鹿沼市デジタル・コミュニティ推進協議会
“花と緑と笑顔のあふれる地域づくり”を目指して、身近な地域や生活に密着した情報を発信します。




 板荷アンバ様祭典 

 

 平成28年度アンバ様祭典が、3月4日(土)・5日(日)に行われました。

 今年は、昨年に引き続きお天気も晴れていて、日中はとても暖かく気持ちのよい2日間でした。

 

 江戸時代から160年以 も続いた板荷地区の 伝統行事 である 早春の祭り、アンバ様

  鹿沼市の 無形民俗文化財 に指定されており、アンバ様の鎮座した神輿が、

 2日間で板荷全域を回り 悪病除け、家内安全 を祈願します。

 

                   【 神輿です 】

 

 当日は、日枝神社にて、神主さんが祝詞をあげ、玉串奉納が行われ、その後、

 日枝神社の御社の周りを「千度万度」と唱えながら3回まわり、弁天様、天満宮様を

 同じように3回ります。

 そして、最後に神輿の周りを 「アンバ大杉大明神悪魔払って ヨイのヨイ」

 唱えながらまわり、お囃子とともに神社を出発します。

   

     

        【日枝神社の社の周りを回っているところです】

   

 

             【神輿の周りを回っているところです】

  

 

           【一通り神事が終わり、日枝神社を出発です】

  

 

 いよいよ悪魔払いがはじまります。

   金幣の合図で大天狗、小天狗は、庭から勢いよく家の中に飛び込み、

 「アンバ大杉大明神 悪魔払って ヨイ ヨイのヨイ」 と大きな声で悪魔を払います。

      それと同時に、獅子が玄関から入り天狗の払った悪魔を食べてしまいます。

 

 【大天狗・小天狗が、庭から家の中に駆け上がるところです】

 

     【大天狗が槍で悪魔を刺しているところです】

 

 【小天狗が、大天狗が槍で刺した悪魔をはらっているところです】

 

 それから、当家の氏神様に向かって 「千度万度」 と3回唱えます。

 

 子ども達も を持ちながら一緒に回ります。

 悪魔払いが終わった後には、役人(金幣、猿田彦、大天狗、小天狗などのこと)、

 世話人をはじめ、子どもたちや一緒に回っている見学者にもお赤飯やおそば

 けんちん汁、お菓子 などが振舞われます。 

  

  

 

   【アンバ様の奥に見える山は、とてもきれいな三角の山 『笹目倉山』 です】

 

 

 

 【 高藤神社 の坂を駆け上がり、悪魔を払う大天狗・小天狗です】

 素晴らしい走りと悪魔払いに、観客からは応援と拍手喝采です。

 

 こんなに多くの人たちが集まり、とってもにぎやかで、本当に楽しいお祭りでした。

        寄せて(振舞って)くださったみなさん本当にごちそうさまでした。

 

 また、板荷アンバ様保存会の皆様、囃子方や世話人・各区協力団体の皆様、関係者の皆様、

              大変お疲れ様でした。

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« ゲートボール... ペットボトル... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。