴らしい企画をありがとうございます。

また来年も絶対に参加したいです

 

まだまだ興奮冷めやらずの状態でしたが・・・

帰る途中で「キリンビール 北海道千歳工場」の工場見学をしてきました。

できたての生ビールも試飲でき、またまた最高の気分

 

ビールを美味しくする「酵母」の働き。

「パン作りと一緒だね」なんて、無理矢理こじつけたりして

 

こうして2泊3日の旅を終え、

鞄には自分で作ったパンをいっぱい詰め込んで

友は大満足して東京に帰っていきました。

 

楽しかったなあ~~~

なんだか夏休みが終わってしまった気分。

 

友よありがとう

次回札幌に来たときは、ハード系のパンに挑戦だからね~

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「友あり、遠方より来たる」 ... | トップ | ハスカップ狩り/coupe labo »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
はじめまして (augus)
2014-08-07 09:11:23
FBで見つけました。

牧場にいらしてくださりありがとうございました。
私のFBにシェアしてもいいですか?
augusさま (ながたパン教室です)
2014-08-09 00:11:57
畑のレストランでは素晴らしい時間を過ごさせていただき
本当にありがとうございました!
FBへのシェア、OKですよ。
これからも応援しています!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

パン」カテゴリの最新記事