鹿沼市デジタル・コミュニティ推進協議会
“花と緑と笑顔のあふれる地域づくり”を目指して、身近な地域や生活に密着した情報を発信します。




 1月3日、恒例の「発光路の強飯式」が執り行われました。
 上粕尾・発光路の郷土文化保存伝習館にて、まずは子供たちによる「戸渡しの儀」です。

 続いて「山伏」が座敷に入ってきて周りを見渡します。
「見ぃ~れぇ~ばぁ~、珍客も居る様子ぅ」

 山伏に呼ばれて強力が登場。山伏と強力は、参列者を次々に回ります。

 それぞれ参列者にあわせた口上を述べます。例えば新婚さんには「少子化が進んでいるから子供が増えるようにがんばれ」など。実際にはおもしろおかしく言い回しが工夫されています。
 「さあ、このありがたぁーい御供を食べぃ。ほれぇ」
(↑赤飯を食べさせます)

 そして二又の棒で首根っこを押さえつけます。

 一回りしたら、中央で大見得! これで終了です。

 今年も無事終わりました。CATVやNHKの取材もあったようで、全国に放映されているかも知れませんね。
下野新聞さんの記事はこちら


コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )


« 超デカ盛り@2... 子ども書道教... »
 
コメント
 
 
 
見ましたよ!! (粕尾のひと)
2010-01-03 20:58:56
ほんの2.3分でしたけど、NHK夕方7時チョッと前にやってました。

たまたま茶の間で①番つけていたので見ることが出来ました。
 
 
 
Unknown (@番頭)
2010-01-03 21:17:31
008くん、さすが投稿早いね。。

下野WEBより早かったよ。

これもアップルパイ効果かな
 
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。