comodo日和

comodoとは音楽用語で「気楽に」という意味です。パン作りにまつわる出来事を気負わずに綴っていきます。

「みん吹・6周年の旅」とちょっとパン屋さんめぐり

2017-02-14 17:04:23 | フルート

今年の「みん吹の旅」は2月11〜13日。

私にとってライフワークともいえるこの旅も6回目です。

 

東京滞在中はずっと良いお天気でした。

新宿南口に向かって歩く。

雲一つ無く、まさにピーカン

 

今回の大練習会は12日。

先ずは前日入りし、フルートの有志2人(福島&千葉のメンバー)と合流して

いつものようにアンサンブルを行いました。

 

都内のスタジオを貸し切り、たっぷり3時間の練習。

各々楽譜を持ち寄り、片っ端から吹きまくりました。

「音楽でつながっているって最高に幸せだなぁ

と痛感するひとときなんです。

 

練習後半に「津軽海峡冬景色」の3重奏をそこそこ仕上げ、

「明日の大練習会でゲリラライブしちゃおうぜっ

なんて盛り上がりました

さて、どうなるかな。

 

そしていよいよ迎えた大練習会当日。

会場はみん吹メンバーのお知り合いの方のご厚意で

都内の高校の音楽室をお借りして行いました。

いつも本当にありがとうございます。

今年は日曜日開催となったため参加人数はいつもより少なめだったかもしれません。

でも最終的には30人くらいにはなったのでは。

この日のために全国から集まるのですからすごいことです。

 

12時〜16時まで、いつものように吹いて吹いて吹きまくり。

ほぼ初見でやり直しも無しなので、私にとっては毎回アワアワ状態ですが、

こんな刺激も非日常の貴重な経験です。

脳みそが働きすぎて溶けてしまいそう〜

 

難しい曲から、ポップスなどお馴染みの曲まで幅広く選曲。

いったい何曲やったのやら・・・

星野源さんの「恋」もあったっけ

 

そうそう

私達3人のゲリラライブは、途中15分の休憩時間の時にいきなり始めたので、

最初は「何やってんの?」的な予想通りの反応だったんだけど・・・

一緒に口ずさんでくれたり、アドリブで一緒に吹いてくれたりして

とっても気持ち良くやり切ることができました

みなさんお付き合い下さり、ありがとうございました

 

夜は毎年恒例の「消毒会」

老いも若きも入り交じり、楽しい時間を過ごしました。

思えば、出会った時に中学生だった子達も、もう就活で悩むお年頃。

おじさん、おばさん達のアドバイスを真剣に聞いていた姿が印象的でした。

端から見るとなんとも微笑ましい光景・・・こういうのっていいよなあ〜

 

翌日は月曜日でお仕事の方もいらっしゃいましたが

そんなこともすっかり忘れて(?)大いに盛り上がった一日でした。

また来年お会いすることを約束し、解散となりました。

これからも地味に長〜〜く続いて欲しい

 

滞在中のもうひとつのお楽しみ、パン屋さん巡り

事前に調べようにも、東京はたくさんありすぎて・・・

空き時間もあまりなかったので、遠出はせず活動拠点の最寄り駅付近で目星をつけました。

 

先ずは、新宿南口にある

GONTRAN CHERRIER(ゴントランシェリエ)新宿サザンテラス店」。

フランスから初上陸したのは渋谷店とのこと。

東京だけでなく、福岡、仙台にも支店があるそうですよ。

クロワッサンが一番人気とのことで、私もゲット

↓こんなそそられるフォルムの「モンブラン」。

中にはマロンクリームがたっぷり

2階はイートインスペースになっているようですよ。

 

↓こちらもフランスから上陸の「MAISON KAYZER(メゾンカイザー)」。

練習会場の池袋に向かう途中の、西武池袋店の中にありました。

クロワッサンが有名とのことですが、残念ながら時間が無く通り過ぎただけ。

ハード系のパンがダイナミックに陳列されていて、

急いでいたけど思わず足を止めてしまいました。

かっこよかったです

 

そういえばどこかで「PAUL」も見かけました。

海外から上陸のパン屋さん、ホントに多いですね。

 

駅構内を歩いていると間口一間くらいのこんなお店もありました。

興味そそられるけど・・・ちょっとお値段が・・・

衝動をこらえて通り過ぎ。

 

実は今回、私が一番行ってみたかったのは「空と麦と」

代官山と恵比寿の中間地点の住宅街にあるパン屋さん。

八ヶ岳の自家農園で育った小麦、自然栽培農家の野菜、

その他にもオーガニックのフルーツやナッツなどの厳選した食材を使用しているとのこと。

意外な食材の組み合わせが多くて、どれも食べてみたかったんだけど・・・

購入したのは、左から「黒豆のパン」「クロワッサン」、

大きなパンは「チョコペッパー」、そして新商品の「きなこ白小豆」。

店員さんも親切で、パンは全て丁寧に作られている感じがしました

 

