超地域密着型スーパー パートナー・アルバイト募集 創業1919年、完全無借金経営という財務内容の中で安心して勤務!

各店の最新求人情報などを随時アップして参りますが、採用状況により募集定員に達してしまうこともあります。ご了承ください。

シリーズ~2016年度新入社員に聞く①~

2016-07-18 13:40:46 | 採用情報 新卒関係

新入社員に聞く
「入社を決めた理由と入社4ヵ月を経て感じているギヤップ」その①

~7月14日に鮮魚部・惣菜部・加工食品部配属社員(37名)を対象にした研修の中で、アンケートを書いてもらいました。
今回は、標記の題目に対し、順不同で9名紹介させて頂きます!~長いかも!!~


●南台店惣菜部配属 Oさん(男性)
地域密着でお客様目線の営業をしているところに魅力を感じ入社しました。
入社後、8時間で業務を終わらせることに、予想以上に厳しい会社であったということです。

●江戸川橋店加工食品部 Sさん(女性)
内定通知が一番早かったことが入社の一番の決め手です。
ギャップについて
研修は団結力があると感じますが、店舗では個人プレーだったりします。食品部は品出しやメンテナンスが主な仕事です。広い売場を歩きまわるのでチーフを探すのが大変です。

●東新町店惣菜部 Kさん(男性)
店舗や社員の方々の人柄で入社を決めました。
入社後も挨拶をすれば、皆、明るく返して下さりガップはありません。

●平井店鮮魚部 Tさん(男性)
本社から大学が近く、店舗もよく利用させて頂いており、他のスーパーにはないアットホームな雰囲気を感じたため入社を決めました。
入社後もギャップを感じたことは無く、チーフや先輩社員の方がお客様と楽しそうに会話をする姿も間近で見ています。想像どおりの会社です。

●北朝霞店加工食品部 Oさん(男性)
中学から大学まで陸上をしてきたので社会人になても競技を続けたいと思い監督の後押しもあり入社を決めました。
自分が思っていた以上に残業に厳しい会社です。
どんな理由があろうと残業が許されず会社全体で徹底的に取り締まっていることがギャップです。

 ●東川口店加工食品部 I さん(男性)
紹介されたことと、実際の売場をみて「興味深い」と思ったこと、何より地元に密着していることが入社の決め手です。
実際は良くも悪くも、地域に密着しフレンドリー。
ただお客様と距離が近いだけかなと思う時もまれにあります。あと、思っていた以上に忙しく走りまわっています。

●聖蹟桜ヶ丘店加工食品部 Fさん(男性)
地域密着型スーパーで各店舗・地域によって売れる商品が違います。その地域の特性に対応していく楽しさを学ぶために入社しました。
思っていた以上に、店長・各部門のチーフの方々が積極的に話しかけてくださることころがギャップと言えばギャップです。

●三鷹店惣菜部 Fさん(女性)
8時間労働など社員のことを考えた会社体制に惹かれました。
実際に入社して、入社前に抱いていたイメージとのギャップはあまりありません。

●小菅店加工食品部 Yさん(男性)
8時間労働が徹底されているところや地域密着の店づくりを行っていることが入社の理由です。
入社後も8時間労働は徹底されていて、地域密着の店づくりをしているだけあり、常連のお客様が多いのを感じています。
ただ仕事の量が多く、8時間で仕事を終わらせるには時間配分やスピードが想像以上に重視されているところがギャップです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 人事部採用日記~新入社員新... | トップ | シリーズ~2016年度新入社員... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む