超地域密着型スーパー パートナー・アルバイト募集 創業1919年、完全無借金経営という財務内容の中で安心して勤務!

各店の最新求人情報などを随時アップして参りますが、採用状況により募集定員に達してしまうこともあります。ご了承ください。

御挨拶  ~社長 松澤志一より~(HPより)

2015-12-30 07:23:22 | 御挨拶

当社は大正8年に青果業として創業して以来、かけがえのない多くの信頼に支えられ、創業96年という誇りある歴史を刻み今日に至りました。
その間「会社は全社員のために」を掲げ、無借金政策のもと揺るぎない基盤を築き上げるとともに、小売業という仕事に誇りと生きがいを追求しながら、全社員のより豊かな生活向上を目指して参りました。
そして「お店はお客様のために」を商売の基本とし、平凡ではありますが「より良いものをより安く、より早く」をモットーに、更には、今後の高齢化社会に合せ「お客様と社員のふれあいを大切にし会話を楽しめるようなお店づくり」を今後の大きな目標の1つとして考えております。
 同時に堅実経営をモットーに、超地域密着型スーパーとして地域の方々に冷蔵庫代わりに使用していただけるような利便性を重視し、常に消費者サイドに立って、生活必需品に価値と満足をのせて提供させて頂くことを企業理念として今後も社会のお役にたっていきたいと存じます。
 
 そのような企業をつくり、発展をさせていく原動力は何と云っても1人1人の素晴らしい社員に他なりません。
従って企業があって人があるのではなく、優秀な人財があってこそ企業が成り立つことをしっかりと認識し、個々の社員を企業という集団の中で単なる歯車にせず、それぞれの目的に沿って指導し、育成させて頂くことが私共の使命であると考えております。


※一緒に同じ気持ちで働いて下さる方を募集致しております。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

お知らせ

2015-09-23 09:47:04 | 御挨拶

10月1日より、地域によってパートナーさん、及びアルバイト(高校生含む)の時給をアップ致します。

今後の求人内容をご確認ください!

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016年入社志望学生への社長挨拶

2015-08-04 15:49:54 | 御挨拶

8月1日に2016年春に当社への入社を志望する学生に対する説明会を行い社長が挨拶を致しました。

挨拶内容を掲載させていただきます。

 

社長挨拶

就職とは文字通り、「職に就くということ」です。これから皆さんが学校を卒業すると40~45年と働きますから会社選びというのは本当に大切です。その中で皆さんが当社を志望してくださっているということは会社としても非常にうれしく思います。

私がこの会社に入社する頃は、非常に就職難な時代でした。15名受験し3名が採用といった状態でした。当時、(私は栃木県出身なのですが)東京に出てくるというだけで非常に大変なことで、就職試験に合格したあと、「東京にいる親戚の方に飯田百貨店(※当時の社名)とはどんなお店ですか?」と聞いたところ、その親戚が足を運び、実際に店を2回も見に行ってくれ、こと細かく記した手紙を送ってくれました。

その中に書いてあったこと中にこんなことが書いてありました。

「百貨店とはいうけれど、建物はボロいし、古くて汚い。でも黒山の人だかりという表現がぴったりなくらいのお客様の数である」と。その手紙を高校の進路の先生にみせたところ「これは良い!そこへ就職しなさい。どんなに見た目が立派でもお客さんがいないことには始まらない。お客さんがいることが何よりも大切なんだ」と助言を頂き、この会社に就職を決めました。

入社後は創業者である「飯田信助」社長に徹底的に商売を仕込まれました。「途中で投げ出したら人生終わり」という言葉を耳にタコができるくらいに言われ、それが今日の大きな土台となっています。

 今ここに、出会いの大切さを改めて感じています。

私にとって、手紙をくれた親戚、助言をくれた先生、そして商売のすべてを教えてくれた初代社長。この3人の方との出会いが大きな人生の転機でした。

今日こうして、皆さんと会えたことが、皆さんにとっても私にとっても大きなまた出会いの1つと思っています。

 

 当社の考え方を大きく3つお話しします。

1つ目は「社員に対する考え方」

社員あっての会社であるということをモットーに、半年毎に部門などを異動させるような歯車的な扱いをするのではなく、一貫性のある1つの仕事を極めてほしいと思っています。会社としても、どれだけやる気を引き出し、やりがいを持って取り組んでもらえるかを日々考えており、男女はもちろ拘らず、正社員かパートナーかにも拘らず実力とやる気がある方に、ポストを与え活躍してもらっています。

 

2つ目は「お客様に対しての考え方」

地域密着を掲げ、台所替りに便利に利用してもらいたいと考えています。

当社のお店は300坪くらいの大きさを中心に半径500メートルを商圏として考えています。半径500メートルでも都内であれば6000世帯くらいあり、そのお客様を大切にしたいと考えています。

60歳以上の方の人口が3000万人を超え、70歳になると、「運転免許返還しませんか」と連絡がくるような時代になりました。

自宅からそのような高齢者の方々が散歩がわりに来店してくれるようなインフラ的存在要素をもった店をつくっていきます。

 

 

3つ目は「堅実経営」

我々小売業界は借入金が多い業界として知られています。

その中で当社は無借金。無借金だけでなく、しっかりとした基盤のために預貯金もしています。銀行関係の方が会社にきて当社のことを知ると「こんな会社があるのか」とびっくりされる程の堅実経営をしています。

上場企業といわれる会社でも赤字もあれば倒産もあります。財務内容がしっかりしていなければ会社はもちろん、従業員の生活も安定しません。

 

☆まとめ

これらの考え方をもとに、創業100周年には年商1000億の会社にしたいと思っています。このような小売企業は日本には、今、どこにもありません。

今日ここに参加している皆さんが当社に来春入社してくれることを願っています。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加