↓カットしたらこんな感じ。

どれもみ〜〜っちり

チョコと黒こしょうの意外な組み合わせも新鮮。

どれも想像通り美味しかったし、とても勉強になりました。

 

今回のパン屋さん巡りは時間が無くてここまで。

まだまだ行きたいお店はたくさんあるので、また来年のお楽しみにしておきましょう

 

実はもうひとつ、今回の旅でとっても楽しみにしていたことがありました。

古い友人に20年ぶりに会えたのです。

 

彼女と一緒にいたのは、わずか1ヶ月間と短い間でしたが、

きっと何十年にも値するような濃い時間を共に過ごしました。

東京と札幌で離れてしまい、なかなか会う機会も無く・・・

気が付けばもう20年も過ぎていました。

 

会えなかった時間を巻き戻すように、

お互い色んな事を話すことができて、本当に嬉しかったです。

この先、嬉しいこともいっぱい、辛いこともいっぱいあるかもしれないけど

お互い頑張って生きて行こうね

 

一年に一度、2泊3日の短い旅。

振り返れば今回も充実感いっぱいで過ごすことができ、本当に幸せでした

また来年に向けて、精一杯頑張るのみ

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

みん吹・5周年の旅と、ちょっとパン屋さん巡り

2016-02-17 13:41:26 | フルート

今年も行ってきました「みん吹の旅」。

もうあれから5年目です。

 

今回の旅は2月12日~14日。

この時期は思わぬ雪の影響で、出発できるかいつもハラハラですが

なんとか無事に飛び立ち、予定をびっちり詰め込んで東京に向かいました。

 

先ずは恒例の「大練習会」。

今回の参加者は30名ほど。

飛び石連休の真ん中ということもあってか、いつもより少ない気がしましたが・・・

なんと、フルートはそのうちの8名という高出席率

まあ、動きやすいということもありますしね

 

例年、各方面からものすごい量の楽譜を用意していただき、

時間のある限り片っ端から合奏するというスタイルでしたが、

今回はあらかじめアンケートでやりたい曲を募集して、

何曲かに絞るということでした。

「この曲、もうちょっと吹きたかったなぁ・・」という気持ちがいつもあったので

とても良かったです。

 

数曲の中で「エルザ」「シンフォニア・ノビリッシマ」「ディスコ・キッド」は

私にとっては青春の曲。懐かしさで胸がじ~~ん

そして、「みん吹2011」にとっては「花が咲く」も外せない。

 

途中休憩を挟んだあと、フルートのメンバーでアンサンブルを発表させていただきました。

といっても、その日10分ほど合わせただけのぶっつけ本番。

私はみなさんについていくだけでしたが、こんな非日常は本当に刺激的で楽しい

 

全国からのお菓子も練習会恒例の風景。

北は北海道から南は福岡まで。

「ねばーる君」もいたっ

 

練習会の後は恒例の「消毒会(いわゆる飲み会)」。

近況報告ではいろんなお話しが聞けました。

 

出産・結婚・離婚・再婚・還暦・・・

お孫さんが産まれておばあちゃんになった方も・・・

1年あったらいろんな事が変わるんですね

私はこの1年、何事も無く淡々と過ごしていましたが、

それもまた嬉し・・ですかね。

 

あまりも楽しすぎて飲み過ぎたのか、途中で気持ち悪くなっちゃって

一部の方にご心配をおかけしてすみませんでした。

これも非日常で楽しい思い出かも

 

さて、今回はちょっと東京のパン屋さん巡りをしてみたいなと思い

東京の友人に前もって紹介してもらっていました。

あまり時間が無かったので、移動しやすい場所ということで

「下北沢」付近をターゲット

 

下北沢は以前東京に住んでいた時何回か行ったこともあり、ちょっと懐かしい場所。

私の中では、狭い中にごちゃっとしたイメージかな。

「昔とそんなに変わらないよ~」という友人の言葉通り

駅前なのにこんな小樽の市場みたいな所もあったりする。

 

下北沢はいつのころからか「カレー(スープカレー)」の街になったみたい。

そういえば、札幌の某有名スープカレー店も進出しているはず・・・。

なので「カレーパン」をゲットしに探索開始。

 

1軒目は「アンゼリカ」さん。

昔からある街のパン屋さんっていう佇まい。

こちらは「カレーパン」と「みそパン」が有名なんだそう。

これはもう「THE カレーパン」という感じ。

あまり辛くないルーでとっても食べやすかった

 

2軒目は「天馬屋」さん。

こちらはカレー屋さんがカレーパンも作って売っている・・・という感じ。

だけど、その種類がハンパなく

店頭では揚げたてのカレーパンが4種類も

私は「辛口キーマカレー」をゲット。

具はたっぷりで、辛口だけに辛かった(当たり前)

