鹿沼市デジタル・コミュニティ推進協議会
“花と緑と笑顔のあふれる地域づくり”を目指して、身近な地域や生活に密着した情報を発信します。




 23日(土)と24日(日)、楡木町で大杉神社のお祭りが行われました。
 両日とも、あいにくの雨天でしたが…しかし、古来この行事は雨乞いのお祭りなのだそうで、ご利益の雨とも言えますね。今宮神社のお祭りと似ています。
 楡木町はさらに3つの町内に分かれまして、今年の当番町は日之出町。なお写真紹介は撮影順です。写真をクリックすると別ウインドウで大きなものを表示します。

◎23日(土)宵祭りの様子
 早朝に屋台収納小屋から屋台を引き出し、日中に太鼓や提灯などを取り付けて準備、運行は夕方からです。
日之出町 開運町 壽町(回転中)
(左)日之出町の屋台。雨天で運行も大変だったようですね。
(中)開運町の山車。上部に人形の入った仕掛けが。
(右)壽町の屋台、キリン回し中(ジャッキアップして屋台を回し進行方向を変える)。
子供ぶっつけ 天照大神さま 見守る人たち
(左)3台が集まって、子供のお囃子による「ぶっつけ」が行われました。
(中)一時的に雨が収まり、開運町の仕掛け山車から「天照大神」さまが登場。
(右)雨天ながらたくさんの人が見物に集まりました。

◎24日(日)本祭りの様子
 日曜日は、午前中に大杉神社にお参りします。お昼から夕方までは休憩、夜には大人による「ぶっつけ」が行われました。
子供たち 大杉神社 神社前の3台
(左)日之出町の子供たち。日曜日も日中は子供たちがお囃子をします。
(中)大杉神社に集まった氏子総代や若衆頭などの皆さん。
(右)神社前の3台。例年なら暑いさなか、子供も大人も配られたアイスなどを食べて涼むのですが…今年は異常とも思える涼しさに加え雨で法被(はっぴ)も濡れ、温かい麦茶を飲む人も。
 日出町では例年、お昼に解散するときにカキ氷をふるまっていましたが、今回はあまりの涼しさに見送りに。

 さて日曜日・夜の部。夕方雨が完全に止み、喜ぶ皆さんでしたが…運行開始してすぐまた降り出してしまいました。土・日とも、屋台の運行ルート変更や短縮などが行われました。
大人のぶっつけ おおど 今夜の天照大神さまは…
(左)今夜の見所は大人のぶっつけ。交差点に3台が集まって気勢を上げます。
(中)普段より特に気合を入れて打つため、たいへんに疲れます。短時間で交代します。
(右)雨だと開運町の天照大神さまは出てこられません。残念。

 手古舞(てこまい)の写真もあるのですが、はずかしいらしく掲載しないよう言われてしまいました。
 そんなこんなで雨天ながら無事終わった楡木町の大杉神社のお祭り。みなさん風邪などひかれなかったでしょうか?
 雨ですと屋台運行の皆さんも大変ですが、写真を撮るのも大変でした。願わくば、鹿沼秋祭りの日は撮影日和でありますよう…


コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )


« シラサギとク... 子どもグラス... »
 
コメント
 
 
 
008君 (@番頭)
2008-08-26 16:26:16
雨の中大変お疲れさまでした。
が降っていたので、お邪魔しませんでした。
写真に写っている雨粒に苦労の跡が滲み出てますね。
 
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。