 

友人は「半熟卵カレー」。

こちらはマイルドだったって。

ぜひ、全種類制覇したいところです。

 

ランチはお薦めの「農民カフェ」で。

カラフル&ヘルシー

美味しかったよ~~

 

本当はもう一軒行きたい所があったんだけど、

ものすごく混んでいて、開店前から並ぶの必須・・・との情報で断念。

 

と思っていたら、朝メールで「今並んでいるから欲しいパン教えて」って

ありがとう~~

ということで、シンプルな「食パン」と「カンパーニュ」をリクエスト。

 

そのお店の名前は「ユヌクレ」さん。

こちらは下北沢よりちょっと先の豪徳寺にあります。

友人はえらく気に入ったらしく、並んでもまた行きたいと言っていました。

デニッシュが美味しいみたいですよ。

次回は私も並んでみたいっ

 

いつもだけど・・・

楽しい時間ってなんて早く過ぎてしまうんでしょうか・・・

あっという間に2泊3日の旅が終わってしまいました。

 

実は帰る日の東京は、春一番の影響で気温上昇でメチャクチャ暑く(だって、23℃

その春一番が北上していて、飛行機飛ばないかも

ってまたドキドキ・・・。

羽田ではペッパー君がそんな私を癒してくれました。

 

心配していた便は予定通り出発しました。

けっこう揺れて恐かったですが

 

しっかり充電できたので、また来年に向けて頑張れそうです。

更なる技術の向上を目指してっ

 

いや、先ずは健康第一ですな

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

発表会2015

2015-12-06 10:40:08 | フルート

ニュースでは、昨日から北海道は大荒れなので要注意と報道されていますが、

ここ札幌は意外とそんなでもないんです。

義父が言うことには、「手稲山」という札幌中心部から西方向にある

標高1000メートルくらいの山に守られているからだそうで・・・

ありがたいことです

 

そんな中、昨日は今年のフルートレッスンの締めくくりでもある発表会が行われました。

会場は毎年恒例になりつつある「渡辺淳一文学館」。

今年もお世話になります

 

会場に向かうこの道をてくてく歩いていると

「今年もいよいよ終わるんだなあ・・・」としみじみしてしまいます。

 

左には「コンサートホールkitara」。

 その向かい側にある「渡辺淳一文学館」。

 

文学館の中は渡辺淳一氏の書物が本棚いっぱいに並べられていて

対面する大きな窓から、さらっと雪が積もった大きなもみの木が見えます。

こんなステキな場所にホールがあるなんて・・・

 

今年の選曲はフォーレの「パヴァーヌOp 50」。

フルートの三重奏で、テンポのゆったりした静かな曲です。

それだけに強弱のバランスや表現、音程が難しく・・・

やればやるほど奥深い曲でした。

 

今回いつも1st担当をして下さる方が、娘さんの結婚式で出演できず

「披露宴までの空き時間に留め袖着て出て~」とマジで頼みましたが

さすがに断られました(当たり前)。

 

で、私が1stを担当することに。

いつもは2ndか3rdで1stの動きに寄り添いながら、ときどき美味しい場面を吹く。

ということに慣れていたので、今回はなかなか貴重な体験でした。

 

本番では無意識にテンパっていたのか・・・

出演する順番を間違えて一人で舞台に上がっちゃったり、

普段絶対間違わない所をミスったり・・・

自分としてはかなりイマイチな出来でしたが、

全体としては良かったよと先生に評価していただきました。

 

最後の先生の演奏、バルトークの「ハンガリー農民組曲」は素晴らしかった

初めて聴いたのですが、迫力もあり、なんとなく日本っぽい雰囲気もあったりして、

終始引き込まれてしまいました

 

帰る頃には湿った雪が降り積もり始めていて・・・

発表会も終わっちゃったしなぁ・・・

やっぱりちょっと寂しい気持ちになってしまいました

 

先生、今年一年楽しいレッスンをありがとうございました。

また来年もよろしくお願いします

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

みん吹・4周年の旅

2015-02-09 15:22:24 | フルート

今年も行って来ました「みん吹・4周年」の旅(at 東京)。

 

出発は2月6日。

東京がまさかの大雪警報で飛行機大丈夫?

という感じでしたが、何事も無く無事に到着しました。

帰りは8日で、今度は千歳が悪天候の予報。

着陸できなければ羽田に引き返すという条件付きでしたが

やはり無事に帰ってくることができました。

良かった良かった

 

旅の本番は7日。

もう4回目を迎える「練習会&消毒会」。

 

今年の会場は都内にある高校の音楽室。

メンバーの学生時代の後輩がそこの音楽の先生をしているということで

快く貸していただけたとのこと。

すごい人脈。

ありがたいことです。

 

午前中は、恒例となったフルートだけのアンサンブル練習。

14人のメンバーの内、今年は7人が参加でした。

「みん吹2011」の中では毎年ダントツの出席率

 

2時間という限られた時間の中で、目一杯楽しみました。

やっぱりアンサンブルは最高だね

 

4年前高校一年生だった子が、

久しぶりに会ったら、すごくお姉さんな感じになっていてびっくり。

今年オーストリアに留学するそう。

若いみんなの成長がすごく楽しみ。

頑張って

 

午後はいよいよ「大練習会(大初見大会ともいう)」。

北は北海道から南は九州まで、

全国から続々と集まって来ます。

 

今回演奏予定の楽譜達。

う~~ん、見たことも無いような難曲がずらり

所属の楽団から借りてきたり・・・貴重なものばかりです。

手前にはみんなが持ち寄った、全国のお菓子がいっぱい

これもみん吹ならではの光景。

 

吹奏楽定番の曲はもちろん、

「アナ雪」あり、ディープパープルあり・・・

さあ、始まったらもう止まらないっ

ぶっつけ本番、やり直し無しの練習会

 

↓「情熱大陸」でソロを吹くフルートのメンバー。

超カッコ良かった~~~

 

こうして5時間はあっという間に過ぎ・・・

アドレナリン出まくりで今年の練習会は終了しました。

 

私はというと・・・

いつものように、みんなに全然ついて行けず・・・

いつものように、打ちのめされてしまいましたが

 

なんだろう、この・・・

まるで温泉に入った後のような、気持ちいい脱力感。

いや~、もうやめられませんわ

 

夜はみんなで「大宴会(大消毒会ともいう)」。

老若男女(?)、総勢40人くらいでしょうか・・・

練習会に参加できなかったメンバーも合流して。

大盛り上がりでした

 

毎回、まるで同窓会(いや、もっと濃いつながりかも)のよう。

幹事さんも言ってましたが・・・

これからもゆる~く、長~く続けていきたいですよね

 

翌日は番外編。

フルートの数人の有志で、都内の音楽スタジオを借りてアンサンブルをしました。

(どんだけ好きなのか・・・

前日のアンサンブルよりも、もっと濃い~感じで2時間吹き倒しました。

「津軽海峡・冬景色」の三重奏、最高~~

日本人はやっぱり演歌だね。

日本海が見える

 

半日ほど時間が余ったので・・・

前から行ってみたかった、浅草の「カッパ橋」へ。

今注目の食品サンプル屋さん。

↑これもフェイクなんて・・・

 

雷門にもふらりと立ち寄り・・・

 

私にとって、1年に1度の大イベントが終わりました。

 

気持ちよく行かせてくれた家族にも感謝しつつ・・・

 

また来年までの1年間、

技術力アップと資金アップを心に誓うのでありました

 

それにしても・・・

「超~~楽しかった3日間だったぞ~~

 

・・・おしまい。

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

仕上げ

2014-12-14 16:36:39 | フルート

年末になると

今年一年間の締めくくりというか、まとめというか・・・

そんな言葉やイベントでスケジュールが埋まっていきます。

 

今日は、私が通っているフルート教室の発表会がありました。

今年一年頑張ってきたレッスンの成果を発表する場・・・

仕上げの場でもあります。

 

今朝の気温はー7℃。

お天気良しだけど・・・

川の水も凍る寒さ

あこがれの「Kitara」・・・

・・・の向かい

「渡辺淳一文学館」が今日の会場。

もう何回目だろう・・・お世話になっています。

こぢんまりしていて、大好きなホール

 

入り口にはクリスマスのリースが。

 

いつも組んでいるメンバーとの三重奏。

今回演奏する曲は・・・

高橋宏樹作曲「月明かりの照らす3つの風景」。

 

去年の夏、みん吹のメンバーが札幌に来てくれた時に一緒に演奏した、

私にとって忘れられない、とても大切な曲。

 

今回のメンバーでぜひやってみたかった。

先生、選んで下さって、そしてご指導して下さりありがとうございました。

 

本番、私はちょっと緊張してしまい・・・

完璧とは言えませんが、他の2人に助けてもらいながら

最後まで思う存分楽しんで演奏することができました。

 

先生、「仕上げ」の演奏としてはどうだったでしょうか?

私はやり切りましたよ(自己満足

 

今年一年間、

ご指導して下さった先生、アンサンブルのみなさん、

本当にお世話になりました。

 

個人レッスンも、月一回ペースのアンサンブルも

とても楽しい、私にとって不動のライフワークです!

 

また来年も、どうぞよろしくお願いします!

 

(ともさん、のりさん、いずみちゃん、「月明かり」できたよ~

またいつか、一緒にやろうね

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加